言いたいことを伝えるための3つのスキル

言いたいことを伝えるための3つのスキルをご紹介します。

 

①列挙
②時系列
③比較対象

 

があります。
少し細かく考えてみたいと思います。

 

①列挙

列挙は、複数のポイントにわけて説明する方法です。
なので、説明の流れとしては、

 

⑴ ポイントの提示→その説明
⑵ ポイントの提示→その説明
⑶ ポイントの提示→その説明…

 

といった感じになります。

 

②時系列

段階を踏んで、あるプロセスを説明する方法です。

 

例えば、家電の取説などが良い例です。
料理の手順、機会の操作方法、目的地への道順、装置の組み立て方など、順序立った説明が必要な場合に便利なスキルです。

 

③比較対象

それぞれ異なった特徴を持つものを比較し、その優劣を説明する時に使う方法です。
説明の流れは、

 

⑴ 共通の特徴を述べる
⑵ 一方の特徴を述べる
⑶ 他方の特徴を述べる
⑷ 結論を述べる

 

特徴を述べるだけですが、比較対象が明確でないと何の話をしているかわからなくなってしまいます。

 

 

良ければ参考にしてみてください。
説明上手になりたいですね。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。