新しい革靴を買ったら履く前に必ずしてほしいこと(プレメンテナンス・ファーストケア)

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab

 

新しい革靴を買ったとき、その靴を早く履きたいお気持ちはとってもよく分かるのですが、

 

ちょっと待ってください!

 

 

 

新品の靴を下ろす前に一手間加えることで、革がより足に馴染みやすくなるだけでなく、靴が長持ちするようになります
この作業を『プレメンテナンス』と言います。

 

ちょっと一手間ですが、決して難しいことではないので是非試してみてください!

 

 

プレメンテナンスとは

プレメンテナンスとは新しい靴を下ろす前の一番はじめのシューケアのことです。ファーストケアって言われたりもします。

 

 

革靴は作られてから持ち主の手に届くまでかなり時間が経っていることも多いので、革が乾燥している状態なんです。

 

 

なので、クリームやオイルを塗り込んで革に栄養や油分を与えることで革が柔らかくなり、ひび割れを防ぐことができます。
さらに、靴ズレが無くなったり、足に沿った自然な履きじわが入りやすくなります。

 

スポンサード リンク


 

プレメンテナンスの方法

普段の靴磨きの方法とよく似ていますが、プレメンテナンスのやり方をご紹介します。
全5STEPで完成です!

 

step1. プレメンテナンスの準備

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e3%83%92%e3%83%a2_%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc

 

靴紐(くつひも)を外して、シューキーパーを入れます。

 

※Sleipnirのシューキーパー、リーズナブルな割に形が綺麗で、さらにサイズ展開(24〜28cm)も豊富でとってもオススメです!

 

> おすすめのシューキーパーはこちらの記事でもご紹介しています。

 

 

 

step2. ホコリと古いクリームを落とす

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e9%a6%ac%e6%af%9b%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7

 

馬毛ブラシでホコリを落とします。
買ったばかりなのでそんなに汚れてはないと思いますが、念のためですね。

 

コバ(靴と靴底を縫い合わせた部分)の周りや紐を通す部分の裏側も丁寧にブラッシングしましょう。

 

 

 

 

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc

 

また、ステインリムーバーと呼ばれる専用のクリーナーで、もともと塗られている古いクリームを落とします。

 

靴が作られてから時間が経っている場合、古くなったクリームが酸化して革の負担になっていることが多いのです。

 

※M.MOWBRAYのステインリムーバーは、水性なので革へのダメージが少なく防カビ効果もあるので安心です

 

 

step3. デリケートクリームで革に栄養を与える

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

 

デリケートクリームやオイルを塗り込んで革に栄養や油分を与えます。

 

まずは、デリケートクリームを使うパターンです。
水分の多いデリケートクリームを塗り込んであげると、革が潤いを取り戻します。そうすることで、革がしなやかになり履きジワが入りにくくなります。

 

※サフィールノワールのスペシャルナッパデリケートクリームは、革によく浸透し潤いと栄養を与えられるのでとってもオススメです!
次ははオイルを使うパターンのご紹介です。

 

天然素材にこだわったタピールというメーカーのオイルを使用します。
靴に塗ると驚くほど浸透して、革がぷくっとした潤った状態になります。オイルがしっかり浸透するように1〜2日放置すると、これだけで革が柔らかくなります!

 

レーダーオイルを塗布するとすごく潤いますが、塗りすぎると油分が浮き他のクリームでツヤが出にくくなります。なので、少しずつ様子を見ながら塗っていただくことをおすすめします。

油分が乗りすぎても通常のお手入れを定期的に行なっていくことで、次第に油分も落ち、通常の状態に戻りますのでご安心ください。

 

とにかく革が柔らかくなるので、とってもおすすめです。

 

 

> タピールのレーダーオイルについてはこちらの記事でもご紹介しています。

 

 

step4. 内側の革にも栄養を与える

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e5%86%85%e5%81%b4%e5%a1%97%e3%82%8a%e8%be%bc%e3%82%80

 

これ重要です!

靴の内側も革でできていることがほとんどです!

 

さらに、足の甲の裏側にあたる部分は、革の屈曲が多いところです。栄養を含ませることで、革が柔らかくなり自然に革が足の形に馴染みます。
それだけでなく、ひび割れを防いだり自然な履きじわが入るようになります。靴の内側も革でできてるということを忘れないでいただきたいと思います。

 

先ほどご紹介したスペシャルナッパデリケートクリームや、モウブレイのデリケートクリームでもOKです!

 

 

step5. ブラシとクロスで磨いて仕上げ

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e8%b1%9a%e6%af%9b%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7

 

豚毛ブラシでブラッシングしてクリームやオイルを馴染ませます。

 

革をマッサージする効果もあるため、少し強めかな?と思うくらいしっかりブラッシングしましょう!

 

 

 

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e8%89%b6%e5%87%ba%e3%81%97

 

次に、クロスで乾拭きをします。
余分な油分やクリームを拭き取るイメージです。不要になったストッキングでも大丈夫です!

 

 

プレメンテ完了!

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9_%e5%ae%8c%e4%ba%86

 

プレメンテナンスはこれでおしまいです!
ぱっと見あまりわかりませんが、艶が出ただけでなく革がしっとりして柔らかくなっています!

 

スポンサード リンク


 

最後に

気に入って買った靴です!
安い買い物ではないので、せっかくなら大切に使いたいですよね。物を大切に使うのって贅沢だなぁと思うのです。

 

 

新しく革靴を買ったらすぐに履きたいと思いますが、どうかその気持ちを抑えて、デリケートクリームを入れてあげてください!
革が柔らかくなって長持ちにつながるのでとってもおすすめです、っていうか必ずやってください!

 

 

履き降ろす前にやることが大事なんです!

 

 

 

定期的な革靴のお手入れの方法もご紹介しています。是非こちらもご覧ください。

 

はじめてでも簡単!正しい革靴の磨き方(クリーム・ブラシなど)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴磨きってすばらしい!!靴を磨くことって、靴が美しくなるだけじゃなくて、靴を長持ちさせることにも繋がる。さらに、靴を磨くことで、ものや人を大切にする心を養うことができるんじゃないかとも思ったり。

記事を読む

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。