メンズ革靴の種類とシーン別の選び方についてお勉強してみます!

革靴の種類とのデザインについてご紹介したいと思います。

 

シーンに合わせた革靴の選び方なんかもあるので、ビジネスマンの方のみならず男性なら是非とも知っておいていただきたい内容です!

 

 

でも正直個人的には、靴の名前とか由来なんてどうでもいいと思ってたんですよ。
気に入ったものを大切に大切に履いていればそれで十分なんじゃないかと。

 

ただ、靴を愛する者としては名前も知らない、さらにシーンにあわせて靴を選べないだと、やっぱりちょっと恥ずかしいんじゃないかと思うと、名前くらい知っとかなきゃ!という使命感に駆られるわけです!
よければお付き合いください!

 

 

靴の種類

まずは一般的な靴の種類をご紹介します。
ここに掲載していないものもあると思いますので、参考程度にご覧ください。

 

オックスフォード

紐付の足首下までの浅い靴の総称です。
日本では、一般的に内羽根、外羽根の短靴を指しますが、欧米では内羽根の短靴をオックスフォードと呼びます。

 

内羽根式・外羽根式

ちなみに内羽根式の靴というのは、靴紐を通す『鳩目』の部分が、アッパー(靴の甲の部分)より内側に入り込んでいるデザインのものを指します。
逆に次にご紹介する外羽根式の靴というのは、『鳩目』の部分が、アッパーより外側に出ているものを指します。

 

内羽根式の靴の方が、フォーマルで品があり、外羽根式の靴の方がよりカジュアルというのが、一般的な認識になります。

 

 

ブラッチャー(ダービー)

履き口外に開く、外羽根式の紐付き靴の総称です。
ダービーと呼ばれることもあります。

 

 

また、外羽根のウィングチップの靴も同じくブラッチャーと呼びます。
ウィング飾りが後方に向かうものをロングウィングチップと呼びます。アメリカンタイプに多い形です。

 

 

バルモラル

 

内羽根のウィングチップの靴です。
同じウィングチップでも、内羽根の方がよりドレッシーな印象になります。主に英国調のクラシックタイプに多い形です。

 

穴飾りの種類によって、クオーターブローグ、セミブローグ、フルブローグなどと呼び方が変わります。
ブローグについて詳しくはこちら

 

 

モンクストラップ

 

修道僧(モンク)が履いていた靴にヒントを得た尾錠(びじょう)留めの短靴です。バックルシューズと呼ばれることもあります。
モンクストラップとダブルモンクストラップが主流です。

 

 

スリッポン

 

靴紐や留め具がなく、足を滑り込ませるだけで簡単に履ける靴の総称です。

 

 

ローファー

 

「怠け者」という意味の簡易靴です。
U字型のモカにコインストラップという飾り革が付いているものがコインローファー。また金属の飾り具がついているものはビットローファーと呼ばれます。

 

 

チャッカーブーツ

 

機能的なアンクルブーツで、元は英国のポロ競技に由来するという説から、その名前がつきました。

 

 

サイドゴアブーツ

 

両サイドにゴムを織り込んだ生地を挟み込んだ深靴です。アルバートブーツ、チェルシーブーツとも呼ばれています。

 

 

スポンサード リンク


 

フロントのデザイン

 

ストレートチップ

つま先に縫い目や線があるデザインの靴です。最もフォーマルなのでビジネスから冠婚葬祭すべてのシーンで使えます。汎用性が高いので、迷ったらストレートチップで間違いなしです!

 

プレーントゥー

つま先からアッパーの部分に装飾がないデザインの靴です。
ストレートチップの次にフォーマルといった具合で、内羽根は外羽根よりフォーマルであるとされています。

 

ホールカット

一枚革で作られたシンプルなデザインの靴です。装飾がなく上品なので、ビジネスでも使えます。

 

 

 

Uチップ(Vチップ)

アッパー部分がU字型(V字型)の縫い目が特徴的なデザインの靴です。
ドレッシーではありますがややカジュアルな靴という位置付けになります。

 

スワールモカ

つま先からアッパー部分が3つにわかれるような縫い目が特徴的なデザインの靴です。
ドレッシーな印象なので、ビジネスならまだ問題無いのですが、お葬式のような場合だと相応しくないかもしれません。

 

メダリオン

つま先部分に穴飾りが施されたデザインの靴です。
ドレッシーな印象が強いですが、ビジネスでもよく見られる靴です。

 

 

 

ウィングチップ

アッパー部分に羽根のような縫い目があるデザインの靴です。クラシカルでカジュアルな位置付けになります。

 

センターシーム

つま先からアッパー部分の真ん中の縫い目が特徴的なデザインの靴です。
伝統的なデザインですが、物によってはカジュアルな用途が強くなってしまうものが多い印象です。

 

モカシン

アッパー部分がU字型に縫い付けられている靴です。
元々はインディアンの革靴だったこともあり、カジュアルな要素が強い靴になります。デッキシューズやローファーに多いデザインです。

 

 

 

キルト

ギザギザの切り込みがあるデザインが特徴的なデザインの靴です。
伝統的でゴルフシューズなどによく見られるデザインです。

 

タッセル

房飾りが特徴的な靴です。
ドレッシーな要素の強いデザインになります。ローファーに多く、かつてアメリカでは弁護士の靴という印象が強いようです。

 

ビット

馬具の一種である轡(くつわ)の形をした飾りが施された靴です。
ローファーやモカシンに多く、ドレスシューズの代表とも言える靴です。

 

スポンサード リンク


 

シーンごとの選び方

シンーンごとの選び方をご紹介します。

 

●ビジネスシーン
●結婚式
●お通夜 お葬式
●パーティー

 

の4シーンです。

 

ビジネスシーン

ビジネスシーンには、ストレートチップ、プレーントゥー、ホールカットなどであれば全く問題はないです!

 

職業・職種にもよると思いますが、もう少しドレッシーなものでも問題はなさそうです。靴のつま先に穴飾り(ブローグ)があるようなものを履かれている方もいますよね。

 

極端な場合だと、私服でお仕事をされる場合は、もっとカジュアルなスリッポンやローファーでも問題ない場合もあると思います。
ちなみにアメリカでは、タッセルローファーは弁護士の靴として認知されています!

 

結婚式

結婚式では、ストレートチッププレーントゥーのようなシンプルで装飾の少ないものが相応しいです。
親族の結婚式やお仕事関係の方の結婚式であれば、そういった固めの靴で臨むのが良いですね。

 

でももし、友人の結婚式やもっとカジュアルな結婚式、もしくは二次会であれば、もっとカジュアルでドレッシーな靴でも全く問題ないです。

 

むしろ個人的にはパーティーを彩るために、ドレッシーな靴が増えたらいいのになぁって思っています。めでたい席ですからね。堅苦しいのはもったいない気がします。

 

お通夜・お葬式

お通夜やお葬式には、黒のストレートチップ一択!
絶対これです。

 

シーンがシーンなだけに、派手にキメようとか思う人はいないと思いますが。

 

パーティー

パーティーは、フォーマルなパーティーからカジュアルなパーティーまで様々です。

 

フォーマルなものの場合は、やっぱりストレートチップ、もしくはプレーントゥー
カジュアルなものの場合は、ローファーウィングチップでも問題はないです!

 

是非パーティーを楽しめる靴を、テンションの上がる靴をお召しください!大事なことだと思いますよ。

 

 

というようにシーンに相応しい靴を選んでいきたいですね。
参考になれば幸いです!

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
革靴の磨き方もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。

 

初心者でも簡単!靴磨きの方法【ブラシお手入れ・クリーム仕上げ・おすすめの道具】

雨だって悪気があって降ってるわけじゃない…

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高23万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ