様々なタイプの人と良好な関係を築くための6つの考え方

コミュニケーションについて、少しだけ学んだこと。
当たり前のようで、普段なかなか意識できていない部分が多いので備忘録。

 

自分と全く同じ価値観や考え方の人などいないことを理解する

人は自分と異なる価値観や考え方に対して無意識にストレスを感じてしまう。
特に性別の違いや年齢の差、育ってきた環境の違いがあればあるほど異なることが多くなる。

 

過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる

うまくいかないことを相手のせいにしない。

 

相手の長所に目を向ける

短所の無い人などいない。
相手に完璧を求めてはいけない。人間関係は減点法ではなく加点法で接する。
人間はエゴが強いので、人の悪いところを見つけて、自分を上に見せたがる。

 

先入観を持たずに接していく

見た目からの勝手な判断をしない。
一過性のものかもしれないので、他人の評価やうわさ話を信用しない。

 

自分の基準で相手を計らない

自分の基準は、すなわち自分の価値観や常識。

 

礼節を守る

礼儀作法は人間関係を滑らかにする。

社会生活の円滑湯である。
松下幸之助

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です