新社会人になったら持っておきたい靴磨きの道具3点+1点

 

新社会人になられた皆さま、おめでとうございます。

 

スーツを着るようになって毎日革靴を履かれるという方も多いと思います。

 

 

 

雨だろうが雪だろうが関係なく、常に地面に面して自分を支えてくれているのが革靴です。
革靴が汚れやすいというのは簡単に想像がつきますよね。

 

そんな革靴を簡単にお手入れする方法と、靴磨きをする意味についてもこの記事の中でご紹介させていただきます。
是非読んでみてください!

 

 

靴磨き道具3点+1点

靴磨きに使う道具には用途に合わせていろんなものがありますが、革靴を綺麗にするだけなら必要最低限のものだけあれば大丈夫です。

 

 

①馬毛ブラシ
②豚毛ブラシ
③革靴用クリーム

 

あと、できれば④シューキーパーがあるといいですね。

 

 

毎日使う①馬毛ブラシと④シューキーパーと、月1で使う②豚毛ブラシと③革靴用クリームという2種類に分かれます。

それぞれ使い方をご紹介していきます。

 

 

馬毛ブラシとシューキーパーは毎日使うもの

①馬毛ブラシと④シューキーパーは、1日履いた革靴をお手入れするときに使います。

 

 

 

 

シューキーパーは革靴の反り返りを防止し、靴の甲の部分のシワを伸ばす効果があります。
革に油分や水分が少ない状態でシワが深くなりすぎると、シワからひび割れが発生してしまうことがあります。
ひび割れてしまった革を修復することはできないので、革靴を長く綺麗な状態に保とうと思ったら、できればシューキーパーを使われることをおすすめします。

 

 

 

 

そして、馬毛ブラシは靴についた付着した土やホコリを落とすためのものです。
ホコリは細かい繊維です。革についたままにしておくと、革に最低限必要な油分や水分を吸い取ってしまいます。
土などの汚れも同様になるべくすぐに落としてあげたほうが、革にとっては負担が少なくなります。

 

また、シューキーパーでシワを伸ばすことで、靴の隙間に入った土やホコリを落としやすくなります。

 

 

 

クリームと豚毛ブラシは月に1度使のお手入れに

毎日馬毛ブラシでブラッシングしていれば革の状態はかなり良い状態に保つことができるんですが、月に1度は革靴用のクリームで革に栄養を与えてあげるのが理想的です。

 

 

靴を長く使っていると雨に濡れたりして徐々に色褪せてきたり、油分が抜けたりします。
革靴用クリームを使うことで、革に栄養補給をしてあげると同時に補色もしてあげることができます。

 

指で直接塗ることで体温によってクリームの成分が溶けて、革に浸透しやすくなるので効果的です。塗りすぎないように薄く薄く塗り伸ばしていきます。

 

 

 

 

また、豚毛ブラシには革靴用のクリームを革に馴染ませる効果があります。
それと同時に革をマッサージする効果があるため、クリームを使うときに豚毛ブラシを一緒につかうことをおすすめします。

 

 

 

 

豚毛ブラシでマッサージした後は、古くて気なくなったTシャツの切れ端(ウエスなど)で、乾拭きして余分なクリームを落としてあげると、ツヤが出るだけでなく、サラッと仕上がりホコリが付きにくくなります。

 

 

 

この方法で月に1度お手入れしてあげると靴を綺麗に保てるだけでなく、靴が圧倒的に長持ちしますよ。
是非お試しください!

 

 

靴を磨く意味って?

 

この記事を読んでいただいてる方は、もしかすると靴磨きした方がいいのかなぁ?と思われてる方が多いとは思います。
しかし中には、なんで靴を磨かなきゃいけないの?って思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

会社に入社されるとき、恐らく社長さんや役職のついた方々(えらい人)から、入社の祝辞をいただくことと思います。もしよかったらそのとき、その人たちの革靴を見てみてください。

 

きっと革靴を綺麗にされている方が多いはずです。

 

 

 

アメリカの大学の心理学の研究では、靴を見ればその人の90%の情報がわかると言われているほどです。
性別はもちろん、年齢、収入、そのときの感情や性格までわかるという研究結果です。

 

僕も中小企業からベンチャー企業までいろんな社長さんにお目にかかりましたが、その研究結果に通ずるものがあると思います。

 

靴を綺麗にされている人が必ず出世するというわけではありませんが、大きな会社の役員をされているような方は必ずと言っていいほど靴が綺麗です。
見るからに高価そうな装飾の多い靴を履いている方から、シンプルだけど見るからにお手入れされていることがわかる靴を履いている方まで、いろんな靴を見てきました。

 

 

逆に、靴に全く関心がなく、かなりくたびれた靴を履かれている企業の代表をされている方にもお会いしたことがあります。あえて詳しく言いませんが、やはり先に述べた様な方とは考えや行動が違いました。

 

90%という数字はちょっと極端かもしれませんが、そのような研究結果があるということです。

 

 

 

でもよく考えてみると、それもそうだよなぁという気もします。

 

役員をされているような方は、人前に立つ機会がとても多いわけですね。
それに経済的にも余裕があるので、人前に立っても恥ずかしくないような仕立ての良いスーツや高級な革靴を買うことができるんですよね。

 

 

そして、もしあなたが綺麗な靴を履いていたら、その人達はきっとあなたの靴を見ます。いや、必ず見ます。綺麗にお手入れされた靴が好きな人は、他の人が履いている靴も気になるからです。

 

もしかすると、靴がきかっけであなたのことを覚えてもらえるかもしれませんね。
上の人の記憶に残ることってラッキーだと思いませんか?これから大企業で働かれるなら、なおさらそう思います。

 

なんとなく靴を綺麗に保つことの意味を理解していただけたら嬉しいです。

 

 

まとめ

靴が好きな人は他の人の靴を見ます。
不思議ですが、これは本当にそうです。

 

革靴を綺麗に磨くことで長持ちさせる効果があるだけでなく、もしかしたら同じ様に靴が好きな方に覚えてもらえるきっかけになるかもしれません。
個人的には、物を大切にすることが、人や周りに気をつかうことのできる精神を養うことに繋がるとさえ思っています。

 

靴磨きに必要な道具も、すごく高価なものばかりではありませんので割と簡単に手に入れることができます。
それで靴がずっと長持ちするのであれば、靴磨きのデメリットはほとんどないことがお分かりいただけると思います。

 

特に、スーツをパリッと着こなしたいオシャレさんは試してみてもらいたいです。スーツが綺麗でも革靴が色褪せてるとちょっともったいない気もしますしね。

 

 

 

今回ご紹介した靴磨きの方法は簡易的なものです。
もし靴磨きに興味を持っていただけたら、より詳しい靴磨きの方法をご紹介していますので、よければ試してみてください!

 

 

 

また、こちらの記事では靴磨き道具のセットもご紹介していますので、よければ見てみてください。

> プレゼントにぴったりの靴磨きセットのまとめ

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

革靴の磨き方もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。

 

はじめてでも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴を磨くことって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにも繋がるんです。さらに、靴を磨くことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています。

記事を読む

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。