コスパと色数の鬼ビーズワックスファインクリームのご紹介

サフィールの『ビーズワックスファインクリーム』をご紹介したいと思います。

 

 

とにかくコスパが良いこのクリーム。
靴磨きはじめてみようかな?という方が気軽に買うにはもってこいの商品なのです!

 

 

thumbnail

SAPHIR サフィール ビーズワックス ファインクリーム
価格:972円

楽天へリンク!amazonへリンク!

 

まずはサフィールについて

サフィールとはAvel社のレザーケアグッズのブランドです。

 

Avel社は、レザー製品からファニチャー、アンティークなどのケア用品を幅広く製造・販売している世界を代表するフランスのメーカーです。

 

 

 

こんなボトルに入ってます。

 

ビーズワックスというだけあって、ハチさんのイラストも。かわいいですね!

 

 

ビーズワックスファインクリームについて

特徴

タイトルにも書いた通りなんですが、まずコスパがいいんです!

 

¥972(税込)と、他のクリームと比べても比較的安い方なのに、品質も十分なのです。品質については後ほど詳しくご紹介させてください。

 

 

 

さらに、異常な程の色数。
なんとその数72色と、他のクリームはだいたい7色程度、多くて40色という数字を圧倒的に超えた色数を誇っています。

 

何故そんなに?と思うほどの色数。
逆に迷ってしまうほどです。笑

 

なのでショップもなかなか全ての色を揃えているお店はなくて、多くて65色とか。まぁ十分なんですけどね。

 

 

成分

 

ボトルに記載されている成分はこちらです。
写真はちょっと読みにくいんですが…

 

・ろう
・油脂
・有機溶剤

 

 

さらに商品説明にはこうあります。

 

・保革効果の優れたビーズワックス
・ツヤ出し用アーモンドオイル

 

要するに、保革効果もありながら、ツヤも出しますよと、そう言うことですね!

 

スポンサード リンク


 

つかってみる

こちらの靴に使っていきたいと思います。

 

 

僕が持っている色は、No.36のライトタバコブラウンです。
この靴の色にはぴったり合う色です。さすがの色数ですね!

 

 

 

クリームはこんな感じです。

 

 

しっとりしてます。
においも全然キツくありません。むしろミツロウの甘い香りがほんのりして良い香りです。

 

 

まず片方にしっかり塗り込んでみます。
こんな感じです。

 

 

色が乗った感じはありますね!(写真加工はしてませんよ!)
右の方がずっと鮮やかになっています。

 

 

次にブラッシングと乾拭きをしたのがこちらです。

 

 

ツヤは十分ですね!
あと、やっぱり色がいい具合に乗っています。

 

 

両足仕上げました!

 

 

やはり補色は十分ですね。
クリームを塗る前と塗った後ではツヤもさることながら、しっかり色が乗っているのがわかります。

 

 

クレム1925との違い

サフィールには、サフィールノワール(SAPHIR Noir)という上級ラインナップがあります。

 

その代表的なクリームがCREME1925というクリームです。

 

 

クレム1925の素晴らしさはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。
(参考記事:改めてクレム1925の素晴らしさを思い知る

 

 

 

クレム1925は油性クリームなのに対し、ビーズワックスファインクリームは乳化性クリームです。
なので、油性とくらべるとずいぶんさらっと仕上がります。

 

 

 

あと、革表面が多少しっとり感を取り戻すので栄養は与えられているようですが、クレム1925に入っているシアバターが入ってないからか革表面の細かいシワが残っているのが気になりました。

 

クレム1925はしっかり塗り込むとこういった細かいシワがなくなるんですよね。
油分がしっかり浸透して革が栄養と潤いを取り戻すからです。

 

やはりそこが一番大きな違いだと思います。

 

 

 

しかし、先ほどもご紹介したとおり¥972と低価格です!
クレムは¥2,160(税込)なので、半額以下ですね。

 

そして、この色数です!
この色は絶対使わんでしょう!っていう色まで用意されています。
ちなみにクレムは13色です。それでもどちらかと言えば多い方ですよ。

 

 

最後に

この価格でこれだけの品質であれば、初心者の方がお試しにひとつ、ふたつ買ってみるというのは全然問題ないと思います。

 

 

しかし、個人的にはクリームもせっかく買うなら良いものを長く使っていただきたいので、もし買うならクレム1925の方をおすすめしたいです。

 

 

 

また、色数が多いと再三お伝えしてきましたが、実用的な色はクレム1925でも揃います。

 

なので、よっぽど特殊な色の靴であればビーズワックスファインクリームを選ぶ必要があるかもしれませんが、そうでなければ色の数がそれほど有利になるとも思えません。

 

まぁ遊び半分や実験のためにちょっと変わった色のクリームを乗せてみる、なんていうのも贅沢な使い方かもしれませんね。ただ、ちょっと上級者向けな気はします。

 

 

thumbnail

SAPHIR サフィール ビーズワックス ファインクリーム
価格:972円

楽天へリンク!amazonへリンク!

 

thumbnail

サフィール ノワール クレム1925(靴磨き 靴クリーム)
価格:2,160円(税込、送料別)

楽天へリンク!amazonへリンク!

 

 

サフィールのビーズワックスファインクリームのご紹介でした!
よろしければクレム1925とあわせてご検討ください。

(参考記事:改めてクレム1925の素晴らしさを思い知る

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です