雨に濡れた革靴の白い粉(塩吹き)のお手入れ方法をご紹介します

大事な革靴が雨に濡れてしまうと…

 

 

ほら!!

 

 

 

こうですよ!

 

 

これ塩吹きって呼ばれる現象なんです。ご経験ありませんか?
今回は、この塩吹きという現象の原因とお手入れ方法をご紹介します!

 

 

塩吹きの原因

雨に濡れて現れるこの現象『塩吹き』…

 

原因は汗です。

 

 

 

足にかいた汗が革内部い染み込んで、汗の塩分が革の中に残ります。
しかし、雨に濡れるとまた塩分が溶け、革の伸縮によって表面に浮き出て、白いシミとなって残るわけです。

 

 

 

さらに、革がワックスが塗り固められているような状態の時は、ボコボコと部分的に盛り上がる跡が残ることもあります。(銀浮きと言ったりします)
また、屈曲部がひび割れを起こす場合も汗が原因になることあるようです。

 

というのも、人の汗には塩分以外にも尿素が含まれて、それが革を固くさせてしまうことがあります。もちろん塩分や尿素の量は人によって個人差があります。

 

 

 

なので、定期的に汚れ落としなどで汗の成分を落としてあげる必要がある、というわけなんですね!

 

 

お手入れ方法

塩吹きのお手入れ方法は決して難しくありません。
普段、靴のお手入れをしていただく手順ととても似てます。

 

 

馬毛ブラシでブラッシング

 

ホコリや雨水に含まれる土などを馬毛ブラシで落としましょう。

 

 

ブラッシングするとこうです。

 

 

この時点ですこし表面の塩分は落ちてることがわかりますね。

 

 

汚れ落としで塩分を落とす

 

次に汚れ落としで塩吹きの部分を丁寧に拭き取っていきます。

 

表面だけじゃなくて、革の内部にも塩分は残っている可能性があります。なので、浸透性の高い水性の汚れ落とし(ステインリムーバー)を使います。

 

 

 

●参考記事: 革靴用の汚れ落としはステインリムーバーがオススメです!

 

 

※左:汚れを落とした後、右:何もしてません

 

 

汚れ落としで拭きましたが、乾いても白くならないので問題無しです!

 

 

乳化性クリームで栄養補給

※ツヤが出ちゃっていますが、まだ塗ってません。

 

革靴用のクリームでしっかり栄養補給をします。
というのも、雨水によって革の油分や栄養が抜け落ちて乾燥している状態だからです。

 

なので、もしデリケートクリームをお持ちでしたら普通の乳化性クリームより効果的です。
※デリケートクリームはツヤ出しより栄養補給に特化したクリームです。

 

 

 

写真ではわかりませんが、向かって左をスペシャルナッパ右を1909シュプリームを塗ってみました。

 

 

どちらも潤った感があります。
1909シュプリームの方がサラサラに仕上がったので、ナッパの方が潤ってる感はありますが、甲乙はつけがたい仕上がりです。

 

 

 

●参考記事:スペシャルナッパデリケートクリームで潤いと栄養補給を手に入れました

 

 

 

●参考記事:コロニル 1909シュプリームクリームデラックスを革靴にも鞄にも手袋にも

 

 

豚毛ブラシでブラッシング

しっかりブラッシングしてクリームを馴染ませ、革をマッサージします。

 

内側と…

 

 

外側です。

 

 

塩吹きがあった部分もこんなにキレイになりましたよ。今までツヤと潤いを取り戻しましたね!
いい感じです!

 

 

靴底のお手入れも大事

 

サフィールノワールのソールガードを塗りました。

 

靴底も革でできている靴は、オイルを塗っておくと柔らかく、反りが良くなるのでつま先の減りも、それ以外の減りも少なくなります。
逆にお手入れされていないレザーソールは硬く、反りがよくありません。

 

 

意外にも、ソールが柔らかい方が削れにくく、長持ちするということなんです!

 

 

 

●参考記事:サフィールノワールのソールガード使ってみた

 

 

靴の水洗い

これとは別に、サドルソープという靴を水洗いするときの洗剤を使っても靴の汚れとふるいクリームなどがさっぱり落ちておすすめです。

 

ただ、靴の水洗いはある程度負担がかかってしまうので、そんなにしょっちゅうやるのはおすすめしません。

 

●参考記事:サドルソープでの革靴丸洗いが超おすすめなので使い方

 

 

最後に

雨が多い季節は気持ち的にも憂鬱ですよね。

 

 

雨のなかあなたの足を支えてくれた大切な革靴も、どうかいたわってあげてください。
足にも馴染むし、きっと愛着が湧いてきますよ。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です