コメダ珈琲の季節限定Ringoノワールはリンゴでなくてカスタードを支持したい

リンゴノワール_1

 

季節のミニシロノワールが10月1日から期間限定販売されてて、期間は11月23日までなんですって。

 

危く食べ損ねるところでした…
季節限定のメニューを食べ損ねるなんて、コメダファンとしてはあるまじきことなのです!

 

 

滑り込みでいただいたRingoノワールをご紹介させてください!

 

 

季節感を漂わせるビジュアル

2015年秋の、季節のミニシロノワールは「Ringoノワール」。

 

りんごって確かに秋冬のイメージだし、このビジュアルすら季節感を漂わせてます。

 

何というか、秋冬の色してます。
そしてこの艶。

 

 

リンゴノワール_2

 

 

シロノワールとの違いは、デニッシュパンの間にカスタードクリームが挟まっていること。
そして、おなじみのソフトクリームの上に国産りんごがたっぷり入ったソースシナモンがかかっているのです。

 

あと、これはシロノワールと一緒なんですが、コーヒーミルクの容器に入ったメイプルシロップもついてきます。
僕はりんごのソースがあるから無くていんじゃないかと…

 

 

リンゴが超おいしそう…

 

 

 

いただきます

早速いただいてみます。
早くしないとパンの熱でソフトクリーム溶けちゃうので!

 

 

 

まず一口。

 

シナモンと国産りんごのソースが香り高い!
特にシナモンがお上品さを演出してます。

 

 

りんごのソースは甘いんだけど、シナモンの香りと相まって嫌な甘さには感じません。また、キューブ状になったりんごも少し歯ごたえがあって、りんご感を存分に放っています。

 

そして、ソフトクリームの乳感が口の中に広がります。その後すぐに、すぐにデニッシュ生地特有の柔らかいバターの香りが一瞬鼻に抜けところで昇天です。

 

 

 

ただ、間にはさまったカスタードクリームは、決して存在を強く主張せず甘さも控えめで粛々と脇役に徹する姿勢のようです。

 

もともと量も多くないし、主役はりんごとシナモンといった感じ。りんごとシナモンに押されて、あるのは舌触りくらいです。

 

でも僕はカスタードクリーム入ってたら嬉しいです。

 

 

リンゴノワール_カスタード

※間にはさまったカスタードクリームの図

 

 

ご覧の通り、きらびやかなソースやソフトクリームに比べたら、カスタードの存在はかなり地味です。

 

それでもカスタードクリームは懸命に季節感を演出する。

 

 

 

「影があるからこそ光が美しい」みたいなコピーみたことありますけど、このコメダ珈琲の世界にも光役と影役が存在するのです。

 

僕はそんなカスタードが好きです。
カスタードを応援したい。

 

 

 

 

 

あと、やっぱりソフトクリームは歯にしみる。

 

 

RIngoノワール。
お値段、¥490。

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です