ウェブサイトにおける情報設計という考え方

IA

 

今回のお客さま。
新規事業立ち上げに伴う新規ウェブサイトの設立を僕が担当させていただいてる。

 

今回の場合は、特に新規事業なので掲載できる実績も無ければ、プロダクトがある業種でもないため、サイトに何を掲載しようというところからの話になっている。

 

 

その担当の方は、ウェブサイトはどうコンバージョンを増やすかというところではなく、何か伝えたい事があってそれを伝えるためにどう情報を設計するか、という考えを持っていらっしゃる方。

 

そういう方とお話をしていると、何でここにこれを置いたのですか?と逐一質問をされる。
個人的にはそういった事を考える・経験させていただく機会を与えてもらってる訳なので、非常にありがたい。でもそんな事、お客様には絶対に言えない…

 

だからそういったお客さまの場合、載せる要素ください、なんて言おうもんなら「いやいや、それ考えるのがディレクターの仕事でしょ?」とお叱りを受けることになる。

 

 

制作会社さんで、何かのサイトをリニューアルする際、クライアントから掲載する要素や情報をもらって、それを構成するということをされているところは多いのではないか。

 

それももちろん情報設計と呼べるものだと思うし、ディレクターもその要素をもらったり構成を考えたりという仕事に対してディレクションをしていると言っても問題は無いと思う。

 

しかし、それで出来上がったものって本当に情報を設計できているのだろうか。情報設計というよりは、情報整理と呼んだ方が適切かもしれない。

 

 

クライアントから要素やコピーやテキストを支給してもらって、それを並べたサイトは、もしかしたら担当者レベルで満足しているものであって、知らない人が見たときに、何か伝わるものがあるのだろうか。
あるとしたらそれは、入手した要素がすでに整理されていたことが原因であり、棚ぼた的結果に過ぎないのではないか。

 

 

何を伝えたくて、この要素をここに配置するということが明確でなければ、やっていることはすごく上っ面なものになってしまうのではないか。

 

僕もこの話に関しては、まだまだ理解が深く及んでいないため、お門違いな事を言っているかもしれないのだけど、いずれにしても、目的は何なのか十分理解している必要がある。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。