いじる・いじられるという人間関係とその人の心理について考えてみた

%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%8b%e3%81%84%e3%81%97%e3%82%99%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e4%ba%ba%e9%96%93%e9%96%a2%e4%bf%82

 

 

世の中には、いわゆる『いじる人』と『いじられる人』がいます。
きっと、それが原因で嫌な思いをしている人や悩んでいる人がいるんじゃないでしょうか?そして、きっとその人はいじられる側の人に多いんじゃないでしょうか??

 

 

 

いじられてオイシイって思える人とや、いじられたことをさらに笑いに変えることができる人もいます。
芸人さんってみんなそんな感じなんかな?それによって、人を笑わせたり笑顔にさせたりできることってすごいと思うんです。

 

でも、我々素人がいくらテレビでそれを見てても芸人さんじゃないから、そんな柔軟に対応できない人だってたくさんいます。
いじられて嫌な気持ちをする人だってきっといるはずです。

 

 

 

そこで少しだけ、いじる・いじられるで消耗してる人について考えてみたいと思います。

 

 

スポンサード リンク


 

 

いじられる側の気持ち

 

 

僕は自分の性格上、いじられる側にいることがほとんど。もう中学とか高校のときからそうなので慣れてます。笑

 

 

原因もなんとなくわかっていて、自分がズレたことを言ったり、少し考えればわかるようなことをポロって口に出してしまうことがあるからです。
という自分の頭の悪さをなんとなくわかってるから、あらかじめ自分からいじられる側に身を置いて、自分の身を守ることをいつのまにか覚えたんだと思います。

 

 

 

きっと周りの人もそれを見て、なんか馬鹿なやついるぞっておもしろがるんじゃないかと。

 

そんな感じで、僕の場合は自分が突かれてイタイところを隠すことが目的で、それが軽い笑いになるくらいなら全く問題はないんだけど、ただそこを突かれすぎると僕だってつらいし嫌な気分になります。

 

 

 

そして、いじられる側の人で同じような経験がある人って案外多いんじゃないかと思うんです。

 

いじられる側の人はいじられて嫌な気持ちになっても、それを表に出さず笑ってやり過ごすタイプの人が多いんじゃないかな。
どちらかと言うと僕はそういうタイプの人間で、感情をあらわにして空気を悪くするのが嫌というか怖いと感じます。

 

だから、いじる側の人からすると「こいつはいじってもいい」という判断をされるのかもしれない…

 

 

いじる側の心理

きっといじる側の人は、笑いを取りたいという気持ちが強いんだと思うんです。その場を盛り上げたい、みたいな。
その人はそういう環境で育ってきた人が多いんじゃないでしょうか。だからいじることもいじられることも普通だし、それが周りの人とのコミュニケーションだと思ってる。

 

 

それが普通だと思っているので、悪気もなければ、それが人を傷つけてるなんて思うことはないんじゃないでしょうか。

 

 

あるいは、「冗談通じる人」か「冗談通じない人」というくくりで判断をするとか。冗談通じないと判断されれば「こいつは通じないヤツーーー」でおしまい。
それが普通だから、きっといじられる側の人の気持ちなんて考えてないし、別にいじられる側の人に対して悪意はないというケースが多いんじゃないかなと。

 

 

もしくは、あらかじめ攻撃する側に身を置いて、無意識的に自分が攻撃されないよう身を守ってるとか?

 

 

メディアの残酷ないじり報道

 

ちょっと思い出したから言及させてもらうけど、芸能人の不倫報道をネタにしてる記事とかを目にするけど全っ然笑えないです。これはいじるとはまた少し違った話かもしれないけど。

 

スポーツ新聞の見出しとか後は芸能人の不貞をネタにするトレンドサイトとか、ひどい時は本当にひどいですよね。

 

 

メディアのいじり報道って顕著で、何か問題を起こした人に対する扱いが本当に残酷だと思います。なにかあればすぐにネタにする。
ずっと活躍してきた人も、何か不祥事があるとメディアはそれをネタにし、食いものにする。

 

簡単に手のひらを返すんです。
どうなんだろう。タレントさんにお世話になった企業や番組多いはずだと思うんだけど。
CM打ち切りっていうニュースとか、そのタレントさんがCMやったから売れた商品とかたくさんあるでしょうに。

 

 

まあ、イメージにも関わる話だから、企業側の気持ちもわからんでもないんですけどね。

 

 

 

 

メディアの話で思い出したけど、場合によっては個人の人間の間でも同じです。
雑ないじり方をしてきたり、過度にしつこくいじってきたり、特段仲良くもないのにいじってくる人っています。いじられる側の人はきっと思い当たるところがあるんじゃないかと。逆にいじる側の人は別になんとも思ってないし、そもそもこの記事にたどり着かないはず。笑

 

 

 

人種の違い

僕はいじる側・いじられる側のどちらが正しいとか間違ってるっていう話をするつもりはさらさらないし(メディアは別)、どちらがもう一方に合わせましょうというつもりも全くないんです。

 

 

でも、もし、そのいじる・いじられるの人間関係に困っている人がいるとしたら、それを一旦受け入れて自分が変わるのが一番建設的です。
人は変わってくれないですからね。受け入れるっていうのは許すってことではなく、事実を認めること

 

まず『いじる』・『いじられる』という人間関係はそれぞれが笑うポイントも違うし、嫌な気持ちになるポイントも違うという、その「違い」を認識してほしいんです

 

 

いじられる側の人って、きっと自分に非があるんじゃないかとか、いろいろ考えて辛い気持ちになることも多いと思うんだけど、そんな負の感情が自分を支配したらダメ!

辛いだけだから。

 

 

 

もしいじられて辛い思いをしたら、「この人は自分とは違う人種で、世の中にはこういう人もいるんだなぁ」ってことを理解しておけばいいんです。
そうすれば感情に負けて辛い日を過ごすことはないし、もっとやりたいことに集中ができるし。

 

そしたらきっと、そういう人との程よい距離の置き方もわかってくるはずです。
もしくは、少しでも勇気があるなら、自分が感じたその辛い気持ちをいじる側の人に伝えてみるのがいいと思います。他には、露骨に嫌な顔をするとか。笑

 

 

自分の人生でしょ。
そりゃ人は自分とは違うわけだし、その違いが原因で悩みたくもないことで悩んだり辛い思いをするのは時間がもったいないです。大切なお友達ならまだしも、自分のことをこれっぽっちも理解してくれようとしない人のことで頭を悩ますのは時間の無駄です。

 

その人が悪いわけではなく、とにかく違う人なんだということを理解してほしいんです。
そしたら案外気が楽になるので。

スポンサード リンク

最後に

半ば自分のための記事ではあったものの、同じようなことでお悩みの方が少しでも何か感じていただければ嬉しく思います。

 

 

人に変わって欲しいって思うことは、時間の無駄かもしれないと僕は思うのです。

 

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です