おすすめのふるさと納税サイトと仕組みについて調べてみました

 

ふるさと納税をご検討中の方、多いと思うんです。
いろんなところでその名前は聞きますよね。

 

 

僕も今年こそは『ふるさと納税』やろうと思ってるので、おすすめのサイトとか仕組みについて実際どんなもんなのかっていうのを調べてみました!

 

ふるさと納税っていまいちよくわからない!って方のために、細かい話は抜きにして、とにかくわかりやすくシンプルにまとめました。

 

 

よかったら参考にしてみてください!

 

 

ふるさと納税とは?


※画像はイメージです

 

 

ふるさと納税は、地方自治体への寄付金制度のことです。
寄付をすることで、その自治体が提供しているお米やお肉、他にもたくさんの特産物などがお礼品としてもらえます。

 

 

自己負担は実質2,000円!

 

例えば、50,000円の寄付をして48,000円の控除を受ければ、実質負担する金額は2,000円だけになるということです。

 

ただし、所得やその他の条件によって、控除される金額は人によって変わってきますので、自分の控除上限額を計算しておく必要があります。

 

計算方法は後ほどご紹介しますね。

 

 

確定申告不要!?

 

さらに、サラリーマンの方必見なのが、ワンストップ特例制度です!

 

 

次の①②条件を満たせば確定申告をしなくても、控除が受けられるという制度です。
面倒な確定申告をしなくても、特例申請書という簡単な用紙に記入して、寄付した地方自治体に送付するだけでOKです!

 

①寄付を行った年の所得について確定申告の必要がないこと
②1年間のふるさと納税をした自治体が5つ以内であること

 

 

サラリーマンの方は副業とかをしていない限り確定申告ってしないですもんね。
だから実質2,000円と申請書を書くだけで、お米やお肉や特産物がもらえるということなんです!

 

 

申し込みの流れ

 

 

①登録する
まずは、ふるさと納税のウェブサイトに登録します。
ウェブサイトはいくつかあるので、この後おすすめのサイトをご紹介します。

 

②検索する
次にお礼品を検索します。
サイトによっては、キーワードで検索をしたり、ジャンルから探したり、ランキングから探したりと探しやすいつくりになっているので、きっと気に入ったお礼品が見つかりますよ。

 

③寄付する
寄付を申し込みます。
これもサイト内で完結します。ショッピングサイトで商品を購入するようなイメージで、地方自治体へ寄付ができるのです。

 

④届く
お礼品が届きます!
ここまではとっても簡単ですよね!

 

 

お礼品が届いた後は、ワンストップ特例申請書の記入や確定申告を各自で行う必要があります。

 

 

申し込みの期日

ふるさと納税は、
1月1日〜12月31日まで、いつでも申し込みが可能です。

 

 

確定申告の期日

確定申告の期間は、
2月16日(金)〜3月15日(木)となります。

 

また、ワンストップ特例制度をご利用になる場合は、
特例申請書が翌年の1月10日(水)必着となりますので、早めにご準備くださいね。

 

 

おすすめのサイト

個人的におすすめのふるさと納税サイトを3つご紹介します!

 

1位 さとふる

 

2年連続認知度と利用意向が1位の『さとふる』です。

 

 

電話サポートもあるので、安心なのは間違いなしです!
また、サイトも見やすく、礼品が探しやすいこともおすすめの理由です。参加している自治体も多いので、品揃えも多いです。

 

スマホも完全に対応してて、決済方法も豊富です。

 

 

申し込み方法や、控除額のシミュレーションなど、ふるさと納税をするにあたっての不明点を解消するコンテンツも豊富です。
やはり初心者の方には、安心で使いやすい、わかりやすいというのは選びやすいポイントですよね。

 

●『さとふる』のウェブサイトへ

 

 

2位 楽天ふるさと納税

 

楽天でふるさと納税をするメリットは、楽天で普段買い物をするのと同じようにふるさと納税をすることができるということです。

 

また、礼品のレビューやランキングが充実しているのも、やはり楽天ならではの強みです。

 

 

もちろん楽天スーパーポイントも使えます!そして貯まります!
僕はラクテニスト(楽天ヘビーユーザー)なので、これは非常に嬉しいです!

 

●楽天ふるさと納税サービスへ

 

 

3位 noma-style

 

お米やお肉のような、食べ物をもらうだけがふるさと納税じゃないんです!

 

ブランド物の服や雑貨、調理器具、家電、お酒など、食べ物でない礼品が充実しています。
食べ物は必要なくて、気になってた調理器具やブランド物の服が2,000円で手に入ると思えば、これを使わない手はないでしょう!

 

 

こちらのサイトは金額が少し高めの設定なので、控除額に余裕のある方向けかと思います。

 

有名ブランドはこんな感じです。

 

※細かくてスミマセン!

 

●noma-styleのウェブサイトへ

 

 

控除額の計算方法

気になるのは「自分の控除額がいくらなの?」ってことですよね?

 

 

どのサイトにも控除額を計算するページが用意されていますので、それぞれのサイトでやっていただいてもいいんですが、『楽天ふるさと納税』のページが一番シンプルでわかりやすかったです。

 

・給与収入額
・家族構成

 

を入力すれば、控除額が算出されます。

 

 

 

ただ、住宅ローンとか保険に加入されている場合、控除額が変動する場合があります。

 

源泉徴収票をお手元にお持ちの方は、それをもとに『さとふる』のサイトでシミュレーションをしていただくと一番正確な控除額が算出できるはずです。

 

 

 

また、noma-styleに早見表が掲載されていたので、それをご紹介しておきます。
こ自身の控除額の目安にしてください。

 

 

 

最後に

たった¥2,000で高級なお肉や魚介、他にもたくさんの礼品が手に入るって思ったら、やらない手はないと思うんです。

 

やろうやろうと思ってるとすぐ年末を迎えてしまいますからね。
ご検討中の方は、是非お早めにどうぞ。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
@starfish0925 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高20万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ