星野源がいい男に見えてなんだか気になるって話

星野源

 

男目線でいい男っていますよね。

 

いや、そういうのじゃなくて…

 

 

最近は我が家のYouTubeでは星野源の「地獄でなぜ悪い」が、ものっそい勢いで再生回数を伸ばしており、メロディだけでなく歌詞も大方口ずさむことができる、という浸透具合である。

 

もう、ものっそい勢い。

 

YouTubeループ再生できるようになったからね。

 

スポンサード リンク


 

曲だけでない、雰囲気が素敵

まずこれ。星野源は楽曲がいい。

 

曲がキャッチーなのに加え、声も嫌味がなく聴きやすい。PVの映像もおもしろいときている。

 

さらにコピー防止のためか、YouTubeのPVには曲の中間にDVDの宣伝とか舞台裏映像みたいなのが挿入してあって、その映像でもなにかしら必ずおもしろい一言をねじ込んでくる。

 

 

そうなってしまうと、こちらとしては星野源に対して好感を抱かないわけにはいかず、なんだかあのつるんとした顔や笑顔がなんだかとっても男前に見えてくるのである。

 

最初は好感と呼んでいたその感情も、次第に嫉妬みたいな感覚に変わってくる。なんだよ歌って踊れておもしろくて…と。

 

キャッチーな楽曲と彼のキラキラして爽やかなオーラが相乗効果をなして彼のイメージが我々に浸透する。

 

 

調べてみるとこれは仕方ない。
東京事変の浮雲氏と亀田誠治氏がレコーディングに参加してたりする。

 

そのせいなのか、東京事変の透明人間と星野源のGAGが似すぎてる。笑

 

 

 

俳優業から執筆業まで

星野源の才能が発揮されるのは音楽だけではない。

 

ドラマ、ラジオ、映画にとどまらず、僕の知ってる限りだとNHKの内村光良さんのコント番組に出演されてたりする。
書籍、雑誌での連載など、天は二物以上を惜しみなく与えてしまっているわけである。

 

僕みたいな凡人は、そんな彼に対してますます嫉妬心を抱き、しまいには彼の短所を探しはじめる始末。
ちょっと身長が低いことくらいに短所なんて特になく、そのキラキラしたオーラに圧倒され続ける。

 

 

ただただ撮影は楽しそうなものばかりで、その才能が羨ましい。

 

 

こんな男になりたい

歌も歌えて演技もできて本もかける、とそれを全部手に入れたいと思うのは贅沢だしきっと叶わない。

 

せめてあんな雰囲気だけでも手に入れられたら…
なんとなく周りを楽しませるようなキラキラしたオーラを放ち、人を巻き込むような、そんな雰囲気。

 

 

きっとお仕事上、アーティストとしてよいものを生み出したいという苦しみを味わうことも多いはず。
でもあんな人柄だったらきっと人が集まってくるんじゃないかと思う。

 

 

僕ごときがぱっと手に入れられるものではないことはわかってるけど、憧れたっていいじゃない。

 

いやぁ、いい男だよ。星野源。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。