まずは自分が笑顔でいることがコミュニケーションを促す

 

 

我々の生活は、周りの人とのコミュニケーションで成り立っています。

 

仕事や家庭だけじゃなく、捉え方によってはウェブサービスやSNSを通して、いろんな形でコミュニケーションをとっています。

 

 

その中で、人との繋がりの良いところも悪いところも経験し、時には笑ったり時には悩んだりするわけですよね。
ときには『良いコミュニケーション』とは?みたいな書籍に答えをすがったりしながら、ビジネス用のコミュニケーションだったり、異性に好かれるためのコミュニケーションだったりのテクニックスを蓄積していくわけです。

 

 

 

 

僕もその手の書籍に『答え』をすがるのが大好きです。

 

たまたま違う目的で買った本だったけど、その本にはこんなことが書いてあったのでした。

 

(略)
コミュニケーションに悩む人が多いのは、たくさんの知識がありながら、ごく基本的なことが抜けているためのように思えてなりません。僕が思うコミュニケーションの基本とは、いつも幸せな自分でいること。これこそ人とコミュニケーションを取る前提だと思います。

 

とのこと。

 

 

続いてこちら。

 

(略)
笑顔にはたくさんの人が集まってきます。

 

 

これです。

 

 

何が言いたかったかと申しますと、やっぱりいつも笑顔でニコニコしている人には自然に人が集まる、ということです。
だから、コミュニケーションの手段とかテクニックス云々を学ぶ以前に、コミュニケーションをとりやすい体制を築いておきましょうという話です。

 

スポンサード リンク


 

幸せオーラを漂わせる

 

僭越ながら、昔僕も同じようなことを思ったことがありました。

 

 

だってね、そりゃそうですよ。
やっぱりニコニコしてる人の方が魅力的じゃありません?

 

これは男女構わずそうです。
お硬くて難しい顔をしてる人や、どんよりしてる人には近づきたくないですよ。

 

 

 

これは face to face のコミュニケーションだけじゃなくて、すべてのコミュニケーションに言えることだと思うんです。
例えば、仕事のメールでも、丁寧に書かなきゃと思って書いた結果すんごく堅苦しいものになってしまうと、きっとそういう人なんだと印象付けられてしまうこともあるでしょう。

 

他にも、SNSで残念なツイートばかりしたり、facebookに暗いことばかり書いている人も同じ。

 

 

 

 

だから自分が何かをアウトプットする場合は、ほんの少しだけ『幸せオーラ』を漂わせているかということを意識しようと思うのです。
ただ、ハッピーすぎると「バカなのか?」と思われてしまうし、時と場合をわきまえないといけませんけどね。笑

 

 

若い時はモテたかったので、恋愛においては僕もこの説を信じて生きてきたんですが、それが他のところで通用するなんて考えもしませんでした。

 

僕の乏しい発想力…

 

 

辛いことがあった時は

 

とは言いつつ、自分がいつも幸せであるということは簡単なことではありません。

 

仕事をしてるときはもちろん、恋愛をしてるときでさえも苦しいことはたくさんあります。
人間の悩みの根源は、他人と比較することや他人に期待することで生まれるからです。

 

 

その苦しさを味わった時に、それが表情や行動から滲み出てしまうと思ってる以上に人は敏感にそれを感じ取ります。
やっぱり楽しくなさそうにしてる人や、愚痴ばかり言う人は一緒にいる人にとってはマイナスにしかなりません。

 

苦しいことは自分の中でしっかり受け止めて、少なくとも公の場では人を巻き込まないマナーを身につけるべきです。もちろん、家族や恋人に愚痴や悩みを打ち明けることもあるでしょうが、それはあなたに信頼があるから許されてることを理解すべきです。

 

それを公私構わず外に出してしまう人は、周りから好かれないしモテない。笑

 

逆に、辛い思いをしても一生懸命耐えて明るく振舞っている人には人が集まるし、集まった人たちはその人が辛い思いをしながらも頑張っていることを理解してくれています。

 

 

 

だからと言って、決して辛い感情を無理やり飲み込むということではありません。
辛いことがあっても、それを表に出さない努力をしましょうということです。感情や振る舞いは自分で決めれるものだから、それをコントロールできる術を身につけましょう、大人でしょ?ということ。

 

 

ストレスと発散できる趣味を持っておくとか、辛い時だからこそ人から take するのではなく、あえて give してみるとか。

 

簡単なのは、感謝することです。
感謝の気持ちを伝えること。

 

スポンサード リンク


 

表面的でもいい

だからやっぱり最初にご紹介したように、まずは自分が幸せであることが大切なのだと思うのです。

 

 

だからと言って、幸せになりなさいと言われても簡単になれないのが人間です。
笑いなさい、笑顔になりなさいと言われてもできないのが人間です。

 

 

 

だから、まず自分の普段の言動が客観視してみるのはいかがでしょう?

 

人に対する自分の態度ってどうなんだろう?とか、怖い顔してないかな?とか、物の言い方ってキツくないだろうか?とか。
もし自分の言動が、他人の寄せ付けにくいのでは?と感じたら、もしかすると改善の余地があるかもしれません。コミュニケーションを促すことができるかもしれません。

 

 

 

もしそう思ったのであれば、少しだけ笑顔を増やしてみませんか?

 

まずは表面的でもいいじゃないですか?

 

幸せや笑顔を装うだけで周りの人とコミュニケーションを円滑にできるかもしれません。

 

 

 

 

笑顔でいることが幸せを引き寄せてくれるはずです。

笑う角には福来る』って言いますしね。

 

 

 

笑顔でいることが幸せを引き寄せるだけでなく、コミュニケーションを促すことにつながりますよねというお話でした。

 

 

ま、これがなかなか難しいんですけどね。笑

僕はほんとに、全ての人が笑顔でいられる世界があるとしたら、すごく素敵だと思うのです。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

雨だって悪気があって降ってるわけじゃない…

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高27.5万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ