良い靴を履きなさいというイタリアの素敵なことわざの是非

 

 

良い靴を履きなさい。
良い靴は履き主を良い場所へ連れていってくれる。

 

 

イタリアにはこんなことわざがあります。

 

 

素敵な言葉だと思いません?
だってですよ?

 

 

良い靴を履いて出かける

図書館で本を取ろうとして素敵な異性と手が触れ合う

その人に本をゆずる

その人から良い靴ですねとほめられる

本のお礼にと、今度食事に行く約束をする

食事をしながら本の話で盛り上がる

今日は楽しかったですと脈アリアリの一言

素敵な異性との交際がはじまる

 

 

要するに、良い靴を履いた結果、異性との素敵な出会いをもたらしてくれる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わけがないんです

 

そんなわけがないんです

 

 

迷信の類

これっていわゆる迷信のたぐいだと思うんですよね。笑

 

 

夜に口笛を吹くとお化けが出るとか、しゃっくりを100回したら死ぬとか、そんな話と一緒だと思うんです。
あとなんなら、アイドルはオナラしないとか、そんな話も一緒です。
しますよ。

 

 

新しい靴を家の中で履いたまま玄関へおりるのは縁起が悪いとか、夜に新しい靴をおろすのは縁起が悪いっていう迷信ありますね。
これって日本だけなんでしょうかね。

 

 

考え方の話

 

でも考え方は素敵だなぁと思うんですよね。

 

良い場所っていろんな捉え方があると思っていて、必ずしも『場所』だけに限らず、『素敵な人がいるところ』も良い場所と考えられるんじゃないでしょうか。
人との出会いだったり、貴重な機会にめぐり合うことだったり、見たこともない景色を見ることができたりと。
人によって様々だと思うんです。

 

 

だからもしかしたら、一番初めに書いたドラマみたいな展開もあながち間違ってないのかもしれません。

 

 

 

 

 

良い靴を持ってるから、それを履いて外に出かけたくなる。

 

そして、外に出かければ人に会うし、いつもは選ばなかった道を選ぶことができる。
人に会えば素敵な出会いが生まれる可能性は増えるし、いつもと違う道を選べば良い場所へたどり着く可能性は増えるわけですね。

 

また、もしかしたら靴がきっかけで生まれる出会いやめぐり合いがあるかもしれません。

 

 

 

 

 

別に良い靴じゃなくても行こうと思えばどこだって行けるんですきっと。

 

でももしかしたら、良い靴の方がその『素敵な人』を引き寄せてくれる引力を強く発揮してくれるのかもしれないですね。
人は案外そういうところを見てるかもしれません、なんて思うのです。

 

 

 

この記事を読んでくださった方にも素敵な良い靴との出会いがあることを願っています。
良い靴って見てるだけでテンションあがりますからね。

 

 

 

 

靴磨きが人に及ぼす素晴らしいことをこちらの記事でもご紹介してます。よければご覧ください。
(参考記事:自分の人生を肯定し豊かにする靴磨きという行為について

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です