深夜に出会う高齢の方に悲しみを覚える

もしかしたらもう語り尽くされてる話かもしれませんが、自分の感情をちょっと深く掘り下げて考えてみようと思った次第です。

 

 

 

田舎暮らしの時は深夜に行くのはファミレスかマクドナルドだったので、あまり気にしたこと無かったんだけど、東京に来て思うのは深夜のコンビニに結構日本人の店員さんいるんだなってことでした。
それも結構高齢の方。

 

 

別に東京の方にとってはそれは何でもない当たり前のこと、かもしれません。
でも田舎モンの僕は結構衝撃だったし、なぜだかすんごい

悲しみ
を覚えるのです。悲しみを。

 

スポンサード リンク



 

 

悲しみ。
これの正体はなんなのかと。この気持ちはなんなのかと。
ちょっと向き合ってみようと思ったわけです。

 

 

先入観はある

深夜に高齢の方を雇わなきゃいけないような社会事情は一旦ね、一旦置いときましょ。難しい話になっちゃうと僕が受け付けないし。笑

 

 

深夜に働いてることが多い今の職業。
夜コンビニに行ったりタクシーで帰宅したりということも少なくはないのです。

 

そんな中、各所で遭遇するご高齢の方。

 

例えばコンビニのレジにて。

 

 

 

「え、夜中の4時なのにおじいちゃんが働いてる…」

 

 

 

いや、もちろん夜勤だから夜から明け方までのシフトだってのはわかりますよ?もちろんわかる。

 

というのも、地元のファミレスやマクドナルド、たまにタバコ吸いに行ってた家の近所のセブイレも深夜は基本若い人かアジア系の人だったから。
実家の祖父母も夜9時とか10時には消灯してたので、こういう現実に衝撃を覚えるのでした。

 

 

また別の時は、スクランブル交差点で遭遇した腰の曲がった見るからにご高齢の女性。

 

 

 

 

「え、おばあちゃん、まだ夜中の3時ですよ?」

 

 

 

いや、早朝に起きて出かけてるわけじゃないのはわかってるんだけど、その光景が僕にはショックだったのです。けっこうなお歳の方がこの時間にしかも渋谷で歩いてるってことは、何かしらのお仕事されてるのかなぁと。

 

 

あと、タクシーの運転手さんにも高齢の方が多い。
もちろん職業上年齢層が高い業種であることは感覚的にわかってはいるんだけど、「大丈夫…ですか?」と声をかけずにはいられないほど明らかに高齢の方も中にはいらっしゃるわけ。見た目で判断するのは良くないとわかってはいながらね。

 

 

なぜか

なぜ、辛い気持ち、悲しい気持ちになるんでしょうか。

 

これって僕だけですか?
同じように感じたことのある方っているのかなぁ…

 

 

 

まずひとつ、僕の中の固定概念。『高齢の方は早寝早起きである。』という固定概念故、この人は深夜に仕事をしないといけない事情があるのかなぁとか。

 

でも不思議なことに、高校生や大学生が深夜のコンビニで働いてるのは、何も思わないんですよね。
若い時はそうだよね、くらいなもんです。

 

 

 

深夜に働かなくてはいけない事情って、深くは言及しませんが何か人間的なところに原因があったりするのかなぁと、我ながらかなり偏った見方をしていることに気付くわけです。
正直なところ、そういうことです。

 

だから勝手に辛い気持ち・悲しい気持ちになったりするのかもしれません。

 

 

スポンサード リンク

 

 

傲った考え

これはすごく傲 (おご) った考え方ですよね。それは十分理解してます。
上から物を言ってると捉えられても当然だと思ってます。

 

 

ただ、この見方を未だに変えられないのが事実。さっき書いたような固定概念があるのだと思います。
これは恐らく、健常者と障害者(ふさわしい書き方かわかりませんが…)においても、セクシャルマイノリティにおいても、もしかしたら老若男女においても、僕は同じようなことを持っているのかもしれません。

 

 

セクシャルマイノリティーの方に対しても、偏った考え方を持っていました。今は昔よりはそうではないのですが。(参考記事:ひげガールに行きました。

普通にしたいと思っても健常者ではない方に対してどこか過剰な気遣いみたいなものがあって、普通に接することができない場合が多いです。親切にしなきゃとか傷つくようなことばを言ってしまわないようにという意識が芽生えて、どこかよそよそしい接し方になってしまうのです。

 

 

 

こんなことを考えながら、今日も一日が過ぎました。
でも決して、そうしたくてしてるわけではなく、そういう人を可哀想と思うわけでなく、別に蔑んだりするつもりも全くなく、ただただ自然に振る舞うことができればいいのになと思う次第です。

 

ただただそれを確かめたかっただけなのかもしれません。

 

 

早く週末になればいいなぁと願って今日は早く寝ます。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。