次に買う革靴を決めるのは、20年後になりたい自分を想像すること

 

 

最近の悩み。
次に買う靴どうするんだ?って問題です。

 

 

何故ここまで悩むかというと理由は2つある気がします。
1つ目は、長く履くものだから。
2つ目は、悩んで悩んで悩み抜いた末に買う方が納得できるから。

 

って思ってます。

 

 

なんとなく見てて、「この靴素敵だなぁ〜手が届く値段だなぁ〜」っていう衝動で買うのもスリリングで良いんですが、悩みに悩んだ末に買ったものの方が納得して買えるし、何より愛着が沸くんです。
そうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の場合はそういうケースが多いです。

 

これは靴以外のものも同じです。

 

 

でも、いつまでもモンモンしてるのはイヤなので、ここらでちょっと腰を据えて真剣に考えてみようと思います。
同じように次に買う靴についてお悩みの方の参考になれば、という思いでパソコンに向かっています。

 

よければお付き合いください!

 

 

欲しい靴 = 気に入った靴?

まず何も考えず、無邪気に欲しい革靴だけを列挙するのであれば、このあたりの革靴が欲しいです!

 

John Lobb – City Ⅱ

 

この質感…
ただただため息です。

 

 

次はこちら。

EDWARD GREEN – Chelsea

 

もちろん他にも欲しい靴はたっくさんあるのです。

 

 

 

しかし、一度に全員は愛せない!
ちょっとずつタイミングをずらしてひとりずつ順番に愛を育むという方法しか僕にはできないのです。

 

一途な男なのです!

 

 

じゃなくて、そんな10万も20万もするものをバンバン買える金銭的余裕はないわけですよ!
コスパの悪い趣味に手を出したよなぁと、我ながらね。笑

 

 

だからまずは一番現実的な話をしなければなりません。
予算を決めようと思います!

 

 

予算を決める

ほんとは予算は決めたくなかったんですが、やっぱり20万の靴を買うことはできません。
そろそろPCも買い換えなきゃいけないし、他にもたっくさん欲しいものがあるのです!

 

なので、シューツリーもクリームやブラシも全部込みで15万円までとしたいと思います。

 

 

 

しかし、去年購入したこちらのカルミナのパンチドキャップトゥの茶靴。

 

 

 

僕が今まで履いた靴の中でも一番良い革質でした。9万円後半だったわけですが、その価格でこの革質の靴が買えるなら、15万よりもう少し安くても気に入った靴に出会えるかもしれません。

 

 

 

ただ理想を言えば、すごく気に入った靴があるのに、金銭的理由で買わないというのは避けたいわけです。

 

しかし、やはり現実的に考えると、伊勢丹メンズ館でいう、あの奥の高い靴ばっかり並んでいる暗い部屋には行くべきではないと思うのです。
手前の広いスペースの範囲内で選ぶつもりです。笑

 

(中古靴をヤフオクで探すという手段もありますからね!)

 

 

ストレートチップの靴が好き

SHETLANDFOX – Kensington Ⅱ

 

 

欲しい靴でもご紹介しましたけど、僕はストレートチップが好きです。

 

フォーマルでオーソドックスで…何よりシンプルです!
ただただ素敵。
どこに履いていってもいいですしね。

 

 

もし僕が大富豪でストチ収集欲を満たすことができるなら、いろんなブランドのストチを靴箱に並べたい。
そう思ってます。

 

そしてデリクリで愛でたい…

 

 

好きな種類の靴ばかりを買うのか?

でもきっとそれが叶った時、絶対に革質や履き心地で優劣がつきます。
それはそれでなんか悲しいし、ストチだけで人生を終えるのは少々味気ないなと思うわけです。

 

 

なので、多少冒険をしてでも、できるだけいろんな種類の靴を経験した方が、僕のシューライフは豊かになるんじゃないかと思うんです!(重要
そういう人生を選びたいのです!

 

あと、どうせ世界中のストチを集めたら集めたで、ローファーとかブローグの靴がよく見えるんですよね。笑

 

 

じゃあ、持ってない靴を買うとしたらどんな種類がいいでしょうか?

 

 

持っているの靴の傾向を知る

まずは今所有してる靴を一度しっかり認識したいと思います。
あ、同じの持ってた!ってならないように(絶対なりませんけどね)

 

 

 

こちらで全部です。
雨の日用の靴は含まれていますが、古くなったもの実験用のもの、カジュアルなものは載せていません。

 

 

まとめるとこんな感じです。

 

ブランド デザイン 製法 備考
Bettaccini ストチ マッケイ ・ハイシャイン練習用
・革質はあまり良くない
CARMINA パンチド
キャップトゥ
グッドイヤー
MAGNANNI ダブルモンク マッケイ
Berwick タッセル
ローファー
グッドイヤー ・ダイナイトソール
・雨の日用
ISETAN ストチ グッドイヤー ネイビー
ISETAN コイン
ローファー
マッケイ ネイビー
(緑寄り)
5351 POUR LES HOMMES ブローグ セメンテッド ・雨の日用

※順不同

 

この靴たちの傾向を見ていきましょう。

 

色の傾向

まずは色についてです。
ご覧の通り、黒が多めです。

 

黒は合わせやすいからですね。パンツの色を気にせず、気兼ねなく履けます。
今日はどの服を着ようかな?じゃなくて、今日はこの靴を履くからこの服にしようという流れで考えることが多いので、靴が黒だと服は全く悩みません!

 

しかし、ここは悩ましいところ…。

 

また黒なのか?結局お前は黒しか選べない、そんな保守的でつまらない人間なのかと言われているようです。(誰も言ってない)

 

 

また、茶色は持ってるけど、ミディアムブラウンです。
ライトブラウンやダークブラウンは持っていませんからね。
茶色にもいろいろあるのだということを忘れてはいけません。

 

なので、違う種類の茶色も視野に入れて検討すべきです。

 

デザインの傾向

 

次に、パンチドキャップトゥも含めると、キャップトゥが4足。

 

 

 

そしてこのレベルソ仕上げが好きです。
レベルソ仕上げは3足。

 

そう、やはりなんとなく好きなデザインに偏っているのがご覧いただけると思います。

 

 

だから次は、ステッチの入ったもの、装飾の多いものを果敢に選ぶのもアリなんじゃないかと。

 

 

 

逆に、選択肢を広げるために簡単に持ってないデザインを列挙します。

・Uチップ
・ウィングチップ
・ブーツ系

 

次に、あるけど少なめのもの。

・外羽根
・プレーントゥ
・ブローグ系

 

他にもあるかと思いますが、これくらいにしておきます。
あと実は案外、紐靴が半分だったりします。

 

 

 

やはりブローグが少なめです。
カルミナを買うときは、チーニーのフルブローグ(arther ⅲ)を買うつもりだったんです。

 

 

実際チーニーのこの靴は伊勢丹にも置いてあってカルミナの横に並べてみたんですけど、革質も形も圧倒的にカルミナの方が好みだったんですよね。

 

なので、冒険するならブローグに挑戦してみたいと思います!

ブローグの靴、お手入れも大変そうで楽しみです。笑

 

 

実用性は十分か

デザインだけでなく、実用性も十分考慮した上で靴を選ばなければいけません。

 

 

ファッションとしての要素もあるし、サイズや履き心地も自分の足に合うものでないと…
買ったはいいけど全然履く機会が無い…というのが一番悲しいですからね。

 

あと、靴が人に与える印象についても知っておくべきです。TPOによって履くべき靴みたいな話もあれば、パンツやソックスと靴の組み合わせも知っておくべきなのかもしれません。

 

 

ただ、残念ながらファッションについては非常に疎いワタクシ。
パンツと靴の色の組み合わせについて、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

 

パンツと革靴の組み合わせについて

きっとコーディネート全体で考える必要があるとは思いますが、パンツと革靴の色の組み合わせで検討していきたいと思います。

 

 

よくあるパンツの色と、よくある革靴の色との組み合わせを、全ての組み合わせで検討してみましょう。
行がパンツ、列が靴です。

 

黒靴 茶靴 紺靴
黒パン  ○
白パン  ○
紺パン(デニム含む)  ×
ベージュ(チノパン的な)
グレー  △

 

 

パンツ、靴それぞれのデザインにもよると思いますが、黒のパンツに茶色の靴っていけるんでしょうか?
そこがイマイチわかりません…
インスタとか見てると、あるはありますけどね。

 

繰り返しになりますが、茶色にもライトブラウン、ミディアムブラウン、ダークブラウンといろいろあります。
ただ、なんとなく濃いめの茶靴であれば、パンツの色を選ばない気がします。
いかがでしょうか…

 

そしてやっぱり黒の靴は優秀ですね。
協調性の高さ!

 

 

 

全体的に『?』や『△』が多くてすみません…
いずれにしてもファッションに軸を置いて革靴を選ぶというのは僕にはちょっと難しい…笑
正解がわからないですからね。

 

個人的にはそれほどファッションにお金をかけるつもりはないのです。
ただどうしても気に入った靴であれば、それに合ったパンツやソックスを買うという選択も辞さない覚悟ではおります!(どっちやねん)

 

 

革の素材について

コードバン持ってなかったり、スエード持ってなかったりと、まだ持ってない革の種類もたくさんあります。
なので、革靴の素材から検討する余地もあるのではと考えました。

 

 

僕が持ってない素材はこちら。

・コードバン
・スエード、ヌバック
・エキゾチックレザー
・エナメル
・その他

 

こんなところでしょうか。
その他と書いたのは、以前こちらの記事でご紹介したゾウの革やカバの革でできた靴もあるようなのです。
他にも、ラクダ、トナカイ、ワニ、シカ、サメなど…
非常に希少性の高いものと思われます。

 

なので革の素材から選ぶというのは少々難易度が高い可能性がありそうです。数が少ないので、母数が圧倒的に少なくなりますからね。

 

 

 

シボ革もいいなぁって思うんです。
クロケットジョーンズのこちらのお靴。

 

Crockett&Jones – Ashford

 

とっても魅力的です。
革のプロダクトとして好き。

 

 

とっても素敵だと思うのですが、ちょっとソールが厚い気がします。
そうなると、自分が履いているのを想像できないんですよね。

 

この靴が細身のパンツに合うという確信が持てない以上なかなかこれと決められないものです。
好きな靴が欲しい靴ではないということでもあります。

 

 

製法から考える

製法というのは靴底の製法です。
> 製法についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています

 

グッドイヤーとかマッケイとか、いろいろあるわけですね。
製法によってはソール(靴底)を丸ごと交換するのに向かないものもあります。なので、長く靴を履こうと思ったらソールを丸ごと交換できる製法を選ぶべきなのは間違いないと思います。

 

 

 

ただ、自分が持っていない靴タイプの靴を選ぶのが目的になりつつあるのと、僕は何より自分が履きたいと思う靴を選びたい…
履く時にテンションの上がる靴を選びたいと、そう思っています。

 

なので、長持ちさせることが目的なのではなくて、履くのが楽しみな靴・気持ちよく履ける靴を探したいと思っています。なので、気に入ったデザインの靴を見つけることを優先し、製法を重視して選ばないことにします。

 

 

製法は履き心地にも影響してくる話だと思いますが、まだ僕の経験上しっかり履き込んでみないとわからない部分が多いです。

 

指の付け根の左右の骨と、かかと周りがしっかりフィットして支えられているか。そこに注意して靴を選んでいきます。
長く履くものなので、履き心地は大切です。足に合わなくて気持ち悪い状態で履き続けるのは辛いですからね。

 

 

 

もちろん金銭的余裕があったらいろんな製法を履き比べてみたいです!
でも、1年に1足買っても10年後には18足になります。

 

18足って結構十分じゃないかと思うんですけど、どうなんでしょう?
18足持ってたら、20足欲しくなって、20足持ってたら30足欲しくなるんでしょうか?笑

 

 

いや、欲しくなる気がするなぁ…笑

 

 

産地から考える

これも製法と同じ考えです。

 

 

国産の靴を履いてみたいという気持ちは十分ありますが、やっぱり自分のテンションがあがる靴を選びたいと思います。

 

国産の靴はきっと日本の良さを感じられるつくりだと思うんです。
日本で設計された日本人の足に合う木型で作られているものが多いんじゃないかと。なので、すごく興味はあります。

 

こんなに違うのかって思い知らされたい。それくらい期待はしています。

 

 

あと、スペイン産の靴が4足あるので、次もスペインで揃えたいっていう気持ちもちょっとあったりします。笑

 

 

ざっくり方向性を決める

持ってる靴の傾向から、やはりブローグと茶色の靴が少ないだろうということで茶色のブローグは、候補としてかなり有力じゃないかと思われます。

 

ブローグに決めるのであれば、黒より茶がいいなって思ってます。黒より茶のブローグの方が穴飾りが目立つ気がするからです。

茶靴と書きましたが、色については柔軟に考えたいと思います。茶色もいろんな茶色がありますからね。

 

ブローグにするなら…

一応知っておいた方がいいのは、ブローグにも種類があるということです。

 

一言でブローグといっても、
・クオーターブローグ
・セミブローグ
・フルブローグ

と3種類あります。

 

 

また別の記事にしようと思いますが、
クオーターブローグの方が穴飾りが少なめ、フルブローグの方が穴飾りが多め、セミは真ん中、という感じです。

 

個人的にはやはりシンプルなデザインが好きなので、クオーターかセミあたりを狙っていきたいと思います。
でもやはりメダリオンも経験してみたいので、セミが有力なのかなぁ?って思ってます。

 

ブローグにするなら、ですよ?笑

 

 

今もっているカルミナと色が似てしますのですが、これくらいのブローグならスッキリしていて、履きやすそうです。
もう少し濃い目の茶色なら即決です。

 


GAZIANO GIRLING – St. James ii

 

 

 

ただ、金額的にアウトでしょうね!笑

 

 

試着あるのみ

 

欲しい靴が決まったら、あとは実物を見て決めるしかありません。
当然のことながら売っているものしか買えませんし、実物を見て「あれ?案外好みじゃないぞ…」ってなる可能性だってあるかもしれませんからね。

 

 

革靴は履いていく過程で足に馴染むので、足に馴染む靴かどうかも見極める目も必要です。
でもそれは、いろんな靴を経験することで培われる感覚だと思うのです。

 

だから、多少の失敗も必要なんじゃないかとも思ってます。
いきなり足なじみの良い素晴らしい靴に出会えた方はラッキーか先天的な才能だと思います。笑

 

 

 

そして、今この段階で具体的にこのブランドのこの靴!って決めないのは、実際に見に行ったときにもっと気に入る靴があると確信しているからなのです。

 

あと、靴を買う場所として新宿の伊勢丹しか選択肢がないのですが、他にも見るべきところがあるはずです。
銀座の三越とか阪急とか。
具体的にブランドを絞って、その店舗に靴を見に行くのもいいかもしれません。

 

今度、1日かけていろんな店をまわってみて、その特徴なんかもご紹介したいと思います。

 

 

その靴と20年付き合えるか

仮にこの靴を買ったとして、10年先も20年先も履き続けられるかということを想像してみます。

 

40歳、50歳になったとき、この靴を履いていることが想像できるかというのはとても重要な気がします。
決して安い買い物ではありませんからね。

 

それは逆に、10年後20年後になっていたい自分を想像することでもあるわけです。
我ながらいいこと言う。

 

 

 

もちろん趣味嗜好は変わる可能性はあります。
でも、飽きがこないずっと履いていたい靴を選べるかどうかも大切だと考えています。

 

 

 

どうですか?
いや、そこまで考えて靴買わないでしょ?って思われる方もいらっしゃると思いますが、僕はここまで十分考え抜いて買った靴なら、納得して買うことができると確信しています。

 

愛着を育むための過程とも考えられます。

 

 

 

ちょっと回りくどい文章になってしまいましたね。
人様の為になる文章だったかどうかわかりませんが、個人的にはだいぶスッキリしました。
なんとなく、方向性が決まったので。よかった!

 

方向性が決まるまでは、インスタとかツイッターに並ぶストレートチップを指をくわえて見ている毎日を過ごしていました。笑
ようやく他のことに集中できそうです。

 

 

 

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうとざいました!
ここまで読んでくださった方も、素敵なシューライフを楽しんでいただけることを願っています。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメント

  1. 白桃 より:

    少し前からこちらのブログを拝見させて頂き、革靴に対する考え方が180度変わりました。
    これまでは激安革靴を1年に一足履きつぶしていましたが、こちらのブログをキッカケに徐々に手入れするようになり、高くはないですが、最近ようやくこれだ!という靴を購入して手入れに励んでいます。
    20年後を見据えた靴選びと言うのが響いたのでコメントさせて頂きました。
    これからも拝読、勉強させて頂きます。

    • くすみ より:

      白桃さま、嬉しいコメントありがとうございます!!!!
      そう言っていただけると本当にブログを続けててよかったと思います。涙
      これだ!と思われた靴を大切に履いていらっしゃるお姿を想像すると嬉しくなります。
      僕がご紹介している方法が必ずしも正解ではありませんが、これからもお役に立てる記事を頑張って作っていきたいと思います。
      とにかく靴との人生を楽しんでいただければ何よりでございます。
      いつかご自慢の靴を眺めながら一緒にお酒が飲む会でお会いできたら嬉しいです!笑

  2. さとう より:

    初めまして!カルミナを検索してこのサイトにたどり着きました。私もカルミナの黒の内羽プレーントゥを一足所持しておりますがくすみ様と同様この価格で販売しても良いのかと思うほど頑丈で履き心地が良くて感動しております笑 正直カルミナより価格帯が上の高級ブランドにも引けをとらない感覚です。私は3年ほど使っておりますが雨の日雪の日履いても酷い劣化もなく素晴らしいブランドだなぁと思っております。他の靴も拝見させて頂きましてとても素敵な靴を多く所持されているようで素晴らしい革靴ライフをエンジョイされてると思いました。これからも定期的にブログ拝見させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。

    • くすみ より:

      さとうさま、嬉しいコメントありがとうございます!
      とてもよくわかります!カルミナを買うとき似た色・形の靴をたくさん試着させていただいたのですが、デザインもさることながら足にしっくりくる感覚が違い驚いたのを覚えています。
      さとうさまもきっと靴を愛されてエンジョイされていらっしゃる方かと思いますが、これからも地道に革靴の魅力を発信していきますのでよろしければお付き合いいただけると幸いです!
      (カルミナ黒のプレーントゥ、とっても拝見したいです!笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。