初心者でも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)

 

靴磨きって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにもつながるんです。

 

 

靴って決して安い買い物じゃないですよね。
せっかく気に入って買った靴を少しでも長く良い状態で履いてもらえるよう、簡単な靴磨きの『7つのステップ』をご紹介します。

 

靴磨きセットがあれば決して難しくはありませんので、是非お試しください!

 

 

靴を磨くための靴磨き用品はこちらでご紹介してます。
●参考記事:靴磨きセットのご紹介!

 

 

STEP1 靴を磨く準備
靴磨きのSTEP1

step1 靴を磨く準備

 

まずは、革靴の形崩れ防止やシワを伸ばすためにシューキーパーを入れます。

 

また、すみずみまで汚れを落とすために靴ヒモもほどきます。

 

※Sleipnirのシューキーパーはリーズナブルな割に形が綺麗で、サイズ展開(24〜28cm)も豊富です

 

シューキーパーの選び方は、こちらの記事でもご紹介しています。
シューツリー選び方と入れるタイミングについて

 

 

STEP2 ブラシで土やホコリを落とす靴磨きのstep2

STEP2 ブラシで土やホコリを落とす

 

馬毛ブラシで土やホコリを落とします。

 

コバ(靴と靴底を縫い合わせた部分)の周りやヒモを通す部分の裏側も丁寧にブラッシングしましょう。

 

※馬毛ブラシは毛先が細くしなやかなため、ホコリ落とし用のブラシとして最適です

 

 

STEP3 クリーナーで汚れや古いクリームを落とす靴磨きstep3

STEP3 クリーナーで汚れや古いクリームを落とす

 

ステインリムーバーと呼ばれる専用のクリーナーを使用します。

 

指に巻いた布に500円玉程度のクリーナーをしみ込ませ、汚れが気になる部分を中心に小さな円を描くようにして磨いていきます。
気になる部分の汚れが落ちたら、靴全体にクリーナーを塗り伸ばして古いワックスやクリームを落としていきます。

 

※M.MOWBRAYのステインリムーバーは、水性なので革へのダメージが少なく防カビ効果もあるので安心です

 

ステインリムーバー については、こちらの記事でもご紹介しています。

革靴用の汚れ落としはステインリムーバーがオススメです!

 

 

STEP4 乳化性クリームで革に栄養を与える靴磨き step4

STEP4 乳化性クリームで革に栄養を与える

 

乳化性クリームと呼ばれる靴に水分と栄養を与えるクリームを塗っていきます。

 

成分は、水と油と蝋(ろう)で、透明のビンやチューブに入っているものがほとんどです。

 

 

 

靴磨き塗り込む

 

手に布を巻いたら米粒2~3粒程度を布にとり、靴に円を描くように塗り込んでいきます。
決して塗り過ぎる必要はなく、わずかな量が靴全体に行き渡れば十分です。

 

体温で温められると、クリームの成分が革にしみ込みやすくなるので素手で塗っても効果的です!

 

※サフィールノワールはエルメスの革ケア用品を手がけるブランドです。CREME1925は浸透性もよく重厚感のあるツヤが出ます。色も充実の13色展開と豊富です

 

 

サフィールノワール・クレム1925については、こちらの記事でもご紹介しています。

改めてサフィールノワールの革靴用クリーム、クレム1925の素晴らしさを思い知る

 

 

STEP5 ブラシで磨いてクリームを馴染ませる靴磨きstep5

STEP5 ブラシで磨いてクリームを馴染ませる

 

豚毛ブラシで靴をブラッシングしていきます。

 

これは、余分なクリームを落としクリームを靴になじませることと、革自体をマッサージすることが目的です。
少し強めでも大丈夫ですので、しっかりと丁寧にブラッシングしましょう。

 

※豚毛のブラシはコシが強く毛先が硬いため、革にクリームを馴染ませるのに最適です

 

 

STEP6 クロスで磨いて艶を出す靴磨きstep6

STEP6 クロスで磨いて艶を出す

 

山羊(ヤギ)毛のブラシや、艶出し用のグローブクロスがあれば問題ないのですが、無ければパンストでも大丈夫です!
とにかくキメの細かい布で磨きます。

 

このとき、余分なクリームをしっかり拭き取るイメージで磨いていきましょう。ご覧の通り、しっとりしてツヤツヤです。

 

 

 

STEP7 鏡面磨きで仕上げSTEP7 鏡面磨きで仕上げ

仕上げには油性のワックスを使って鏡面磨きと言われるつま先部分をピカピカに磨き上げる作業です。
特にこの鏡面磨きは革の通気性を損なうというデメリットがありますが、見た目は非常に美しく仕上がります。

 

ワックスを少量布にとり、つま先部分に塗ります。その後、水を1滴垂らし塗り込んでいくように磨きます。この作業を5~6回繰り返しすとピッカピカのつま先の完成!

 

 

 

●鏡面磨き(ハイシャイン)の方法はこちらの記事をご覧ください。

はじめてでも簡単!鏡面磨き(ハイシャイン)の方法
鏡面磨き_メインビジュアル

革靴のお手入れが済んだら、是非鏡面磨きにもトライしていただきたい。鏡面磨きははじめてという方でも簡単な『3つのステップ』をご紹介させ…

記事を読む

 

僕は、鏡面磨きはあまりしないので、STEP6の「クロスで艶を出す」までの工程で完成です!

 

 

左が磨いた後、右が磨く前です。
サフィールノワールのクレム1925(Navy)で補色もできたので、重厚感のある紺色とツヤが出ています。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
実際やってみるとそれほど難しくはなく、慣れてくれば1足 10〜15分程度でできてしまいます。

 

そして、お手入れをする頻度は月に1回で十分です!それだけで革がやわらかくなって履きやすくなるだけでなく、靴が長持ちしますよ!

 

いつもは汚れてカサカサだった革靴が、しっとり艶やかになったら素敵じゃないですか?
靴磨きが気になった方は、よろしければお試しください!

 

 
試しに動画を撮影してみました。
部屋着なので、近々撮り直します。笑
 

 

 

セット販売している靴磨きセットを価格別・ブランド別にまとめてみました!靴磨き用品をお持ちでない方だけでなくプレゼントをお考えの方にもとってもおすすめです!
是非参考にしてみてください!

 

プレゼントにぴったりな靴磨きセットまとめ

 

 

その他の靴に関する記事

おすすめの革靴用クリームをご紹介しましたが、他にもたくさんある中で「結局どれ買えばいいの?」と思われる方へ靴のクリームをまとめた記事をご用意しました。

 

靴を大切にことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています!

 

革靴クリームの種類を比較して、さらにおすすめクリームもご紹介します!

革靴用のクリーム、何買ったらいいかわからないとご相談いただくことがあります。メーカーも種類もいろいろあるし、乳…

記事を読む

 

 

革靴や靴磨きに関する記事を他にもたくさんご用意していますので、是非ご覧ください。

革靴や靴磨きに関する記事の一覧はこちら

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサード リンク

コメント

  1. 臼井なつみ より:

    はじめまして。
    臼井と申します。
    革靴クリーニングのビジネスをしたいのですが、アドバイス等頂きたいです。
    よろしくお願いします。

    • くすみ より:

      臼井さま
      コメントありがとうございました。
      革靴のクリーニングのビジネス、素敵ですね!是非応援させてください!!

      まず、革靴のクリーニングに関する技術はすでにお持ちでしょうか?
      もしお持ちでしたら、すぐにでもビジネスをはじめられることをおすすめします!
      その時、他の人がどうやってやっているか参考にするのはいいかもしれませんね。例えば、ウェブサイトをつくって全国から宅配クリーニングを受け付けるとか。

      参考サイト
      ・www.kutsulenet.jp/
      ・www.takuminuki.com/bikutsu_okzlp/
      ・www.kutsusenka.com/shoe-cleaning/
      ・www.riat-rs.com/service/cleaning.html

      もし技術はまだ…ということであれば、靴のクリーニング店や個人の方に会いに行ってクリーニングの方法を聞いてみるのはいかがでしょうか?

      ご不明な点などあれば遠慮なくご連絡ください。よろしくお願いしますね。

  2. ワイルド より:

    靴磨きクリームの塗り方というか使い方について教えてください。 クリームを塗った後塗ったところを水をしみこませたタオルで磨くと聞いたんですが、効果あるように思いません。 単に縫ってブラッシングしたほうがいいんでしょうか?

    • くすみ より:

      ワイルドさま、コメントありがとうございます。
      鏡面磨きをするとき、ワックスの上に水を垂らして磨くという方法は一般的ですよね。布に水を染み込ませると、水によって布と革との摩擦が少なくなるので、クリームを塗ったときでも同じような効果が得られるのかもしれませんね。クリームにも多少ワックスの成分が入っていてツヤが出るものがありますので。
      ただ、それをやるのはブラッシングをしてクリームを革に馴染ませた後の方がいいのではないかと思います。よければ参考になさってください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です