雨の季節…革靴用防水スプレーの効果を試すときがやってきました

さて、梅雨入りした今日この頃ですが、僕は単純に雨が嫌いです。
傘さすのもめんどくさいし、何より靴が濡れるし…

 

しかし、日本に生まれた以上、我々は雨のありがたみを享受せねばなりません。
その雨で米や農作物が育ち、うまい米が食えるわけです。

 

 

 

ただ、3度の飯より靴が好きだ。(いや飯も好きだ)靴を濡らさない手立てはないものか…。

 

あるじゃないか、防水スプレーが

 

 

サフィールノワールの防水スプレー

 

とうとう手に入れました。
サフィールノワールのウォータープルーフスプレーです!

 

 

 

またこのパッケージがカッコ良くて憎いですよねぇ (σ・∀・)σ

 

 

防水スプレーの効果や持続性など、いろいろ検証してみようと思いますので、よければお付き合いください!
かなり長くなりますが、これで梅雨を乗り切りたいので!!

 

防水スプレーの商品説明

 

 

フッ化炭素を含有し通気性を損なうことなく表面を保護し、水分や油分、泥やホコリなどかが染み込むのを防ぎます。
すべてのTEX素材(※)に使用可能です。

とあります。

 

 

フッ化炭素とは、フッ素が結合した炭素で、無色の気体です。
撥水効果があるクリームとして有名なコロニルの1909シュプリームクリームデラックスにもフッ化炭素系の樹脂が含まれています。
また、スコッチグレインの雨の日用シューズ、シャインオアレインは革にフッ素が染み込ませてあるとのことです。

 

まぁとにかく撥水効果に『フッ素』というキーワードは欠かせない、ということのようですね!

 

 

※TEX素材とは、ゴアテックスやプロテインテックスなど、防水素材を指します。

 

 

防水スプレーの使い方

①最初にブラシや布で、全体のホコリをはらい落とします。

②スプレーをよく振ってから 20cm以上話して全体にムラ無くスプレーしてください。

③乾燥するまで30分ほど放置して、その後スムース革は柔らかいクロスで軽く磨いてください。起毛革は軽くブラッシングしてください。

 

 

はい、ここ重要です!

防水スプレーは使ったあと、すぐに効果を発揮するものでもないようです。

 

 

このウォータープルーフスプレーであれば、30分程度。
コロンブスのアメダスという防水スプレーであれば、15程度乾燥させる必要があります。
コロニルのスプレーなら20分。

 

なので、お出かけされる直前ではなく、その15〜30分前にスプレーをしてください!

 

 

使用上の注意

・皮革が湿っている場合は乾くのを待ってからご使用ください。
・色落ちやシミになる場合があります。最初に目立たないところでテストして確認してください。
・ご使用後はキャップを閉めてください。
・高温、直射日光、湿度の高いところを避け、お子様の手の届かない場所に保管してください。

 

すでに革が濡れている場合は、乾いてから使うのが良さそうです。

 

あと、これはよくあることですが、色落ちやシミになる場合があるようなので、靴の内側のような目立たない部分で試してからご利用ください。

 

 

用途

・ツヤ革
・起毛革
・テキスタイル素材の靴やバッグ
・レザージャケット

 

 

スムースレザー、スエードにも使える防水スプレーです。
ただし、エナメル、爬虫類には使用できません!

 

テキスタイル素材とは、木綿/シルク/麻/ウール/カシミヤ/ナイロン/ポリエステル などのことだそうですが、衣類などに使われる素材は全般的に使えるってことなんでしょうか?
カシミヤとかシルクには使おうと思わないですけど、そこんとこどうなんでしょう?

 

とにかく、エナメルやエキゾチックレザー以外の革製品なら、靴でもバッグでも使えますよってことですね。

 

 

成分

いろいろ調べましたが、詳細な成分は記載がないのでわかりませんでした。

 

ただ、防水スプレーには成分を吹き付けやすくするために『溶剤』が入っているものが多いです。
なので、革の表面には少なからずそういった溶剤が吹き付けられることになります。

 

溶剤とは、乳化性クリームに含まれる、水分と油分を混ざり合わせるためのものだったりするわけです。
まぁ他にもたくさんあるんですが、そういった溶剤は革表面に塗られているクリームやワックスを溶かしてしまう可能性があります。

 

 

 

また、少量であればそこまで革には影響がないと思いますが、大量に吹き付けてしまうのも避けた方が良いでしょう。
20cm離してスプレーすることを推奨しているのは、、そういう理由もあると考えています。

 

なので、個人的には定期的に汚れ落としなどでスプレーの成分を落としてあげるお手入れが必要かと思います。

 

 

シリコン、フッ素の2種類の違い

また、防水スプレーにはフッ素系のスプレーと、シリコン系のスプレーの2種類があります。
簡単に特徴を並べるとこんな感じになります。

 

フッ素系 シリコン系
メリット ・水を弾く粒子が革を覆う
・通気性を保つ
・シリコンの樹脂が革を覆う
・効果の持続力は長い
・即効性が高い
デメリット ・効果の持続力は短い
・値段が高い場合が多い
・革表面が擦れると剥がれやすい
・通気性は保たれない
・革に浸透して劣化する恐れ

 

 

一見シリコン系の方がメリットが多く見えますが、個人的に心配しているのは『革に浸透して劣化する』というデメリットです。

 

シリコン系の防水スプレーは樹脂が革を覆うため、通気性を損ねます。
それによりカビが生えやすくなったり、何より革が劣化しやすくなりますね。

 

100均に売っているスティックタイプの靴墨にも同じくシリコン樹脂が含まれているため、おすすめしていません。

 

 

 

また、シリコン系のスプレーを場合、靴の内側にもスプレーがかかってしまうと通気性を損ねるという理由で、汗を放出しにくくなります。
そもそも雨に濡れてるから、と思われるかもしれませんが、汗に含まれる塩分や尿素には革を硬化させてる効果(rhyme)があるので、できるだけ靴の通気性は保ちたいところです。

 

ただ、サフィールやコロニル、モウブレイ、コロンブスなど、靴付きの方には馴染み深いブランドから出ている防水スプレーは、基本的にフッ素系のスプレーですので、そこはあまり心配しなくてもよさそうですね。

 

 

まぁとにかく革靴に使う防水スプレーはフッ素系がおすすめです!ってことです!

 

 

 

コロンブスのAMEDASも有名ですよね。
このパッケージご覧になったことある方も多いと思います。こっちの方が圧倒的にリーズナブルですね!

 

 

 

実際に使ってみる

茶系の靴で防水スプレーの効果を試してみました。

 

左足(写真右側)の靴にスプレーをかけました!
20cmほど離したところから6〜7秒程度。靴の側面にもかけました。

 

 

※左:クリーム仕上げ、右:防水スプレー噴霧

 

 

スプレーをした方が、明らかにツヤがなくなってますね!

鏡面をした靴に防水スプレーは不向きかもしれません。機能的な話ではなくて、ツヤ的な話です。

 

 

これで雨の中をお散歩します!

 

 

 

 

弾いてる!

ぱっと見、確実に弾いてます!特につま先の部分!

 

 

 

ですが、甲の部分はスプレーが足りなかったみたいです。

 

一応、スプレーをしてない方の靴に比べると雨シミの範囲は狭いです。
ちなみに、左の靴のつま先が染みてないのは、昔塗ったワックスが多少残っていて水がシミにくくなっているんだと思います。

 

 

 

しっかりスプレーの成分が乗ってる部分に関しては、ちゃんと水を弾いてくれてます。
しかしもしかすると、この靴のように履きジワが深く入ってしまっているものについては、防水成分が乗りにくいのかもしれませんね。

 

 

どれくらいスプレーをかければ効果があるのか、というのがちょっと難しいところです…。
個人的な印象としては、ちょっと多めにスプレーするくらいの方がいいなって感じました。

 

 

すっぴんにしてリベンジ

※左:クリーム仕上げ、右:防水スプレー噴霧

 

 

リグロインですっぴんにして、今回は甲の部分にもしっかりスプレーをかけました。

 

 

ちょっとシミができました。
5cmの距離でスプレーすると、成分が分散せずこんな感じになりますので、必ず20cm以上離しましょう!

 

 

難しいっすね!防水スプレー…笑

 

 

30分乾かしたので、霧吹きで水をかけます!

 

 

 

2分後…

 

 

 

今回はわかりやすい結果になりました!
スプレーした方はほとんど水滴が減っておらず、撥水効果が感じられますね!

 

 

防水効果が持続する期間

簡単です。
スプレーをして毎日水をかければいいだけ!

 

ちょっと検証してみたので、ご紹介します!

 

 

 

革の切れ端。

右半分にスプレーをかけました。
20cmほど離したところから8〜9秒程度、先ほどより少し多めにスプレーをかけました。

 

 

そこに、霧吹きで水をかけます!

 

 

 

弾いてます!

 

 

※スプレーなし

 

 

※スプレーあり

 

 

5分後…

 

 

 

一目瞭然。

なんだこれ、超楽しいぞ!

 

 

さて、問題はここからです!
この効果がどれくらい持続するのかって話ですね。

 

 

2日目。

 

 

まだ大丈夫そうですね。

 

 

3日目。

 

 

まだまだ大丈夫みたいです。

 

 

 

防水効果が落ちた感じには思えないので、さらにあと数日もつかもしれませんね。

 

なので、靴を履く度にスプレーする必要はなく、1日履いたら数日休ませてまた履くという使い方でも全く問題内容に思います。
先ほどご紹介した成分のこともあって、あまり頻繁には使いたくないなぁと思っているので。

 

 

起毛面でもやってみる

 

起毛している面の半分にマスクをして、同じ条件でスプーレをかけます。

 

 

乾くのを待って、マスキングを剥がし、水浸しに。

 

 

 

 

境目がくっきり!笑

この色の違いを見ると確実に効果は出ていますが、全く染み込みがないかというとそうではなさそうですね。

 

 

防水スプレーの跡(シミ)ができた場合

これを一番心配していました!

近い距離でスプレーするとシミになりやすいです。

 

 

少し強めのクリーナーで落としてあげましょう!

もしクリーナーでもダメならプロにお願いするのが良いでしょう。

発送でクリーニングしてくれるサービスもありますからね。

> 発送クリーニングサービス

 

 

ある程度はシミを気にせず安心して使えるスプレーだと思いますが、ちゃんと見えないところで試してから使ってください!

 

 

防水スプレーの注意点

フッ素系のスプレーは吸い込み過ぎると人体に害を及ぼす危険があるとして、かなり厳しくガイドラインが定められているようです。

 

今回購入したスプレーも、あえてニオイが強めのスプレーになっています。
ニオイは香料や処方により抑制可能ですが、ニオイに対する拒絶感や違和感が薄れることで、自然に吸引してしまう事故が起きている事に対応して、あえてニオイを残しているのだそうです。

 

安全上の注意

・引火性溶剤を使用していますので火気には十分注意してください。
・吸い込むと有害ですので戸外で使用し、締め切った屋内で多量の使用は絶対に避けてください。
・人体に向けて使用しないでください。
・目に入れたり皮膚につけないでください。
・幼児やペットのいるところでは使用しないでください。
・飲食物、食器等に噴霧がかからないように注意してください。
・呼吸器に疾患など異常がある方は使用を避けてください。

 

火を近付けない!

吸い込まない!

体につけない!

 

です!

 

応急処置

・使用中に異常を感じた時は直ちに使用を中止し、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
・目に入った場合はこすらず水でよく洗い流しできるだけ早く医師の診断を受けてください。
・大量に吸い込んだ場合は、直ちに新鮮な空気のもとに移動し、気分が回復しない時は医師の診断を受けてください。

 

いいですか?
もう十分おわかりいただいてると思いますが、防水スプレーは毒物です!(違)

 

十分注意して使いましょう!

 

 

使ってみた感想

使ってみましたが、確実に効果を感じました!
これは間違いないですね。

 

注意点としては、

・戸外で使うこと
・20cm以上離すこと
・気持ち多めにスプレーした方が良さそう

 

という感じでしょうか。

 

 

 

ただ、このスプレーのだいたい何日程度で効果が薄くなるよなぁとか、何日前にスプレーしたからそろそろスプレーし直すかなぁとか…

そういうのはメンドくさい!!

 

 

あと、個人的にはマンション住まいだと、戸外でスプレーしなきゃいけないのがメンドウです。
玄関から靴持ってきて、ベランダでスプレーするって、一手間です…。

 

あと、スプレーしているとは言え、少なからずコバの縫い目や靴底から水が染み込むことはありましょう。それはしゃーない。
だから、これ一本あればもう雨でも雪でも嵐でも無敵!ってことではないわけですね。

 

 

 

僕は今まで、雨の日は基本黒い靴と決めてました。シミになってもそれほどわからないので。
でも、今日は雨だけど、どうしてもこの靴が履きたい!っていうときに、それを叶えてくれるアイテムだと思いました!

 

もちろん普段使いでもいいと思います!
靴が濡れて塩吹きや銀浮きしたら、それをケアする手間の方がスプレーをかける手間より圧倒的にメンドウですからね。

 

 

個人的には一本持っておいて損はないと思います、っていうかなんでもっと早くから使わなかったんだろうって後悔してます…笑

 

 

 

よければ試してみてください!
こちらの記事で雨の日の革靴のお手入れについてもご紹介していますので、よければご覧ください!

> 雨に濡れた革靴のお手入れ方法

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント
  1. ヒッポー より:

    先週のyoutubeで何気なく尋ねた質問からたった数日でこんなに興味深い記事をアップしていただき大変嬉しいです!
    特に持続期間の検証が面白かったです!くっきり色が分かれてますね。笑

    気になった点は、フッ素系のデメリットの「革表面が擦れると剥がれやすい」の部分。
    日常の手入れでブラッシングや乾拭きをした時にどれだけ影響を受けるのか…
    大抵の防水スプレーは使用方法で散布後の乾拭きを推奨してるので、強い力でなければ大丈夫なんですかね。

    • くすみ より:

      ヒッポーさま、コメントありがとうございます!
      持続期間についてはまだ検証していきますので、4日目、5日目と追記してまいります!ありがとうございました!

      確かに、おっしゃるとおりですね!
      日常的なブラッシングでどこまで変わるのか、それについても検証結果をまとめて追記しておきます!おそらく数日かかると思いますので、思い出した頃にまたご覧いただけますと幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
@starfish0925 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高20万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ