ハンドラップを使うと靴磨きは便利になるのか試してみましょう!

無くて困ってはいませんでしたが、買ってみました!笑

 

靴磨き、鏡面磨き用のハンドラップです!!

 

 

 

 

ハンドラップとは

 

これがハンドラップと呼ばれる道具です。
靴磨き職人さんだけでなく、靴磨きファンの方も多く使われているもので、主に鏡面磨きをするときの水を補給する道具です。

 

上の金具をポンって触ると水が少量でてきます!

 

 

これ、本来はアルコールとかを入れておいてカメラのレンズを拭いたりとかする道具なんですね。
構造上、中のアルコールが空気に触れないから揮発を防ぎます。さらに、ワンプッシュで液体が出るという、作業効率をあげるためのものです。

 

アズワンのハンドラップ

アズワン株式会社はハンドラップだけでなく、研究用機器機材、看護・介護用品、その他科学機器の販売をされてる企業です。
アズワンのハンドラップは割と認知度が高く、おすすめのメーカーさんです。

 

僕が昔見たことのあるハンドラップは、フタの部分が赤いプラスチックでできているもので、フタは乗せるだけのものでした。
でも今回購入したハンドラップは割としっかりフタが閉まります。

 

 

ハンドラップの使い方

使い方はかんたん!

 

 

水を入れて…

 

 

 

鏡面磨きをするためのクロスを指に巻き、1度だけポンと押すだけ。

するとこうです。
少し湿ってるのがわかりますよね?

 

 

少しだけ水が出てきて、クロスがいい具合に水分を含みます。
1プッシュか2プッシュくらいが理想的な水分量だと思います。

 

ちょっとだけ、クロスを巻いてない手の手のひらで水を馴染ませてクロス全体を湿らせます。

 

 

 

もしくは、ワックスでベースを作った部分に、ちょんって水滴を乗せたいときにも使えちゃいます。
素手でハンドラップから水をとって靴に落としあげればOKです!

 

 

 

あとは鏡面磨きをするだけです!

 

はい、仕上がりましたー!

 

 

 

あと、プロの靴磨き職人さんは山羊毛ブラシにも使われてますね。
山羊毛ブラシで仕上げをするときも、直接ブラシをハンドラップに触れて水をつけますよね。

 

そのときもブラシを持ってない方の手で、毛に水分を馴染ませてから優しくブラッシングしていきます。

 

 

ちょっと気になったこと

 

勢いよくポンってすると、水が多少飛びはねてお漏らししちゃいます//

 

下に多少液体がこぼれても問題ないように、敷物をされるといいと思います。
浅草橋あたりの革屋さんに行けば、革の端切れがたくさん売ってますからね。

 

黒の革なら汚れも目立たないのでおすすめです。僕も本当は黒使いたいんですけど、こうやって写真とるときに靴が映えなくなってしまうので、あえて薄い色使ってます。

 

 

ハンドラップってなくても良いけど

ハンドラップって¥1,000とかそれくらいの金額で買えるんですよね。
だから別に手の届かない値段じゃ無いんです。

 

でもずっと買わなかったのは、場所を取るからなんです。

 

 

靴磨きの道具は靴の箱に入れてるんですが、もうパンパンです。笑
そろそろこれどうにかしなきゃなぁって思ってるんですが、未だ手付かず…

 

 

 

ここにこのサイズのハンドラップ入れたくないなぁっていうのがありました。

 

他のクリームのビンに比べるとハンドラップはちょっと大きいですからね。
できるだけ小さいのを買ったつもりでしたが、それなりに大きいので収納に困ってます。笑

 

 

そして、この形がイマイチ好きじゃないんです。プラスチックの部分もいかにもって感じで…

 

もともとは工業用製品なのと、昔仕事で使ってたことがあるので余計に好きじゃないという超個人的な事情です。
ハンドラップは悪くありません!すんません!笑

 

 

 

 

でもあると便利!
これは間違いないですね。

 

そんなに毎日毎日靴磨きをするわけではありませんが、水を含んだ状態で置いておけるのですぐ使えます。間違いなく便利です。

 

例えばちょっとだけ、鏡面に傷がついて直したいなぁって思った時とか、さっと使えます!
今まではワックスの缶のフタに水を入れてこなければいけませんでしたからね…

 

 

あと、水だけでなくアルコールを入れておくことができるのはすごく便利ではありますね。
ポリッシュ専用の液体ってあるじゃないですか。そういった用途のアルコール類を入れておくこともできるんじゃ無いかと思います。

 

これですね。
Boot Black のポリッシュウォーターです。

 

 

 

まぁこれはこのまま使うのが見た目にもかっこいいかもしれませんけどね。

 

 

最後に

もしご購入を検討されている方がいらっしゃったら、入れた水はすぐには無くならないので、小さめのものでいいと思いますよ。

 

 

あと、もう少し縦長のデザインのものとか、プラスチック製のものもあるようですが、ポンっと押した時に倒れてしまわないように、ガラス製の倒れにくそうなものを使われることをおすすめします。

 

そう、この形は転倒防止を考えられての形なんですよね。

 

 

 

よければ使ってみてください!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
鏡面磨きの方法やちょっとしたコツもこちらでご紹介していますので、よければご覧ください!

 

はじめてでも簡単!鏡面磨き(ハイシャイン)のコツをご紹介!

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。