何故音楽をやりたいかっていう話がしたいだけの日記

 

 

昨日は久々に名古屋市内のセッションにお邪魔してきました。

 

セッションホストの方は昔名古屋でお世話になったプロのジャズミュージシャンの方。
僕の2ビートが4ビートに比べて遅すぎると厳しく指摘してくださった方でした。

 

 

 

 

その方が初のCDを発売されてレコ発ライブにお邪魔したとき。

 

当時東日本の震災があった年だったりいろいろと大変な時代でした。
そんな世の中のいろんな出来事をその人はどう捉え、どう向き合ったかという話を、すごくまっすぐな目でMCの途中にお話されていたのを今でも覚えています。

 

すごく立派でした。
3つも4つも上の方に、立派なんて言うのは大変失礼な話ですが。

 

もちろん演奏も素晴らしかったんですけど、それよりその人が今と向き合っている姿勢や眼差しからそう感じたのでした。
人間が大きく見えるというか。

 

僕にとってはそんな方でした。

 

 

 

 

その人がもうひとつ僕に教えてくれたことは、自分がなんでジャズを(音楽を)やりたいか、見つけられるといいよねってことでした。

 

例えば、ええ格好でライブしてモテたいからジャズをやるのか。(まちがいない)

名古屋の有名なジャズバーで演奏するためにジャズをやるのか。(その時は名古屋にいたので)

ケニー・バロンやチック・コリアと対等に演奏できるようにジャズを追求するのか。

 

 

 

 

どれがいいとか悪いとかって話ではなく、自分がどうしたいかって話です。
そういう目標って、プロのミュージシャンだからとか、アマチュアで昼間仕事してるからとかって一切関係ないですね。

 

目標に向かって強い意志を持って頑張るだけ。
そう教えてくれました。

 

もしわからなかったら頼ってくれたらいい、相談してくれてもいい、と言ってくれました。
すごく素敵な方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも当時僕は、アマチュアとしてゆる〜く音楽をやっててそれ十分楽しかったので、自分がなぜ演奏するのかっていうのを掘り下げるのが正直しんどかったんです。
目標を設けると音楽が楽しくなくなってしまうんじゃ無いかと思って。

 

だから、その方の助言をないがしろにしてしまったのでした。

 

 

 

 

当時はセッションのホストを一緒にやらせてもらってたし、それを求められていたのかもしれません。
わかりませんけど、きっとそう。

 

だから上手くならなきゃ!というプレッシャーもありました。
でも、当時はわかってて逃げてたんですよね。

 

 

 

 

その後しばらくして転職を志したため、仕事以外の専門学校に行くようになりました。
音楽からも離れてしまったのでその方ともそれっきり。

 

その方は僕に対してすごくオープンに接してくださったのに、僕はそれに対して十分向き合ってこなかったことを後悔していました。

 

なので、僕が音楽やってる理由と向き合いたいと思って、
数年ぶりにその方がホストをしているセッションにお邪魔してきました。

 

その方にお会いしたのは数年ぶりでしたが、今まで通り優しい笑顔で声をかけてくれました。

 

 

 

 

ここまでが前置き

 

はじめまして、くすみと申します。
趣味でジャズのベースを弾いてます。

 

 

 

 

そんな感じで久々に地元のセッションにお邪魔したら嬉しいことがありました。

 

そしたら久々に演奏をご一緒させてもらった方に、こんなメッセージをいただいたのでした。(まぎらわしいけど別の方です)

 

 

※この時酔ってました

 

 

やっぱり、できれば多くの人に良く思われたいじゃないですか。
人間だもの。
見栄だってあるし。

 

だからあの人の期待にも応えて、違う人の期待にも応えて、さらに自分のやりたいこともあって…ってやってると、不器用な僕は全部上手くいかなくなるんですよね。
仕事でもなんでもそうでした。

 

というかそういう人生でした。笑

 

 

 

 

でも昨日、こんなLINEをいただいて思ったのは、僕が音楽を続けたい理由はこう言ってくださる方の期待に応えたいから。
それだけでした。

 

それだけでいいじゃんって思えるようになりました。

 

 

 

 

やっぱり地元に帰るのが毎回楽しみなのは、一緒に音楽をやらせてもらった皆さんに会えるからなんだよなぁと、今更ながらに思いました。

 

また皆さんと一緒に音楽がしたいんだなぁと心底思いました。

 

しかしながら音楽をやりたいという欲求の根底には、やはり人に見てもらいたいという欲求があると思うんです。
人に見ていただくからには楽しんでいただきたい。
だからうまくなりたい。
それもひとつのモチベーションなのは間違いないです。

 

でも。
ベースとドラムの位置関係の話とか、音響の話とか、外タレが手抜き演奏してた話とか。時には仕事の話とか。
そんなことを話しながらまた地元の皆さんと一緒に音楽をやりたいっていうのが、僕が一番どうしたいかっていう答えでした。

 

 

 

 

音楽と向き合うんだ!なんて、息巻いてセッションに挑んだけど、答えは案外こんなもんなんですね。笑

 

 

とか考えてるうちに、その頃の出来事とか良い思い出も嫌な思い出もいろんなことを思い出しておセンチな気分のまま僕の正月が終わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

エスプラナードギャラリー

名古屋市営地下鉄 丸の内駅から徒歩5分

> http://www.dessert.co.jp/

 


 

 

 

 

夜はフロアの神がいると伺ったのでこんなところにお邪魔してきました。
オープニングなので、神はそれほどお力を発揮されていませんでした。

 

残念!

 

 

 

 

明日東京に帰ります。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。