コメダ珈琲のチョコナッツジェリコの予想通りのおいしさと安心感

土曜の朝。

 

例のごとく近所のコメダ珈琲は大盛況です。
みんな考えることは同じで、午前11時直前になるとモーニングに滑り込もうとする多くのお客さんでごった返すのです。

 

待合席は満員で、若い人もいれば家族連れや年配の方まで、幅広い年齢層に利用されています。

 

 

 

僕は長居させていただくつもりで早めに入店していたため待合席の争奪戦は免れたんだけど、モーニングとブレンドコーヒーはすでにいただき一周回ってお腹が空いてました。

 

メニューをよくよく見ると【季節限定】アイスジェリー珈琲「ジェリコ」の文字。

 

ジェリコ。なんだか可愛らしいネーミング。

 

 

ジェリコとは?

ジェリコは「プレーン」と「チョコナッツ」の2種類です。

 

 

プレーンのジェリコは、アイスコーヒーにコーヒーゼリーが入っていて、食感を楽しみながらアイスコーヒーを楽しめるというものです。
そしてグラスの上にはホイップクリームがたっぷり乗っています。

 

 

チョコナッツのジェリコは、アイスカフェオレにコーヒーゼリーが入っていて、ホイップクリームと、さらに上からチョコレートソースとナッツがかかってます。

 

こんな感じ。

 

チョコナッツジェリコ

 

でかいです…
もはやパフェとかデザートの域。

 

 

いただきます

早速、タピオカミルクティーについてくるようなぶっといストローからひと口いただきます。

 

アイスカフェオレとコーヒーゼリーが同時に味わえる。
コーヒーゼリーの食感と香りの方が存在感が強くてカフェオレは少し薄く感じたけど、飲みごたえは抜群です。(店舗によってばらつきはあるんですかね)

 

 

 

ホイップクリームとチョコレートソース、そしてコーヒーゼリーの組み合わせなんてマズくなるはずがないじゃないですか。

 

でもジェリコは、すごく美味しいわけではないのです。
悪く言えば予想通りでした。感動がないというか、まぁこうなるよねという感じ。

 

ストローが太いからかもしれませんが、タピオカミルクティーを初めて飲んだ時のようなインパクトを期待していたのでした。

 

 

 

予想通りという言葉は、捉えようによっては悪い印象じゃないですか。

 

でも、本能的に変化を嫌う我々人類にとって、『予想通り』という印象は無意識のうちに安心感を付与する言葉なんじゃないでしょうか。

 

決して悪い意味ではない『予想通りのおいしさ』と同時に、僕は「安心感」を味わっていたんです。

 

 

 

さすが、コメダ珈琲の商品開発部のマーケティング戦略には毎度毎度感服でございます。

 

 

最後に

ホイップクリームとチョコレートソースとコーヒーゼリーの組み合わせだからデザートを食べている感覚です。

 

結構飲みごたえがあるから、昼過ぎに「なんか少し食べたいなぁ」ってときにはもってこいのドリンクじゃないでしょうか。

 

 

 

チョコナッツ ジェリコは、2015年4月16日〜6月30日までの期間限定。
塩キャラメル ジェリコは、2015年7月1日から。

 

双方、¥580

 

チョコノワールの販売期間が間もなく終了なので、まだの方はお急ぎください。

 

 

 

コメダさん、僕は塩キャラメルにも期待してます!

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です