コーヒーミルで手挽きした豆がとっても良い香りでした

 

 

タイトルでい言いたいこと言ってしまったのです。

 

でもとにかく、コーヒーミルで豆を挽いて飲むコーヒーは、香りが圧倒的に違いました。
これだけで自宅で飲むコーヒーが一気に楽しくなりますよ。
> amazonでコーヒーミルを見る

 

スポンサード リンク



 

 

コーヒーミルを手に入れたので

いままで、コーヒー豆はすでに挽いてあるものを購入していましが、ミルとポットを手に入れたので豆を挽くところからコーヒーを楽しんでみようじゃないかと。

 

今まではカルディで挽いた豆を買っていましたが、今日は挽いてない豆をいただいてきました。
カリビアマイルド

 

 

 

 

これを…

 

 

 

 

こうして

 

 

 

 

こう。

 

結構固いのかなって思ってたけど、それほど力を要しませんでした。

 

 

 

 

おぉ〜!

 

 

 

 

部屋中コーヒーの香りで満たされました。

 

 

 

 

お湯を注いだ時、泡がふくらむかふくらまないかは、豆の鮮度が影響してくるらしいです。

 

 

 

 

できました。
割と浅煎りの豆だったので、苦味は多くなく程よい酸味があって飲みやすかったです。

 

とにかく、香りも味もハッキリしてた印象です。

 

 

そして僕の圧倒的な語彙力の無さ…
ほんとはもっと、青く澄んだカリブ海と白い砂浜を思わせるスッキリとした味わい、とかそういうコメントがしたかったんですけど

 

 

スポンサード リンク

 

 

コーヒーの鮮度

まず、ご存じない方に知っていただきたいのは、コーヒー豆は焙煎した段階が一番鮮度が良い、ということです。正確には焙煎後2〜3日後が一番コーヒーの味が美味しくなるのですが、そこから2週間ほどで酸化し香りを損なうだけでなく、苦みや酸味が増してきてしまうのです。

 

コーヒー豆は輸入されるものがほとんどなのと、さらに日本で焙煎すると費用が高いので海外で焙煎した状態で輸入されることが多いのです。
だから実は鮮度としてはもう落ちまくりの状態で日本に入ってきてるんです。

 

 

そこで問題なのが豆を挽くタイミングです。

お店で豆を挽いてもらうと豆と空気が面積が多くなり、さらに酸化が進みますが、自宅でコーヒーを飲むときに豆を挽けば豆の参加を一番最小限に抑えた状態でコーヒーを楽しむことができるのです。

 

 

だから、コーヒー豆の味や香りをより楽しむためには、コーヒーを煎れる直前に豆を挽く方がよいのです。

 

 

自分で豆を挽く楽しみ

 

インスタントよりも、缶コーヒーよりも圧倒的に時間がかかるのですが、そのぶんコーヒー本来の味や香りを存分に楽しむことができます。

 

心に余裕が無かったりなんとなくイライラしているときにこそ自分で豆を挽いてコーヒーを楽しむことができれば、きっと落ち着きを取り戻すことができるはずです。

 

あと、体調や気分によって粗挽きにしてみようとか細挽きにしてみようとか、自分の好みの味を研究してみるのもまた一つの楽しみです。

 

室内もコーヒーの香りに満たされるので、リラックス効果もあるんじゃないかと思うんですよね。

 

 

 

 

週末の朝は、僕より少しだけ早く起きた妻が煎れてくれたコーヒーの香りで目覚めるのが夢でした。
でも実際は奥さまに元気よく「コーヒー飲みたい!」と言われる現実。笑

 

 

自分で豆を挽く優雅で贅沢なコーヒータイムのご紹介でした。

 

 

> amazonでコーヒーミルを見る

 

 

 

これが言いたかっただけ感。

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です