名刺を作りました

 

私ごとで大変恐縮なのではございますが、この度名刺を作成しました。

 

先日お邪魔した革の展示会でもそうですが、嬉しいことに企業様からお声がけいただくことが多くなりました。
実際にその方とお会いさせていただくことも増えてきているので、名刺作らねばなぁと。

 

 

 

メールのやり取りから始まる場合が多いので、別に必要ないっちゃ必要ないんですが、お名刺いただいた時に「すみません、僕持ってなくて…」ってちょっとねぇ。

と思った次第です。

 

ボケてる画像ばっかですが、よろしければ。

 

 

名刺を作る目的

名刺を作った目的はこんな感じです。

 

・お名刺いただいたときに僕も渡せるための世間体
・僕が何やってるか認知していただくため
・その場でブログにアクセスしてもらうため
・名刺入れを使いたいため(革グッズを持ちたい)

 

 

先日、このために名刺入れをお手入れしたので。笑
> 名刺入れのお手入れ

 

 

名刺のデザイン

勝手ながら、デザインに込めた想いをご紹介させていただきます。

 

 

渡しやすい名刺にしたい

まず、機能面での渡しやすさは重要です。
右利きなので、名刺を出したらそのまま渡せるように縦デザインのレイアウトにします。

 

 

 

名刺の角を持って取り出したら、そのまま渡せるように。
これは我ながら名案だと思いました。

 

 

靴の話がしたい

あと、何より「あ、靴綺麗ですね」って言ってほしい。

 

できれば女性に言ってほしい←

 

なので、ある仕掛けをいたしました。

 

 

 

もうお気付きかと思いますが、相手の方が名刺を受け取った先に僕の靴がある、という視線の誘導を狙って、名刺上部に靴のイラストを配置しました。

 

名刺をご覧いただいて「あ、靴のイラストだ」と思ったその先に僕の靴。

 

 

 

そして、こういうイラストも描けますよってこともアピールする機会でもあるかなと。
ただ、そういう仕事はしませんけどね。笑

 

 

あと、靴のイラストが一番目立ってほしいので、その他の情報は必要最低限に。
装飾も一切設けませんでした。

 

名前と肩書きを一応目立たせて、あとは極力細いフォントでメリハリをつけました。

 

 

何やってるのか認知してほしい

 

肩書きは、僕が何をやってる人間か認知していただくために、
・靴磨きブロガー
・革靴クリーム研究家
の2つを記載しておきました。

 

 

まぁ、『靴磨きブロガー』というのはご理解いただいてる場合が多いと思いので別にどうってことないんですが、『革靴クリーム研究家』というのは、お会いした方とクリームの話をしたいなと思って書かせていただきました。

 

靴に塗るクリームって一体どんな成分がどれだけの割合で入っていて、どれくらい革に塗るのが一番良いのかっていうところを一生をかけて理解したいという僕の思いもあり、そんな肩書きを掲載しました。

 

この2つでなんとなく何やってるかわかっていただけるんじゃないかと願っています。

 

 

ブログにアクセスしてほしい

あと、最後にブログにアクセスしてもらいたいのと、ご存知でない方にはブログを認知していただきたいという思いがあります。

 

なので、裏面にはQRコードも載せてみました。
今iPhoneならカメラアプリでそのままQRコードの読み取りができます。
それで読み取っていただけたら嬉しいなぁという願いを込めました。

 

 

 

あとは一応裏側なんで、靴底。

 

 

反省点

全体的に簡素すぎるかなと思ってます。笑

 

シンプルなのを目指したかったのですごく難しいところなんですが、要素の置き方でこの簡素なイメージを払拭できたかもと後悔してます。

 

う〜ん、難しい。

 

 

 

あと裏側の靴底は表の靴の形と明らかに違うので、しまったなと後悔してます。笑

 

 

名刺印刷ってすんげえ安い

昔地元の知り合いのライブのフライヤーを印刷したことがありました。
その時に使ったのがネットのオンデマンド印刷サービス。
プリントパックというサービスです。

 

名刺、通常より分厚い紙で、両面カラー印刷にしてもお値段995円!

 

 

 

 

やっす!笑

 

気軽にできるので、失敗してもいいやと思って。笑

 

 

印刷に6日間、その後1日早く発送してもらい1週間かからず到着しました!
かなり簡素なデザインなので、気に入らなくなったらまた装飾を施して、印刷してもらえばいいかなって思ってます。

 

 

イラレでつくりました

adobeのイラストレーターでデザインの作成をしました。

 

 

 

一応webデザイナーを数ヶ月やってたので、ツールの使い方は知ってます。笑
プリントパックのサービスからこんな感じのテンプレートがダウンロードできるので、それに要素を配置していっただけです。

 

あと、印刷するときはフォントをアウトライン化するとか、画像は埋め込みにするとか、そのへんの基本的な知識はあったので、なんとか問題なくデータ入稿して、納品していただきました。

 

イラレ買っといてよかった。

 

 

ちなみにCS6(creative suite)というちょっと古いバージョンのイラレです。

 

 

 

CSだと買い切り。だいぶ高いですけどね。
でもCC(creative cloud)だと月額で2000〜3000円くらいです。

 

 

 

CSはバージョンアップできませんが、CSはいつでも最新のバージョンが使えます。
僕は基本イラレは使わず、photoshopを使うので買い切りCS6で正解でした。

 

そんな感じです。

 

 

最後に

 

やっぱりこうやってものをつくるのってすごく楽しいです。

 

イラストつくるのに丸1日かかりましたが、すごく楽しかったです。世間体で名刺作っておかないとという使命感もありましたが、単純に作るのが楽しい。
そして出来上がってきたときの感動も味わえる。

 

簡単にデザインして入稿しただけなんで大したことはないんですが、こういうプロダクトを生み出すことってすごく楽しいということを、少しでも知ってもらえる記事を書いてもいいかなと思った次第でございます。
別にイラレがなくてもワードとかパワポでもできます。

 

 

 

なので、是非何か趣味をお持ちの方はそれを認知してもらう目的で名刺をつくってみてはいかがでしょうか?
モチベーションも上がること間違いなしです!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。