洋画のラブコメが好きな理由を考えてみた【ラブ・アゲイン】

 

個人的な話で恐縮なのですが、映画のジャンルはラブコメが好きです!
特に洋画のラブコメ。

 

 

普段あんまり映画を見なくて、ごくごく稀に「これ見たい!」っていう衝動に駆られて映画館へ足を運ぶことがあるくらいです。
それ以外は、深夜にやってるフランス映画バリに暗〜い映画とか、駄作感漂うB級映画を見るのは昔から好きでした。

 

 

フランス映画とかって「え?そんな終わり方する??笑」みたいなのがあって、ハリウッド映画みたいに商業的でないというか、世間に媚びない感じがして好きでした。
超モヤっとしますけどね。笑

 

 

深夜に出会ったラブコメ

風呂に入り、深夜2時にさぁ寝ようかというところで、たまたまテレビでやってた映画が「ラブ・アゲイン」。

 

 

こんな時間なのに〜って思いながらあっさり全部見てしまいました。

 

超おもしろかったです!
その日は誤作動でたまったまついてて、そのままつけっぱにしててラッキーでした。うちのテレビはたまに誤動作で電源が入っちゃう仕様なので。笑

 

ラブ_アゲイン_映画

 

オープニングでは『WB』と、ワーナーブラザーズがロゴが表示されたので、フランス映画バリの暗さは期待はしなかったんですけど、いきなり夫婦が離婚するっていう話から始まったので、「お、これはおもしろそうだぞ」と。

 

 

 

ラブコメ好きな方には是非見てほしいのでネタバレはしませんが、とにかく展開がおもしろい。

 

複数の登場人物の恋愛事情を並行して描きながら、いろんなところで都度伏線が張られていくんですが、最後にそれが一気に顕になって、もう「えーそういうことーーーっ!?」って口に出さずにはいられないほど。

 

いや、実際は出しませんけどね…
夜中なんで。

 

 

 

とにかく爽快でした。
終始コメディ要素が散りばめられた演出なのに、でも最後の最後はとっても素敵なエンディングで、結果見ているこっちはなんだかスッキリした気持ちになるという。

 

調べてみると、評価も高く有名な映画だったみたいです。
存じませんでした…

 

スポンサード リンク


 

ラブコメが好きな理由

 

あんまり映画を見ない割に、ラブコメだけ見てしまうのには理由があるのかなって考えてみました。
昔からラブコメに、なんというかある種の中毒性を感じているのです。

 

僕以外にも何かひとつのジャンルの映画を好んで見るって人は多いのかもしれないなぁなんて思いながら。

 

 

 

まず、登場人物が各々のラブに傷つき苦しみながらも前向きに生きる姿が描かれていることが多いですよね。

 

人はその姿に共感して感情移入するんだと思うんです。
あるいは、昔の恋愛を思い出しちゃったりすると、懐かしさに肩まで浸っちゃったりするわけですね。

 

こっちが恥ずかしくなるくらい純粋だったり、普段忙しくて忘れがちな感情を思い出させてくれたり、すごく温かい気持ちになれたりする。
特にアメリカの映画だとハッピーエンドも多いですしね。

 

これがラブコメの『ラブ』の要素ですね。

 

 

 

でも、そういうことをあんまり深く考えずに気楽に見れるのがラブコメのいいところなんだろうなって思うのです。

ただただ自分の気持ちに素直に見てれば、最終的にはなんかスッキリした気持ちになれる、ラブコメってそんなデトックス効果を秘めている気がします。

 

これはきっと割とシリアスな恋愛映画だとダメで、ラブコメには『コメ』つまりコメディ要素があるからこそ重くなりすぎないのではないかと思うのです。

だからネガティブな恋愛の描写があっても必要以上に感傷に浸ることはなく、終始楽しく見れるのが人を病み付きにさせる理由なのかもしれないなと。

 

 

また、ラブ・アクチュアリーとかホリデイとか、他にもいくつか有名なラブコメはいくつか見たけど、これは解せない!っていう映画が正直ないです。

 

僕の好みの話だし有名な作品だから当たり前かもしれませんけど、どれもおもしろい!あと、ラブコメって季節的には冬に見るような映画が多いですよね。クリスマス要素もありますから。

●参考記事:amazon primeでラブ・アクチュアリーは見れないけどこの映画は絶対見てほしい

 

 

 

あと、邦画はあんまり見たことないけど、モテキもおもしろかったです。

東京に来て、モテキの大根仁監督にもお会いできたし、他にはニシノユキヒコの恋と冒険もDVDで見ました。
でも、やっぱり洋画ならではのダイナミックなスッキリ感は、邦画にはない気がするんですよね。

 

でも逆に邦画は、邦画ならでは雰囲気とかおもしろさがあると思んです。表現するのは難しいんですけどね…

 

 

最後に

コメディ要素があるから安心して見れて、最終的にはハッピーになれる。
しかも、アクションとかじゃないから別に家のテレビでDVDで見れば十分です。

 

ラブコメってエンターテイメント性を持った素晴らしいジャンルなのです。

 

 

クリスマスにラブコメを見るなら、どの動画配信サービスがいいのか全38タイトルのラブコメを並べて比較してみました!
クリスマスは、恥ずかしげもなくラブに浸ってみてはいかがでしょうか?

●参考記事:クリスマスにラブコメ映画見るのにどのネット動画配信サービスがベストか一覧徹底比較

 

 

 

ちなみに今回見たこの映画、洋題はCRAZY, STUPID, LOVEなんですって。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。