はじめてでも簡単!鏡面磨き(ハイシャイン)の方法

鏡面磨き_メインビジュアル

 

はじめてという方でも簡単な鏡面磨きの『3つのステップ』をご紹介します!

 

鏡面磨きとは…
ろうを主成分としたワックスやポリッシュと呼ばれるものを使い、革靴のつま先やかかと部分に鏡のようなツヤを出す仕上げのことです。
ハイシャインって言ったりもしますよね。

 

 

 

鏡面磨きをする前に、靴の汚れを落としたり革に栄養を与え、状態を整える下準備を是非済ませておいてください。

参考記事:はじめてでも簡単!革靴の磨き方

 

 

STEP1 ワックスで下地づくり鏡面磨き_STEP1下地づくり

鏡面磨き_指ワックス

 

 

指でワックスを直接靴に塗っていきます。
つま先かかと部分に広く伸ばすようにワックスを乗せていくイメージです。

 

足の甲の部分は伸縮するため鏡面磨きに向きません。
あくまで、つま先かかとをメインにワックスを塗っていきます。

 

thumbnail

サフィール SAPHIR ビーズワックスポリッシュ 50ml 油性
価格:756円(税込、送料別)

楽天へリンク!amazonへリンク!

 

 

鏡面磨き_指で塗る

 

 

ワックスをひととおり伸ばしたら、ほんの少し水をつけ、その水でワックスをより馴染ませるように磨いていきます。
※僕は水を入れる器としてワックスの缶のフタを使ってます。

 

 

鏡面磨き_水

 

この工程を2~3回程度繰り返すだけで、つま先とかかとが徐々に輝きはじめるのです!

 

 

STEP2 布を使って磨き上げる鏡面磨き_STEP2磨き上げ

 

次に指に布を巻き、鏡面を輝かせていきます。
決して強くこすらず、優しく円を描くようにワックスを整えます。

 

指に巻く布ですが、革へ触れる部分にシワがあると磨きムラができて思うように光ってくれません。なので、シワのないようにしっかり布を伸ばすのがコツです。

 

鏡面磨き_布ワックス

 

ほら、ツヤっとしてきましたよ

 

 

少量ではあるけどワックスを馴染ませるためにつけた水を乾かすために、
つま先 →かかと→つま先→かかと
というように交互に磨いていくのもひとつのコツです。

 

この工程を4~5回繰り返します

 

 

STEP3 仕上げ鏡面磨き_STEP3仕上げ

 

山羊毛のブラシや、それをお持ちでなければパンストで、ワックスを塗った部分を丁寧にブラッシングします。
僕は山羊毛ブラシを持ってないので、パンストで優しく磨きます。

 

いや、磨くというより愛でる、が正しいかもしれません。

 

 

鏡面磨き_ビフォーアフター

 

ご覧の通りです。
左が磨く前、右が磨いた後です。輝きが違うでしょう!!

 

 

メリット・デメリット

鏡面磨き(ハイシャイン)は要するにお化粧と一緒です。
やりすぎは良くないのです。

 

というのも、ワックスで靴に薄い膜をつくることになるので革の通気性を損ねるというデメリットもあります。革にとっては負担になることもご理解ください。
そして、ワックスは簡単には落とせないというデメリットもあるので注意が必要です。

 

 

ただ、鏡面磨きのメリットは靴を輝かせることだけじゃなくて、防水効果が高まるということと、革に膜をつくるので傷から守ってくれるというメリットもあるのです。
一長一短ですね。お好みに合わせてお試しください。

 

スポンサード リンク


 

最後に

輝く革靴を履くのは気分がいいですよね。

 

意外にも鏡面磨きはご自宅で簡単にできてしまうので、フォーマルなパーティーやビジネスシーンでも、ここぞ!という気合の入る時に是非お試しください!

 

 

※はじめてでも簡単って書きましたけど、ワックスの状態や革の状態でやりやすさが変わってきます。
この方法でできる方も、ちょっと練習が必要な方もいらっしゃるかもしれませんが、果敢に挑戦してみてください!

 

 

thumbnail

サフィール SAPHIR ビーズワックスポリッシュ 50ml 油性
価格:756円(税込、送料別)

楽天へリンク!amazonへリンク!

 

鏡面磨きにヒビが入ってしまった場合、Boot Blackのハイシャイン専用クリームで補修してみました。

革靴のワックスのひび割れ補修にはコレ!

 

 

そして、他のワックスより簡単に、なおかつすばやく鏡面磨きができるワックスを使ってみました。

> SaphirNoirのミラーグロスは2層目に塗るのが正しい使い方みたいです

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です