ハウス、テクノ、トランス、いろんな電子音楽の特徴を箇条書きにしてみた

ハウス_テクノ_トランス

 

もういい加減ね知らなきゃ、ですわ。

 

もういい加減、ハウスとかテクノとかトランスとか音楽のジャンルについて、「どれがどう定義されていて」さらに「そのジャンルの名盤」とか知っとかなきゃって思うです。

 

今日はその辺を勉強してみようと思います!

 

 

 

音楽に限らず何事にも時代背景があったり、それを語る上で「由来」というものがついてまわるわけなんだけど、今回は音楽史にはあまり触れずそのものの定義にフォーカスしたい。
とりあえず、そのジャンルの由来ではなく、どう認識するかが大事なので!
歴史はその後!

 

 

でも、いろんなサイトの説明を読ませていただくと、ジャンルの切り分けが非常に曖昧なよう。こうであればこのジャンルというのが定義付けしにくいんだって。ジャンル分けすらも難しい音楽なんだ。

 

だから特徴をなんとなく箇条書きにして解った気になってみようと思う。

 

スポンサード リンク


 

 

特徴を箇条書きにしてみる

 

ハウス

・性質的に誰でも楽しめる音楽である
・4つ打ちである
・楽曲的である(コードやハーモニーが)
・ボーカル曲が多い
・要するに聴きやすい(一般向け)

 

 

テクノ

・性質的に人を踊らせる音楽である
・4つ打ちでなくてもよい
・コードやハーモニーにとらわれない
・究極なんでもあり

 

ただ、テクノにおいては、シンセサイザー、サンプラー、シーケンサーなどの電子楽器を使った音楽(ハウス、トランス、ドラムンベースを含む)の総称として扱われる広義としてのテクノと、ミニマル、デトロイト、エレクトロなどの限られたジャンルの総称としての狭義としてのテクノ、という違う見方でのテクノという言葉があるみたい。
ハウスと比較すると、テクノは男性的、そしてハウスは女性的、という表現をしているサイトがあって、僕はすんごい腹落ちしました。

 

 

トランス

・幻覚や催眠を催す「トランス状態」のような旋律が特徴
・宗教音楽、民族音楽と共通する部分がある
・非日常的、超日常的な世界観
・派生系である「〜トランス」が多い

 

 

アンビエント

・踊らせる音楽ではなく落ち着かせる音楽
・リズムの制約はない
・リズムは控えめか無い場合も
・トランスとのつながりが強くディープなサウンドが多い
・自由度が高い

 

 

ブレイクビーツ

・ドラムのフレーズを分解しシーケンサーで組み立て直したもの
・HIP HOPのトラックとして使用される

 

 

ドラムンベース

・ブレイクビーツがルーツ
・バスドラとベースを強調したもの
・サンプリングが基本

 

 

エレクトロ

・アフリカ・バンバータというDJが起源
・ドラムマシンTR-808を使用(起源)
・ヨーロッパの電子音楽とアメリカのファンクの融合

 

 

ダブステップ

・スクリレックス

 

 

こんな感じ、言葉だけ見るとよくわからないところも多いんだけど、電子音楽を学ぶ上で素晴らしいサイトがあったのでご紹介したい。

 

 

 

電子音楽まとめサイト

電子音楽(エレクトロニック・ミュージック)のジャンルを細分化して、年代ごとにプロットしてくれてる素晴らしいサイトがありました。こちら
(flashのサイトなので、スマホではご覧の方は見れません。PCでご視聴ください。)

 

 

エレクトロニックミュージック

 

 

大きく分けると、
・ハウス
・トランス
・テクノ
・ブレイクビーツ
・ジャングル
・ハードコア
・ダウンテンポ
の7つのジャンルを細かく見ることができる。

 

 

さらにこのサイトのすごいところは、それぞれのジャンルでサンプル音源が聴けるところ。そのジャンルの名盤といわれてる曲が聴けること。
超勉強になる。英語だけど説明が書いてあるのも親切。

 

 

 

おもしろいのは、エレクトロニックミュージックのサイトをみてるのに、ニュージャズの項目を見るとハービーハンコックとかマイルスデイビスの名前が載ってるところ。

 

ジャズから電子音楽が派生したという事実がおもしろい。サンプル音源を聴いてみると、ジャズのアドリブ要素は全く無いので、ジャズミュージシャンが作った音楽であったり、ジャズで使用される楽器が多用されていることが音楽の由来なんだろうか。
そのあたりも興味深いところ。

 

 

 

 

とにかく、いろいろ聞いていると「あ、これあのDJがかけてたヤツだ!」みたいなのがたっくさんあって、おもしろい。

 

 

実際、テクノのクラシックの項目には、CYBOTRONのCLEARという曲が挙げられてるんだけど、それをたまたま聞いてたら、奥さまがこの曲知ってる、と。
よくよく聞いてみたら、Missy ElliotのLose Controlのトラックとして使われてる曲だった、とか。

 

 

思わぬところで電子音楽のおもしろさに出会うことができた。

 

 

参考にさせていただいたサイト

//members.jcom.home.ne.jp/sinewaves/index.htm

//techno.org/electronic-music-guide/

//xn--z9j8fre1c4835d.com/club_music_differences.html

https://ja.wikipedia.org/

 

参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です