サフィールのクリーニングローションの汚れ落とし効果はいかほど?

 

とうとう出ましたね!というのが正直な感想だったんですが、実は2018年3月に発売されていたらしいです。笑
ご存知でしたか?サフィールのクリーニングローション。

 

 

同じくサフィールのユニバーサルレザーローションとも比較しながら、ご紹介していきたいと思います!
よろしければお付き合いください!

 

 

クリーニングローションの位置付け

こちらのコンセプトは、同じくサフィール製品のユニバーサルレザーローションとレノマットリムーバーの中間的なクリーナーであると。

 

どういうことかと申しますと…

 

汚れ落とし 保湿 ツヤ
ユニバーサルレザーローション
レノマットリムーバー × ×

 

以前まではこんな感じだったわけです。

 

 

ユニバーサルレザーローションは、汚れ落とし効果はあるっちゃありますがそれほど強くありません。なのでクリーナーとして使うというよりは、革製品のお手入れローションとして使うのがふさわしい商品でした。
逆にレノマットリムーバーは、汚れ落とし効果は抜群なのですが革に含まれる油分も持っていってしまうので、普段のお手入れに使うというよりは、ガッツリ汚れ落としをしたいときに使う商品でした。

 

普段の靴のお手入れに使えるような、まさにこのふたつの中間的なクリーナーがサフィールには無かったわけですね!

 

用途

用途は基本ユニバーサルレザーローションと同じです。
革靴、バッグ、レザージャケット、家具などの革製品全般に使えるようです。

 

ただ、スエードやヌバックなどの起毛革には使うことはできません。ロウ分が含まれているようなので、これは納得ですね。

 

容量・お値段

クリーニングローションのお値段は、¥1,600(税抜)です。

 

容量 値段
ユニバーサルレザーローション 150ml ¥1,500
クリーニングローション 125ml ¥1,600

 

単純に比較するもんでもないと思いますが、[お値段/ml] はユニバーサルレザーローションの方がリーズナブルになっているのがわかります。

 

 

実際に使ってみる前に、簡単に成分についても見ていきましょう!

 

 

クリーニングローションの成分

 

残念ながら成分については詳しい記載はありませんが、カルナバワックスが含まれています。
ちなみに、ユニバーサルレザーローションにはビーズワックスが含まれているので、そこがひとつ大きな違いなのかもしれません。
とにかく、どちらもツヤだし効果が期待できそうです。

 

また、「ワックスのベースを維持するので、クリーニング後の靴磨きの光沢が出るのが早くなる」という説明もあります。
古いクリームや過剰なワックスを落とすと書いてありますね。どの程度落としてどの程度維持してくるのか、楽しみです!

 

 

 

ちなみに、ユニバーサルレザーローションの成分は、ロウ、油脂、有機溶剤で、含有成分としては乳化性クリームと同じ部類の商品です。
僕の勝手な想像ではありますが、クリーニングローションもそれに近い成分で構成されているのではないかと思います。

 

ツヤもある程度保ちつつ、古いクリームやワックスを落とすというところは実際どんな使い心地なのでしょうか?
これは実際に使ってみるしかなさそうです!

 

 

クリーニングローションの使い方

実際に使っていきましょう!

 

ブラシで表面のホコリを落とす

 

ちゃんと説明どおりホコリを落とします!律儀でしょ?

 

ホコリって案外細かいところに残ってるもんですね。

 

キャップを抑えてよく降る

 

振ります!
こう言ったリキッド状のものはフタがちゃんと閉まっていることを確認しましょう。

 

以前、フタが閉まってないオイルを振って、大失敗したことがあります!

 

ローションを布に取り全体に塗りのばす

 

あれ、リキッド感がない!
ローションというよりは、デリケートクリームのような、むしろそれよりもさらに硬いクリームのようです。これは意外!

 

 

 

全体的に塗っていきます。
後ほど、ワックスがどれだけ落ちるのかも検証したいので、つま先以外のところに塗りました。

 

3分ほど乾くのを待つ

待ちます!

 

ちなみに、これくらい汚れが落ちました!

 

 

それなりに落ちてますね!

 

別の布で磨きあげる

 

確かに、乾拭きするとツヤが出てきます!
他ブランドのクリーナーは使った後には必ずマットな質感になりますが、これは全然ツヤが出ます。

 

やはり、クリーナーというよりは、汚れ落とし効果の強いユニバーサルレザーローションって感じがしますね。

 

ワックスに塗ってみる

 

つま先のワックスの部分に塗ってみましたが、ほとんど落ちませんでした!
やはりワックスを落とすときは、ちゃんと溶剤の入った汚れ落としなどを使うのが良さそうです。
ワックスを早く落とすクリーナー

 

 

ユニバーサルレザーローションと比較

 

反対の足はユニバーサルレザーロションでやってみます!

 

 

 

トロッとしてます

 

こんな感じ。

 

 

あんま落ちてない。
ユニバーサルレザーローションは、汚れ落とし効果はあるけど、どちらかというと保革効果重視ということがわかりますね。

 

 

 

わかりやすく比較するとこんな感じです!
やはり、クリーニングローションの方が汚れが落ちているのがわかります!

ユニバーサルレザーローションのご紹介

 

 

最後に

クリーニングローションはこんな位置付けなのではないでしょうか?

 

汚れ落とし 保湿 ツヤ
ユニバーサルレザーローション
クリーニングローション
レノマットリムーバー × ×

 

名前を聞くとやはり汚れ落としなのかな?と思うところですが、ほんとに汚れ落としも保湿もツヤも、全部程よくこなしてくれるのが一番の特徴だと思いました。
こう見ると、確かにユニバーサルレザーローションとレノマットリムーバーの中間って感じです。

 

 

革靴のお手入れで考えると、汚れ落としの後にクリームで保湿をするのでクリーナー自体に保湿効果を求めてはいませんでした。

 

でも、このクリーニングローションは、保湿効果も感じられる。そして確かにツヤも出る。
以前こちらの記事でもご紹介したように、ワックスはワックスで落とすというのがサフィール流です。
汚れや古いクリームはある程度落ちている感じでしたが、汚れ落としに特化したクリーナーではなく、必要最低限を落とし、どちらかというとツヤを出すことを重視した商品のようです。

 

 

ただ、すごくしっかり落ちるというわけではなさそうなので、個人的には靴というよりは、カバンやレザージャケットなどの革製品に使ってもらうのがいいのかなぁという印象です。
そんなに汚れないけど、雨に打たれたりして時々お手入れが必要なもの。時々お手入れしてあげないと乾燥してしまうもの。
ローションなので伸びがよく、面積の広い革製品には塗りやすいはず。逆にこれ一本で済むので便利ですね。

 

というわけで、クリーニングローションのご紹介でした!
気になった方は是非使ってみてください!

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
こちらの記事で他のクリーナーについてもご紹介しています。

 

【用途別】革靴用のおすすめのクリーナー!【使い方・比較】

よかったらこちらもどうぞ!

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

レザーシューメディア・くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
音楽と甘いものも好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高41万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ