最高の結婚式を挙げるために。vol.1

marriage

 

結婚といえば人生の一大イベントと位置付けてよいと思うのだけど、
どうせなら盛大にとかちょっと変わった結婚式にしたいという人は多いんじゃないか。

 

 

僕は、自分が結婚式をするのであれば来ていただく皆さんには楽しんでもらいたいと常々思ってきた。盛大にとはあんまり思わない。
自分の結婚式って、自分の大好きな人たちにわざわざ来てもらって、自分の結婚を祝ってもらうんだから。
それってとっても幸せで素敵なことだし、そういう場であるからには来ていただく方には楽しんで帰ってもらいたい。欲を言えば忘れられない結婚式にしてやりたい、とさえ思う。

 

 

とはいえ、実際それを企画したり考えたりする状況に立たせると、ただ漠然と楽しんでもらいたいという気持ちがあるだけで、特段何か具体的なアイデアがあるわけではない。
そんなわけでただただセオリーどおりにゼクシィを購入し、そこに書かれているブライダルフェアに行って、ほんとは複数回るはずが1件目ですんなり決めちゃったりするだろなぁなんて想像してたりもした。
それ以外の方法を知らなかったので、全く別の想像を抱くことはなかった。

 

 

でもたまたまFacebookの広告で、自分たちに合った、自分たちの個性を表現できる結婚式を提案します、と唱っている会社を見つけた。
CRAZY WEDDINGという会社。
ただただ漠然と、何か面白そうなものを期待して、問い合わせフォームから打ち合わせのアポを取る。
お話を聞きに行ったら、まぁおしゃれなオフィスで広くて綺麗で、おもしろそうな会社だった。
働き方に関してもいろんなメディアに取り上げられて話題になっているみたい。

 

 

その会社の実績を見たり話を聞いたりすると、それぞれの結婚式に対してしっかりコンセプト立てがされていて、デザインは全部それに基づいて作られているようだった。
コンセプトは新郎新婦から根掘り葉掘りヒアリングをして、会議を経て決まるのだそう。
一貫性があるのと、デザインだけでなく、写真や映像が素敵だった。
高い買い物なのに、なんだか不思議なくらいあっさり決めてしまって、そんな自分に驚いている。後悔は全くしていないのだけど、とにかく驚くほど簡単に決めてしまった。

 

 

あっさり決めてしまったことを後々思い出して、いろいろ考えたりする。
あと、せっかく高い買い物をしたのだからいいものにしたい気持ちがますます掻き立てられる。
その会社にお願いすればとても楽しそうな結婚式ができそうではあるのだけど、本当にそれを実現しようと思ったら僕らの意思もそこにしっかり反映されている必要があると思う。なぜなら、我々の結婚式のコンセプトから何から、全てがその会社に提案されたもので構成してしまうと、僕から大好きなみなさんへの感謝の気持ちが本当に伝わるか、というところに疑問を覚えるからだ。

 

僕個人としては、結婚式を人生のプロジェクトと課して、CRAZY WEDDINGの方と一緒にいいものを作っていきたいと思っている。
僕が大好きなみなさんのことをどれだけ好きかという部分が問われる部分だと思うし、もちろん奥様のご親族やお友達にも楽しんでいただけるものにしたい。

 

 

漠然と「楽しんで笑顔で帰っていただけたら嬉しい」という考えでいるけど、そこには僕の皆さんに対する感謝の気持ちやホスピタリティを如何に表現するかということが求められる。それをこれから深く深く考えていかなければいけない。

 

 

全然まとまってないが、公開しちゃう。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
@starfish0925 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高21万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ