ざっくし7つの習慣を簡単に要約してみました

7つの習慣とは?

ご存知の方も多いと思いますが、7つの習慣とは、スティーブン・R・コヴィー氏による、成功するための原則について書かれたもので、世界で最も重要とされるビジネス書のひとつです。

 

とっても簡単にまとめてみましたので、備忘録としてお使いください。

 

スポンサード リンク

 

 

インサイド・アウト

まず、7つの習慣の根底には「インサイド・アウト」という考え方があります。

 

あなたを真の成功に導くものは、優れた人格を持つことであり自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけること、という考え方です。

 

すなわちそれは、影響を受けるより、影響を与えるという考え方です。
内容は大きく3つに分類されます。

 

私的成功

第一の習慣:主体性を発揮する
第二の習慣:目的を持って始める
第三の習慣:重要事項を優先する

 

公的成功

第四の習慣:Win-Winを考える
第五の習慣:理解してから理解される
第六の習慣:相乗効果を発揮する

 

再新生成

第七の習慣:刃を砥ぐ

 

 

第一の習慣:主体性を発揮する

何かに対して嫌な気分になったり、感謝したりすることは自分で選択しているのです。

自分の感情や反応を主体的にコントロールし、率先して状況が改善するよう行動すること。

 

 

第二の習慣:目的を持ってはじめる

目的とは、人生の最後の姿を思い描き、自分自身をどう造り上げたいか決めることです。

”ミッションステートメント”という個人的な誓約を書くことを進めています。

自分はどうありたいのか、自分の行動の基礎となる価値観や原則を文章化することで、

このミッションステートメントをものごとを計るものさしとして使います。

 

 

第三の習慣:重要事項を優先する

どうありたいか決めたら、それをどう実現するか考えなくてはなりません。

重要なことを優先する時間管理が求められます。

自分のミッションステートメントに則った重要なことを優先します。

 

 

第四の習慣:Win-Winを考える

自分も勝ち、相手も勝つ、という当事者同士が望ましい結果を得ることを考えます。

万が一、双方のWin-Winを実現できない場合は、勇気を持って取引をしないことを

選択すべきです。

 

 

第五の習慣:理解してから理解される

Win-Winを実現するためには、お互いを十分理解し合う必要があります。

そして自分自身を理解してもらう前に、まず相手のことを理解しましょう。

相手を評価したり、探ったり、助言したり、解釈しようとしたりはしません。

そのためには、相手以上に相手の立場を説明することです。

 

 

第六の習慣:相乗効果を発揮する

公的成功の最後は相乗効果、つまり全体の合計が、各部分の和より大きくなることです。

全ての当事者が私的成功を備え、第四~第五の習慣を実践し、不安に打ち勝って

相手との相違点を尊ぶことができたとき、はじめて発揮できる能力とされています。

 

 

第七の習慣:刃を研ぐ

これら全ての習慣を支える人生の基本的な4つの側面の維持について説かれます。

①肉体

②精神

③知性

④社会・情緒

高いエネルギーを手に入れ、穏やかで明朗な心を持ち、知恵や知識や思考法を学び、

社会に尾置ける良好な人間を築くことで、習慣を維持します。

 

雨だって悪気があって降ってるわけじゃない…

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高27.5万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ