新しい考え方ができるということに喜びを覚える

最近、頭の回転を速くするために思考を鍛えたいと思っていたため、1日に何かひとつ疑問みつけることを目標にしていた。先日、知人からも同じようなことを言われたばかりで(こちらの記事)、今まで『疑問を見つける』ことが少なかった人生だったことを実感し嘆かわしく思っていた。

 

さらに、ソーシャルデザインという言葉を目にすることが多くなって、昔買った書籍を本棚から取り出して読み返したりしていると、その本にも「まずは、あなたができる範囲で身の周りの課題を見つけてみましょう」ということが書いてある。

 

例えばこんなことを気にしてみてはいかがでしょうか、と書いてあったりする。

・何か変だ

・理不尽だ

・おもしろそう

・何か気になる

 

ちなみにこの本。

 

 

 

課題をみつける難しさ

ここ数日間、それを実践しようとしているけどそれが案外難しい。疑問を見つけたり、おもしろそうって思うことが少ないということにも気付く。いかに頭を使わず「のほほーん」と生活をしていたかということを実感する。

 

ただ、もうそんな悠長なことは言ってられないので、「何か見つけなきゃ」と、懸命に頭を働かせると、ひとつやふたつ「こうだったらいいのになぁ」みたいなアイデアや考え方が思い付いたりする。

 

 

例えば、香川へうどんを食べに行くツアーを企画するとき、まずは「香川 うどん ランキング」で検索する。そうすると案の定ランキングまとめが検索にひっかかり、そのランキングの中から滞在する地区の範囲内でアクセス可能なお店をピックアップする。

 

余談だけど、ご丁寧に釜揚げうどんならこのお店、かけうどんならこのお店、みたいにジャンルごとのランキングもまとめてくれてるものもあったりする。

 

香川うどん1

 

今までとは違う考え方

次に、いくつかの名店を効率良く回るルートを考えなきゃいけないわけだけど、ここでちょっと今までと違う考え方ができることに気が付く。

 

今までであれば、お店をノートに書き出したり、テキストデータとしてコピペしたりと、効率良く回れるルートを考えていた。いくら作業が面倒でも、そこそこ時間をかけてやってたと思う。

 

でも、ちょっと今までとは違う考え方ができるようになると、この作業面倒だなって思うようになる。そして、お店の住所をいくつか入力したらそれを効率良く回れるルートを算出してくれるアプリがあったらいいのにって思えるようになる。

 

え、普通そう思うっしょ?」と皆さまは思われたかもしれない。だけど、僕にとってはこれって結構すごいことで、今までと違う考え方ができた!って思うことにちょっとした喜びを覚えたりする。

 

香川うどん2

 

さらにそこからもう少しだけ発展させて、そういうサイトってもしかしてあるんじゃね?ということで、探してみると案の定いくつかあった。やっぱり、みんな考えることは似てるんだね。

 

こういうアプリがあるみたい。
ルートナビ

 

他にも、NAVITIMEにそういう機能があったりするみたい。

 

 

ただ、うどん屋の定休日は全く考慮されておらず、お店に行ってみたら「今日定休日!」ってこともあった。テクノロジーを駆使して物事を簡単に効率よく済ませることも必要だけど、自分の頭で考えることも忘れてはいけない。

 

今までと違う考え方ができることってこんなに新鮮で喜びを感じられるんだと、そのこと自体に驚きを覚える。

 

香川うどん3

 

うどん屋の話

学生時代は5杯うどん食べられたのに、この歳になると2杯でもうお腹いっぱいという受け入れがたい現実を目の当たりにするのである。あとはこの限られた時間と胃袋で何を食べるかという選択を誤らないことに集中するだけ。

 

うどん屋はハズレ店もいくつかあったけど、美味しいお店は本当に美味しかった。やっぱり東京でいただくうどんとは一味違う麺の食感と楽しみ方が香川にはあった。

 

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です