好みが全く違う夫婦が穏便で効率的に結婚指輪を選ぶことができたワケ

bridalring

 

先週末、ついに結婚指輪を買ってきました!

 

好みの全く違う我々夫婦が結婚指輪を選ぶにあたって、それなりに苦労があったので、ご紹介させてください。
いやぁ大変だった!笑

 

 

スポンサード リンク



 

結婚指輪の穏便で効率的な選び方

これから夫婦で結婚指輪を決めるという方に、理解していただきたいことがあります。

 

 

それは、夫婦間でデザインの好みが違う可能性が大いにあるということ。

 

 

 

もし好みが違っても、奥さまが旦那さんに合わせるとか、奥さまの方がセンスがいいから選んでもらうとか、そういうどちらかに合わせるという場合は問題ないのです。
あと、あまり無いと思いますが、夫婦別々のデザインのものを買う場合も問題ないです。

 

ただ、お互いの好みが強くて、なかなか譲れないという場合は注意が必要かもしれません。
そういう可能性が考えられるご夫婦の場合は、結婚指輪を買いに行ったその日にお互いの好みがぴったり合う可能性は低いと、きっぱり諦めてください!笑

 

 

 

だから、1日目はとにかく指輪のお店をまわってパンフレットを集めましょう。その場で話し合う、という流れに持ち込むと店員さんも迷惑なので。笑
その後持ち帰って、2人でじっくり話し合ってください。

 

デザインが決まったら、2日目に購入するという流れにしてください。このデザインありますか?って事前に電話で確認したり、金額も聞いておくとスムーズかもしれません。

 

 

 

最初から指輪を「情報収集の日」と「購入する日」を2日に分けて考えましょう!

 

 

 

1日目、2日目について具体的にご説明しますね。

 

1日目

あらかじめ、結婚指輪を取り扱っている店がどこにあるのかリストアップしておきます。

 

当日は、オシャレなカフェに目もくれず、好きなセレクトショップがあってもスルーするという強い決意を持って。笑
リストアップしたお店をできる限り多くまわってパンフレットをとにかくたくさん集めてください

 

 

パンフレットを集めたら、持って帰って二人で話し合う時間を作ってください。
予算とかデザインの好みとか、他にも店の特徴とかを総合的に考慮した上で、指輪の候補を2~3種類程度に絞っておきましょう。

 

2日目

候補選んだお店にもう一度指輪見に行って、実物を見て決めましょう。
その場で実物を比較できた方が効率的なので、可能であれば同じ店で指輪のデザインを選んでおくと決めやすいかもしれません。

 

こうすることで慎重に指輪を選定できるんだけど、どうしても1日目と2日目の時間が空いてダラけてしまうこともあるかと思うので、あらかじめ2日目の日程まで決めちゃうといいかもしれません。
決して安い買い物ではないですからね。

 

 

ただし、当日。
奥さまの

 

「あれ、こっちもいいかも♪」

 

という滅びの呪文に、旦那さんは十分注意してください。
二人で話し合った時間が水の泡です。

 

 

 

そうなったら場合よっては勢いも大事です!
ただし理性的であること。

 

スポンサード リンク



 

オーダーメイドという選択肢

 

ただ、オーダーメイドという選択肢もあるのです。

 

 

これなら、旦那さんと奥さまと一緒に選んだ感があって、違った結果になるかもしれません。

 

 

おすすめのショップ

BRILLIANCE+はWEBで完成図を見ながら自分に合った婚約指輪・結婚指輪を作ることができる今注目度の高いサービスです。

 

 

婚約指輪はダイヤモンドとリングを組合せて300万通りから、 結婚指輪は2000通りから自由にカスタマイズできるオンラインショップです。

 

・ネット販売に特化しているため圧倒的な低価格販売
・ダイヤモンドの鑑定書は、第三者的鑑定機関で公正に鑑定
・全て日本で職人達が一つ一つ丹念に製作
・東京銀座、横浜にショールームあり

 

店舗情報

・東京・銀座
・横浜・日本大通り
・大阪・中之島
・福岡・天神

 

期間限定のショールームはこちら

・名古屋 ポップアップショールーム
・金沢 ポップアップショールーム
・倉敷 ポップアップショールーム

 

 

オンライン来店予約フォームから『来店予約』をして、来店時に相談・見積もり → 注文、という流れです。

 

●BRILLIANCE+ のウェブサイトはこちら

 

●来店予約はこちら

 

僕らの場合

以前お邪魔したPORTADAさんというお店では、パラジウムという金属を取り扱っています。
パラジウムという素材であれば、プラチナの約半額でほぼ同等の質の指輪が購入できるというということだったので、今回もそちらにお邪魔させてもらいました!

 

前回、指輪のデザインとカタログをいくつか見せてもらって候補は絞れてました。
さらに見積もりもいただいていたので、それをもう一度見せてもらって購入しました。

 

 

 

結局、僕と奥さまのデザインの好みは合わないことはわかっていたので、奥さまが好きなデザインのものに決めました。(別々のデザインを選ぶという手段は無かった…)

 

選んだのは、ドイツ彫り師さんが指輪に彫刻をしてくれて、石が入っていなくてもキラキラしてみえるやつです。
女性用は結構キラキラしている部分が多いんだけど、男性用はほんの一部だけ彫刻が施されているだけ。なので、男性用はクルッと裏返せば普通のシンプルな指輪っぽく見える、というものです。

 

 

好みの違いについて

指輪のデザインに限らず、夫婦間で好みが合わない人なんて世の中には山ほどいるはずです。
ファッションの好みとか、料理の味付けの好みとか、笑いのツボの違いとか。

 

そんな違いを理解して、それを許容する覚悟ができたから結婚という選択肢を選ぶのだとおもうのだけど、もちろんなかなか受け入れられないこともあると思うんです。

 

そんなときは、お互いに譲り合ったり話し合うことももちろん必要です。

 

 

 

ただ、そうやって今まで自分が知っていた好み以外のものに存分に触れることができるのが結婚でもあるのです。

 

そう前向きに捉えられたら結婚というものが一気に違った見方になるんじゃないかと。
自分が身につける指輪」と考えるのか、「好きな人が選んだ指輪」と考えるのか、それだけで考え方が変わってきますよね。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です