時間的にも経済的にも自由になりたくて無職になりました

この度、本日2年2ヶ月お世話になったweb制作会社を退職して、無職になりました。

 

 

なんと心が穏やかなことか。
こんなにも朝の目覚めが良いのは久しぶりです。

 

 

退職 → 無職という選択に至った経緯や、働くということに対して思うことを書いてみようと思います。
仕事が辛くて辛くてたまらない人、仕事で人生が嫌になってしまっている人にこの記事が届いてくれるといいなと思います。

 

 

体力的な限界

 

別に会社に文句を言うつもりは全くないのです。

 

ただ、繁忙期の平均退社時間27時であることを黙認され、週の3日は社内泊かタクシーで帰宅。
体力的に限界だとアラートを出しても、業務改善をしろと言われる始末。

 

 

体力的な限界です。確かにこんな生活がいつまでも続くわけがありません。

 

 

 

奥さんがいるから土日は絶対仕事をしない、その代わり平日に死ぬ気で頑張る!というポリシーでいました。なので、仕事を土日に持ち越さないよう、少ない頭と体力をふりしぼって平日は死ぬ気で仕事をしてました。最後の方は死んでましたけどね。笑
でも、結果は平日死ぬ代わりに土日は疲れてどこにもいけず、ただただぐったりするという生活でした。

 

 

 

あれ、なんのために生きてるんだっけと。
悲しい気持ちになりました。

 

 

 

いつも下ばかり向いているので、よく地面に落ちている10円玉を見つけました。
あと虫の死骸とか、吐瀉物とか。笑

 

こんな人生嫌だ!と。

 

スポンサード リンク


 

ディレクターという職種

 

仕事は、webサイトをつくる仕事をしていました。

 

ディレクターはただただお客さんとのやり取りをして進行管理をするのみ。案件ごとに週に一度お客さんと定例会議を設け、構成やデザインをFIXさせてくる。

 

 

 

その他業務はこんなとこです…。興味ない方は読み飛ばしてください。

 

・お客さんとの定例会議
・お客さんとのやりとり(電話・メール)
・外注さん、パートナーさんのコントロール
・コストコントロール
・制作物の確認
・スケジュール管理
・お客さんからのフィードバックの社内共有
・wordpressの記事流し込み
・デバッグや検証
・提案書一部作成(競合調査など)

 

 

 

そいえば、ディレクターになりたかったのは企画とか提案ができるようになりたいと思っていたからだったのでした。
でも、そういうことは一切やっていない。笑

 

ディレクターならディレクターなりにクリエイティブに責任を持つべきというご意見もあるのも承知してます。忙しいのは言い訳だと。ディレクターの立ち位置でも制作にアイデアを盛り込むことだってできるじゃないかと。

 

 

 

もちろんその通りです。
できることはいっぱいあるはずです。もちろん僕のスキル不足で無駄な作業や時間がかかりすぎていることがあったかもしれません。
いつの間にか、自分がそもそもやりたかったことは日々の業務に忙殺され、ただただ仕事をこなすことが目的になっていました。

 

 

辞める直前、お客さんの要望に対して、じゃあこうしませんか?とかこんな見せ方がいいかもしれませんね、みたいな話で喜んでくださってたのはすごくやりがいがあったんだけど。

 

でもそんな若い頃の志を思い出してはそっと心の奥にしまったりしました。

 

 

自分でもわかっていた

 

ディレクターという職業が不向きなのは自分でもわかっていました。
人と話すのが得意じゃないってわかってるんだから、向いてるわけがないんです。笑

 

 

 

でも、向いてなくても苦手でも、頑張って続けていけば必ずできるようになると思っていました。いや、それは今でも思っています。時間はかかると思うけど、今でも思ってます。
ただ、それを続けるには体力的にしんどかった。もう、徹夜明けの日はボロ雑巾ですよ。体力も精神力もある方じゃないし。

 

それでもお客さんのところへ行って話をまとめてこないといけない。

 

 

 

そのために頭痛薬と胃薬を一日置きに飲んで会社に行く生活。これって幸せなんだっけ?と。
仕事のやりがいと自分の身体なら、天秤にかけるまでもありません。

 

 

ただ、会社は自分のことを守ってくれません。

誰が自分の身を、自分の人生を案ずるのか。自分です。

 

 

なんと言われようが幸せに生きる権利がある。
とにかく、こんなに身を削って仕事をする人生は選択したくないと思ってしまったんです。

 

 

仕事辞めて何すんの?

って必ず聞かれます。

 

幸い、ネットビジネスで家賃がギリギリ払えない程度の副収入(調子のいい時ですけど)はありました。貯金を切り崩しつつ、ダメならバイトでもして、なんとかそっちで生きて行こうかなと。

 

ネットビジネスをやると言うと、バカにされるか哀れみに満ちた言葉をいただくので、あまり言わないようにしていました。

 

 

 

 

次決めてから辞めた方がいいよ」と。

 

 

放っとけ

ディレクターが不向きだってことは僕以上に周りの人が知ってるはずなのに。笑

 

 

考え方の変化

 

厳しい状況を経験して考え方が変わりました。

 

一生懸命働いても体を壊してしまったら何も残らない。それよりは、違う方法にチャレンジしてみようと。
まだやりたいことがたっくさんあるので、いつまでたっても仕事で心と体を削る人生は嫌だなと。

 

というわけで30歳だし、人生における選択をするにはいい機会だと、次の職場を探さないで仕事を辞めるという選択をしてみました。

 

 

 

ちょっと話が逸れましたが、今毎日深夜まで働いている方。

 

どうかお体を大事にしてください。

 

自分の人生を生きてください。人生はたった一度です。

 

 

 

あなたを守るのはあなた自身です。
自分で選択してください。辛い状況であるはずなのに、できない言い訳を考えたり、何かに身を委ねてはいけません。
仕事で消耗している人にこの記事が届いてくれることを願っています。

 

 

転職という選択肢も

 

僕の仕事を辞めるという決断はちょっと極端だとは思っています。

 

 

もしかすると、今よりもっと働きやすい環境があるかもしれません。

転職サイトへ登録だけでもしておけば、いざという時にすぐ動き出すことができますからね。

 

 

僕も何度も転職してきましたが、やはり環境はいろいろでした。
合うところは合うし、合わないところは合わないです。でも、もし今のお仕事が本当に辛くて辛くてたまらないのであれば、短い人生でその辛い時間を費やすのはすごくもったいないと思うんです。

 

 

 

もし、企業の口コミを調べておきたいという方にも、『キェリコネ』というサービスがあります。

 

キャリコネ、登録するのはちょっと面倒です。
しかし、無料で10万件以上の企業の口コミが見れて、さらにエージェントが無料でサポートしてくれるので、まだ転職は慎重にしたいという方にはとてもおすすめです。

 

●10万件の企業口コミ。キャリコネ

 

企業の口コミで有名な『転職会議』は口コミを見放題にしようと思ったら、月額980円かかりますからね。

 

 

人生は短いです。

自分の人生を生きましょう!

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
@starfish0925 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高21万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ