直帰率の下げるための改善施策を見つける方法【GoogleAnalytics解析】

グーグル・アナリティクス、使ってますか?

 

僕も一応webの業界で仕事をさせていただいてて、アナリティクスを使うことがあるのでちょっとした使い方や改善施策のなどをご紹介させていただきます!

 

 

ちなみにweb界では、『グーグル・アナルスティック』という間違いをネタにすると、とりあえず笑いは取れます。
安易だけど確実に取れます。TPOをわきまえた上でね。

 

 

直帰率とは

まず直帰率の定義を認識しておきましょう。

 

直帰率とは
ユーザーが閲覧を始めたページから他のページに移動することなくサイトを離脱したセッションの割合

 

とされています。

 

要するに、すんごいざっくり言うと1ページしか見なかったユーザーさんのことですね。

 

 

ということは、仮に直帰率が70%だった場合、そのページを閲覧した人の70%は他のページに遷移することなく離脱してしまっているということになります。
逆に残りの30%の人は他のページに遷移しているということです。

 

ただ、ここでひとつご留意いただきたのは、Google Adsenseなどの広告やアフィリエイトリンクなどにより、ユーザーが別のサイトへリンクした場合も離脱とみなされます。なので、あなたのサイトのアフィリエイト記事を読み、他のページに遷移せず商品購入に至ったとしたらそれは直帰とみなされ直帰率も上がります。

 

POINT!
外部リンクは基本的に離脱とみなされるため、直帰率が上がる要因となります。

 

 

スポンサード リンク

 

 

直帰率の高低について

雑記ブログでも特化ブログでも同じカテゴリの記事が複数あるはずです。(当ブログであれば、靴のカテゴリ、音楽のカテゴリ、心やコミュニケーションのカテゴリといったように。)

 

サイトを訪れたユーザーには1ページと言わず是非とも4ページでも5ページでも関連記事を読んで帰っていただきたいですよね。
それが特化ブログであればなおさら。もちろん雑記ブログでも。

 

直帰率、低い方が良い?

ユーザーから「このサイトにはこのカテゴリの記事が充実してるサイトだな」と思ってもらえたら嬉しいですよね。さらに関連記事をたくさん読んでもらえることでPVが増えるので、Adsenseなどの広告収益も上がる、という結果をもたらします。

 

だから、「もっと読みたい」とユーザーに思ってもらうことがとても大切なのです。
そうなれば、きっとユーザーは他の記事を読みにいくので、必然的に直帰率は低くなります。

 

 

ただし、場合によってはユーザーからするとたった1ページを読むだけで、欲しかった情報が得られたり悩みが解決できたらいいわけです。逆に、4ページも5ページも読まないと欲しかった情報が得られないようなサイト構造では、ユーザーには親切ではありません。

 

なので、このサイトは特定のカテゴリの情報が充実していて、欲しい情報がサクッと手に入る便利なサイトだとユーザーに思ってもらえることが重要ですよね。安心とか信頼ですね。

 

POINT!
ユーザーに、「もっと読みたい!」と思ってもらえたら、必然的に直帰率は下がります。

 

 

必ずしもそうではない

しかし、我々運営側からすると、是非ともユーザーに「この商品を購入してほしい」という目的があったりするわけです。いわゆるアフィリエイトですね。

 

 

アフィリエイトの記事ページへ直接流入→記事を読み→購入、という流れに案内できることが理想的です。あなたが書いたたった1つの記事によって、悩みを解決し動機付けられ商品を買ったユーザーがいたら、ユーザーもあなたもハッピーです。win – win。

 

 

ただ、その他のページからも購入ページへの誘導を促すこともできますよね。

 

例えば、片方はキーワードから流入させるためのページ、もう片方は商品の説明に特化したページだとした場合、前者は直帰率が高いと問題ですが、後者は商品の購入に至っていれば直帰率(離脱率も同様)は高くても問題はないわけですね。

 

 

 

(要するに、青文字は増えてもいいけど、赤文字は増えてほしくないのです…)

 

 

 

よく、直帰率の目安を〇〇%〜〇〇%と定義していることがありますが、あくまで目安なので直帰率が悪いことが必ずしもサイトが劣っているという話ではないのです。

 

ちなみに、Googleが直帰率の高低によってサイトを評価しているのかはわかりません。

 

POINT!
直帰率の高低でページの良し悪しを判断するのではなく、我々運営側が意図した導線の通りにユーザーが遷移してくれることが一番大切です。

 

 

スポンサード リンク

 

 

意図しない高直帰率のページ

直帰してほしくないページで直帰率が高い場合は、改善が必要です。
どのようなことが原因なのでしょうか。

 

 

直帰率が高い場合、次のような原因の仮説が立てられます。

 

①記事が思ったものと違い離脱した
②記事がおもしろくなかったので離脱した
③記事は良かったが他の記事への遷移しなかった
④記事が読みにくい
⑤ページの読み込みが遅い

 

 

①②は記事の内容の問題ですね。
①記事が思ったものと違い離脱した、というのはタイトルと本文の内容に相違があり離脱してしまった。②記事がおもしろくなかったので離脱した、というのは記事がおもしろくなかったか、もしくは本題に至るまでが長すぎて離脱してしまった、というものです。

 

なので、記事を見直していただくかタイトルを見直していただければ改善されると思います。

 

 

③記事は良かったが他の記事への遷移しなかった、というのは記事の内容はユーザーのニーズを捉えていたためその記事で満足してしまったか、もしくはその他の関連記事が魅力的ではなかった、というようなことが考えられます。
あと、そもそも関連記事や他の記事へのリンクがないとか…でしょうか。

 

なので、同じカテゴリの内部リンクを増やすとか、そもそも記事を増やすなどの施策で、直帰率を下げることができると思います。

 

 

④⑤みたいな原因について特筆しませんが、スマホ最適化されていないとか、画像サイズがでかいとかそんなところでしょうか。

 

 

とは言え…

とは言え、離脱のすべてがコンバージョンに至っているというのは考えにくいわけです。ASPの収益情報なんかをみれば一目瞭然ですね!笑

 

さらに、僕は魅力的な文章を書く技術は持っていないので、直帰率を下げることも意識して、更新と改善を繰り返していかなければなりません。
そう、ご存知PDCAです!

 

PDCAのまわし方

毎月決まった日に、Google Analyticsの結果をエクスポートします。
それを記事ごとにその結果をストックしていくだけ。簡単ですね!

 

 

僕の場合、『靴の情報が充実してるサイト』だということをユーザーに認識してほしいのと、できればたくさんのページを読んでいただき革靴を大切に履いてもらえると嬉しいと思っています。
なので、コンバージョン目的のページであっても、できるだけ直帰率を下げられるよう解析と改善を繰り返しています。

 

 

 

そこで、「直帰率を下げたい!」と思った記事があれば、先にご紹介したような原因を想定して、記事をリライトしたり関連記事へのリンクを追加したりして改善策を施します。

 


サイト全体でもひとつの記事でも、直帰率は80%未満を維持できることを目標にしています。
なので、79%の記事があった場合には、これはやばいぞと…。

 

今までは、僕の読んでほしい関連記事を3つ本文の下に設置してましたが、今回一番ユーザーのニーズが高いんじゃないかという仮説のもと、別のリンクをひとつ設置しました。
また、3つだったのを1つにしたので、SNSボタンからのシェアを促すという意図も含まれています。

ちなみに、こちらの記事です。

 

 

このとき、原因はあくまで仮説なので、1ヶ月後に再び結果を確認する、というような流れです。
すぐに結果がでるわけではないので、地道にやっていく方法しかないのです…

 

また5/20に結果を見てみます。

 

PDCAの結果

次は別の記事になりますが、リライトしたりリンクを追加した記事の直帰率が、翌月改善された例です。

リライトやリンク追加で直帰率を最大2.5%も下げることができました。
80%は上回ってますけどね!

 

 

新しい記事を更新していくことももちろん重要なのですが、既存の記事の価値・パフォーマンスを上げていくことも重要です。
せっかく書いた記事です。できるだけ多くの方に読んでいただきたいものです。

 

 

はじめから80%を下回るように、もっと魅力的な記事が書けるようになりたいんですけどね…笑

 

 

まとめ

というわけでしたので、簡単にまとめておきますと。

 

・場合によっては直帰率が高い場こともある
・意図した通りにユーザーが行動したかが重要
・地道なPDCAを繰り返す

 

といった具合です。

 

でも僕が思うのは、ユーザーにとってどうなのか、ということを十分考えられているかどうかが一番大切だと思います。ブログの作りも、記事の内容も。

 

 

今回は『直帰率』をピックアップしてみましたが、Google Analyticsには他にもたくさんの要素がありますので、今後もご紹介していきたいと思います!
よければ参考にしてみてください!

 

 

コツコツ作業が得意な方にはおすすめかと!!

アナルスティックも使ってね!!

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
@starfish0925 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高21万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ