ネットで靴を買う時の海外のサイズ表記と足囲(ワイズ)の測り方

 

靴のサイズっていろんな表記方法がありますね。
さらに靴のサイズ以外に足囲(そくい)= ワイズと呼ばれる『足の指の付け根の周囲』を表す長さもあるのです!
今回は、そのサイズとワイズをご紹介したいと思います。

 

ネットで買うことってあんまり多くないかもしれませんが、もしその時がきたら是非参考にしていただければと思います。

 

 

 

日本では足囲(ワイズ)はJIS規格で決まっているので、どの靴でも共通になります。
なので、自分の足の足囲を知っておけば、靴を選ぶ時により足にあった靴を選ぶことができるようになります!

 

E とか EE とか EEE という表記、ご覧になった記憶ありませんか?
それが足囲(ワイズ)です。

 

 

 

なので、今回は靴を選ぶときの参考に、『靴のサイズ表記の違い』と『足囲(ワイズ)』についてご紹介したいと思います。

 

 

靴のサイズについて

まずは、『靴のサイズ表記の違い』についてご紹介します。
イギリス、アメリカ、ヨーロッパ、日本でそれぞれ表記方法が違っています。

 

 

日本では 26cm などと『センチメートル』で足のサイズを表記することが多いですが、海外で生産された靴などは国によってサイズの表記が違っています。

 

ここに一覧表を掲載しておきますので、靴を購入される際の参考にしてみてください。

 

 

男性用サイズ表記

日本サイズ 24.5 25.0 25.5 26.0 26.5 27.0 27.5 28.0 28.5
アメリカ 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5
イギリス 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10
ヨーロッパ 39 40 41 42 43 44 45 46 47

 

日本サイズ アメリカ イギリス ヨーロッパ
24.0cm 6 5.5 38
24.5cm 6.5 6 39
25.0cm 7 6.5 40
25.5cm 7.5 7 41
26.0cm 8 7.5 42
26.5cm 8.5 8 43
27.0cm 9 8.5 44
27.5cm 9.5 9 45
28.0cm 10 9.5 46
28.5cm 10.5 10 47

 

日本以外のサイズは、長さではなく単純に数値です。
なので、あ例えばアメリカサイズの6.5は『シックスハーフ』とカッコよく呼びます!

 

女性用サイズ表記

日本サイズ 21.5 22.0 22.5 23.0 23.5 24.0 24.5 25.0 25.5 26.0
アメリカ 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9
イギリス 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5
ヨーロッパ 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42

 

日本サイズ アメリカ イギリス ヨーロッパ
21.5cm 4.5 3 33
22.0cm 5 3.5 34
22.5cm 5.5 4 35
23.0cm 6 4.5 36
23.5cm 6.5 5 37
24.0cm 7 5.5 38
24.5cm 7.5 6 39
25.0cm 8 6.5 40
25.5cm 8.5 7 41
26.0cm 9 7.5 42

 

 

ただし注意が必要なのは、靴のサイズはブランドの靴によってまちまちです。
このブランドの靴は 26cm がピッタリだったけど、別のブランドでは 26cm が大きすぎた!なんてこともあるので注意が必要です。

 

また、男性と女性でも数字が違ってきますので、ご注意ください。

 

 

靴の足囲(ワイズ)について

足囲とは、足のこの部分の周囲のことを言います。

 

 

 

 

ここです。

 

 

 

『囲』というだけあって、長さじゃなくて『足のまわりの長さ』なんですね。

 

 

足囲(ワイズ)の測り方

足囲の測り方もご紹介します。

 

親指側の一番出っ張ったところから、小指側の一番出っ張ったところまでの長さが足囲の測り方になります。

 

 

 

 

 

もう少し詳しく見ると…

 

親指側のこの部分から〜

 

 

 

 

 

 

小指側のこの部分までのまわりです。

 

 

 

 

 

 

あ、ごめんなさい!

ちょっと文字が小さかったですかね

 

 

 

 

ちなみに足囲は、立っているときの長さと、足が地面に接地していないときの長さとでは若干変わります。
恐らく立っている時の足囲が一番長いハズですが、一番長い状態で測ってもらえれば大丈夫です。

 

 

メジャーがあればいいですが、なければ糸を足の周りに巻いてその長さを定規で測ってみてください。

 

 

靴の足囲(ワイズ)表記

足囲は、日本の規格ではアルファベットで表記されます。
先ほどもご紹介したように E とか EE なんていう表記が一般的ですが、A から G まであります。

 

靴を選ぶ上では D そして E から EEEE までを把握できていれば問題ありませんので、その範囲のみご紹介しておきます。

 

男性用ワイズ

サイズ D E EE EEE EEEE
24.0 23.7 24.3 24.9 25.5 26.1
24.5 24.0 24.6 25.2 25.8 26.4
25.0 24.3 24.9 25.5 26.1 26.7
25.5 24.6 25.2 25.8 26.4 27.0
26.0 24.9 25.5 26.1 26.7 27.3
26.5 25.2 25.8 26.4 27.0 27.6
27.0 25.5 26.1 26.7 27.3 27.9
27.5 25.8 26.4 27.0 27.6 28.2
28.0 26.1 26.7 27.3 27.9 28.5
28.5 26.4 27.0 27.6 28.2 28.8
29.0 26.7 27.3 27.9 28.5 29.1

※単位:cm

 

例えば、足のサイズが 24.5cm で足囲が 25.8cm の場合は、24.5cm の EEE の靴を選べばピッタリということになります。

 

女性用ワイズ

サイズ D E EE EEE EEEE
21.5 21.3 21.9 22.5 23.1 23.7
22.0 21.6 22.2 22.8 23.4 24.0
22.5 21.9 22.5 23.1 23.7 24.3
23.0 22.2 22.8 23.4 24.0 24.6
23.5 22.5 23.1 23.7 24.3 24.9
24.0 22.8 23.4 24.0 24.6 25.2
24.5 23.1 23.7 24.3 24.9 25.5
25.0 23.4 24.0 24.6 25.2 25.8
25.5 23.7 24.3 24.9 25.5 26.1
26.0 24.0 24.6 25.2 25.8 26.4
26.5 24.3 24.9 25.5 26.1 26.7
27.0 24.6 25.2 25.8 26.4 27.0

※単位:cm

 

お気付きかもしれませんが、サイズが0.5cm増えるごとに、ワイズは規則正しく0.3cm増えていきます。

 

ただ、規格で定められていますが、靴のつくりによって若干の誤差はあるかもしれませんね。

 

 

最後に

足は『第二の心臓』とも言われています。
歩くことって全身運動なので、足だけでなく心臓や肺の働きを活発にしてくれるんです。

 

しかし歩くときには、足に想像以上の負担がかかります。
少しでも足の負担を減らすことで、より健康的な歩行が可能になります。

 

なので、足に合った靴を選ぶのはとても大切なことなんですよね!

 

 

 

 

しかし、靴のサイズが大きすぎる、または小さすぎる場合は調整することもできるんです。

 

 

もし大きすぎる場合は、シューズストレッチャー(シューズフィッター)をご利用ください。

 

革は伸びてくれます。
1サイズ2サイズ小さい革靴を履き続けたら、ちょうどいいサイズで履けるようになったという方にお会いしたことがあります。

 

 

 

 

もしちょっと小さい場合は、インソールをご利用ください。
インソールは靴と足の隙間を埋めてくれるだけでなく、足の裏への負担を軽減してくれます。

 

 

 

 

あぁ〜こんなふざけた記事ばっかり書いてたい。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です