今年の革靴のお手入れ、今年のうちに…いや、せめて年末年始の間に!

 

大掃除の季節です!
普段頻繁にやらないところだと換気扇とか家具の裏とかたくさんありますが、是非お靴のお手入れもお忘れなく!!

 

過去の記事からいくつか抜粋をして、見落としがちな靴のお手入れについてご紹介させていただきます!
よければお付き合いください!

 

 

シューキーパーも今年のうちに

ニスで仕上げられていないシューキーパーは、長く使っていると汚れてきてしまうことがあります。場合によってはカビが生えてしまったり、こんな風に革の色が写ってしまったりと。

 

 

 

なので、シューキーパーのメンテナンスも是非していただきたい!
汚れた部分は濡れタオルやアルコールで拭いてあげましょう!その後、木材をリフレッシュさせるために、天日干しをしてあげるのもよいでしょう!

 

 

 

 

シダーなどの香りがあるシューキーパーをお使いの場合は、長く使っていると香りも薄くなってくるので、紙やすりで少し削ってあげると香りが少し蘇ります。

シューキーパーのメンテナンス

 

 

案外見落としがちですが基本的なところのお手入れ。
ほら、家具とか棚の裏とかそのあたりのポジションです!笑

 

 

靴の内側も今年のうちに

 

続いては靴の内側です!

 

靴の内側もホコリや靴下の繊維が溜まっています!
そういった汚れを放置しておくと水分が留まりやすくなるので、カビも生えやすくなりますね。

 

なので、普段やらないという方は、是非内側のホコリを拭き取ってあげましょう!アルコールを使うと殺菌消毒もできるので、おすすめです!

 

 

 

指に布を巻いて、直接拭いてあげてもいいんですが、つま先に指が届かないという場合は、つまようじにウエスのような布を巻きつけてもらっても便利ですよ。

革靴の内側のお手入れ

 

 

あと、内側をお手入れするもうひとつのメリットとしては、内側の革(ライニング)に指やかかとがあたって摩耗している部分があることに気づけるという点です。
摩耗してしまっている部分は仕方がないので、上から革を貼るという方法で修理をするしかありません。

 

修理屋さんに持っていけば、¥2,000とか¥3,000で修理してもらえますよ。

靴の修理屋さんまとめ

 

 

換気扇的ポジションのお手入れです。
わかってはいるけど、結構億劫なところ!

 

 

靴底も今年のうちに

 

靴底(ソール)のコバも放っておくと何気に毛羽立ってきたり、色が抜けて白っぽくなってしまいます!
そんなときは、紙やすりで表面を整えてあげて、コバインキなどを塗ってあげるだけでかなり見栄えはよくなります。

 

 

 

 

また、靴底用のオイルなどを塗って、自分を支えてくれた靴を労って犒って慈しんであげましょう!

 

 

 

オイルを塗ると靴底も柔らかくなって摩耗しにくくなるとか、油分によって雨水が浸透するのを防ぐ効果とか、靴にとって一番ダメージの多い靴底だからこそ労ってあげてほしいと思います!

靴底の本格的なお手入れ

 

 

靴底は窓ガラス的ポジションとでもいいましょうか…。
何気に大変なところです!

 

 

ワックスを落とすのも今年のうちに

 

普段鏡面磨きをされている方、何ヶ月もワックスを落としてない…なんてからもいらっしゃるんじゃないでしょうか?

僕ですね

 

 

いや、12月は忙しいですからね。仕事も忘年会も、プライベートでもいろいろあるのが12月です。だから年末から年始にかけて、ゆっくりやっていただければいいんです。

 

 

ただ、ワックスだけはできるだけササッと簡単に落としたい!
というせっかちなあなたには、こちら。

ワックスを素早く落とすクリーナー

 

 

ここでご紹介しているような、固形というか液体クリーナーよりは少し硬いものの方が革への浸透が少ないので、革を傷めず済みます。
もちろんゴシゴシこすってしまうのはいけませんが、クリーナーについてもこちらでご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

革靴用クリーナーの比較

 

 

これは鏡餅です。
ほっとくとひび割れたりしますもんね!(雑

 

 

油分補給も今年のうちに

 

これは昔から再三おすすめしているので、またかよって思われる方もいらっしゃるかもしれません。笑

 

でもこれ、スーパーおすすめです!
本来は汚れ落としなのですが、革にたっぷり油分を補給できるのでかなり革が潤います。オイルを塗りすぎるとクリームが乗らなくなってしまいマットな質感になりますが、そうでなければ革が柔らかさを保てるので保革効果も発揮します。

 

 

 

長期休暇や旅行で、同じ靴で何日も過ごしたあとも是非使ってあげたいオイルです。うっすら全体に塗ったら、1〜2日そのまま休ませてあげるのがいいと思いますよ。

 

 

中古靴を購入したとき、古いクリームを落とすのにも活躍してくれました!

 

中古靴を復活させるお手入れ方法

 

 

 

定期的に行っていただきたい革靴の磨き方はこちら記事でご紹介しています!

 

初心者でも簡単!靴磨きの方法【革靴手入れ・クリーム仕上げ・おすすめの道具】

 

 

長期保管も今年のうちに?

 

今年のうちにっていうタイミングじゃないかもしれませんが、この機会にご紹介させてください!(雑

 

例えば衣替えのような季節、ローファーだったりブーツだったりをしまっておくことってありますね。
その場合は、もちろん鏡面を落としすっぴんの状態にして、さらに1〜2日置いて湿気を飛ばしておくのがよいでしょう。

革靴を長期保管する前のお手入れ

 

 

最後に

一年間靴が足元を支えてくれたからこそ、仕事をしたりお出かけしたりできたわけです。感謝を込めて靴のお手入れをしながら、今年一年がどんな年だったか振り返ってみるのも悪くありません。

 

いやむしろ、無心になって熱中しちゃうこともありますが、それってとても贅沢な時間です。
僕は帰省してしまうのでこの量を全てケアできませんでしたが、一部は年明けにじっくり楽しんで靴のお手入れをしたいと思います!

 

 

なので年末年始にゆっくりやっていただければと思います!

 

 

 

この靴たちのおかげで今年も楽しく過ごせました!
みなさまも良いお年を!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

靴磨きをする意味は靴を育てることではなく靴に育てられていると知ることにある

雨だって悪気があって降ってるわけじゃない…

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高33万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ