コメダ珈琲のたっぷりたまごのピザトーストのボリュームがすごい!

相変わらず土曜の朝のコメダ珈琲は幅広い世代のお客さんで賑わっている。
僕もモーニングを目的にコメダ珈琲にお邪魔したんだけど、モーニングだけだとだんだんお腹が空いてくる。かなり長居させてもらった末、空腹に耐えかねて注文したのがたっぷりたまごのピザトースト

 

 

過去記事:コメダ珈琲でモーニング

 

スポンサード リンク


 

写真ではわかりにくいんだけど、すんごい分厚さのたまごサンドの上に、なつかしい味のするピザソースと野菜とチーズがたっぷり乗っている。

 

たっぷりたまごのピザトースト

 

 

圧倒的なボリュームと懐かしい味

そう、ただのピザトーストじゃなくってたまごサンドピザトーストになってるから、持ったときのずっしり感はすごいけど中身がたまごだからものすごいふわっふわ。たまごのボリュームがすごくて食べ応えは十分!

 

パンとパンに挟まれたたまごの味付けは程よく、口に含むとたまごの香りと風味をしっかり味わえる。上に乗っているピザソースの味付けは濃くなく、ジャンクフード感を全く感じさせない。店舗によって多少味に違いがあるのかもね。
個人的にはもう少し塩気があってもいいかもって思うけど。

 

さらに、たまごだけじゃなくてご覧の通り野菜もたくさん乗ってるので、最後まで飽きることなくいただけて、十分な満腹感を味わえるのがこの「たっぷりたまごのピザトースト」の良いところ。
国語辞典ほどの圧倒的な分厚さ誇っているにもかかわらず、値段は¥620。驚くほどリーズナブル。ちなみに写真は実物の半分なので、注文時は単純にこの倍の大きさなのである。

 

 

徹底して庶民派

コメダ珈琲さんと言えば「くつろぐ、いちばんいいところ」とウェブサイトでもうたっているように、安心してくつろげる庶民派な店であることをアピールしている。このたっぷりたまごのピザトーストからもその雰囲気が遺憾なく漂ってくる。
イタリアンレストランの石窯で焼いたピザとは違って、気を遣ったり身構えることなく気軽に懐かしい味わいが楽しめるのもコメダ珈琲さんならではのメニューという感じがして尚良し。

 

思えば、表参道とか丸ノ内みたいなアーバンでシャレオツなところには店舗展開してないんじゃないか。どちらかといえば商店街とか下町にコメダ珈琲は多い気がする。
立地も内装も商品も、徹底して庶民派。いやぁ、庶民の味方だ。

 

 

そんな、満腹感と懐かしさを存分に味わえるたっぷりたまごのピザトースト。
お近くの方は是非お試しくだされ。

 

 

関連記事

東京でいただくコメダ珈琲のモーニング

コメダ珈琲の期間限定キャラノワールとシロノワールを比較してみた

コメダ珈琲のチョコナッツジェリコのおいしさと安心感とは【季節限定】

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です