革靴にビンテージスチールを取り付けてみました(トゥスチール)

先日購入したCARMINAの革靴。

 

 

一度だけ履いたらさっそく靴底が磨耗してました。
こんな感じです。

 

 

 

そして、つま先もこう。

 

 

 

 

 

これはまずい

 

 

放っておくと、気付かないうちにどんどん磨耗してしまうので、早めに対策を施す必要があります。
いや、むしろ今こそMAGNANNIの靴で断念したビンテージスチールをつけるチャンスです!

 

 

ビンテージスチールについて

ビンテージスチールについて事前にいろいろ調べてみたのでご紹介します。

 

正しい呼び方

ビンテージスチールって呼んでますが、『トゥスチール』が正式名称みたいです。
ビンテージスチール、トゥスチール、どちらでも意味は同じです。

 

 

自分で取り付けるタイプのものも販売されてるみたいです。価格は¥1,000程度のものが多いので、気軽に購入できるのもいいですね。

 

> amazonでトゥスチールを探す

 

 

ただ、やはり靴底はデリケートな部分なので、靴の修理屋さんにお願いされた方が安心だと思います。
ビンテージスチールの取り付けはだいたいどこも¥3,000くらいでやってもらえます。

 

 

かかと修理に関する記事ですが、革靴の修理屋さんをまとめているのでよければご覧ください。

(参考記事:靴のかかと修理の値段の相場を算出【修理料金まとめ】

 

 

メリット・デメリット

トゥスチールをつけることによって、つま先の磨耗が圧倒的に軽減されますね。いちばんのメリットはこれです。

 

ただ、デメリットもあるみたいで、カチカチと金属音がうるさいとか床にキズがつくなどと言ったものがよく挙げられます。これはもう好みの問題かと思います。

 

また、水に濡れるとさびることもあるみたいです。
個人的にはビンテージ感が増していいんじゃないかなぁなんて思っていますが、これも好みの問題でしょう。

 

 

取り付けのタイミング

一番重要なのが、ビンテージスチールを取り付けるタイミングです。

 

 

ある程度つま先がすり減ってしまうとビンテージスチール取り付けられないんです。以前お話ししたお店の方もそうおっしゃってました。だからビンテージスチールの取り付けは、靴を購入した直後か、靴底を張り替えたタイミングで取り付けてもらうのがベストです!

 

ビンテージスチールをお考えの方はご注意くださいね。

 

 

スポンサード リンク



 

お世話になってる靴専科さんへ

「つま先のカーブに合うものがあれば大丈夫です」と言われ、お店の奥で探してもらいました。
そしたら割と新しい感じのスチールでよければ、とビンテージっぽくない綺麗なスチールを持ってきてもらいました。

 

 

11/26まで20%OFFのセールをされてる靴専科さん。(現在2017年)

 

通常であればビンテージスチールは ¥3,240(税込)のところ、20%OFFなので ¥2,592(税込)になりました。

ラッキー!

 

 

1週間でできあがり

日曜日に依頼して、次の土曜受け取りでした!

 

 

こちらです!

 

 

 

からの

 

 

 

これ!

 

 

 

つま先を守ってくれる感がすごい!!

 

 

 

ただ、ちょっと気になったのが…

 

 

 

 

 

ちょっと、収まりきってない感がある

 

 

 

トゥスチールってソール(靴底)を少し削って取り付けるのが一般的なんですけど、これは削り方が甘いんじゃないかと思うんです。

 

前にも下にもスチールがはみ出てますよね。

 

 

 

靴の裏側って縫い目を隠す処理がしてあるからあんまりわからないんですけど、ソールの薄い靴は削りすぎるとその縫い糸も削ってしまうため、靴の強度を保つための靴専科さんの判断によるものかもしれません。

 

 

 

 

 

 

こう見ると、ソールからだいぶ盛り上がってますよね。

 

 

 

 

 

 

よくよく見ると、ネジの締め方もユルいなぁとい感じがします。

 

 

 

初めてのトゥスチールなので正解はわからないんですが、もう少しソールの中に金属がしっかり治ってるイメージだったんですが、ちょっと違いましたね。

 

 

 

 

こういうもんなんですかねぇ。

 

 

歩き心地

早速この靴を履いて出かけてみましたが、僕は金属の音は気になりませんでした。

金属によって滑ることもないし、歩きにくさもありませんでした。

 

 

別に音や滑りは心配はしてなかったんだけど、ちょっとスチールが出っ張ってたのでいかがなものかと、少しだけ気にはなっていました。

よかった!

 

 

ハーフソールやオールソール

ハーフソールやオールソールと言って、靴底を半分、もしくはまるごと張り替える修理があります。ハーフソールは僕も何度かやってきましたが、靴にとっては負担がかかってしまうわけです。

 

なのでできるだけそういった大掛かりな修理は避けた方が靴が長持ちするはずです。

 

 

なので、靴が新品の状態でトゥスチールのように靴底を保護する修理を施すのは、靴を長持ちさせるためにとっても重要なことなんです。

 

 

 

大切な革靴を長く履くために、新しい靴を購入されたら是非ご検討くださいね。

 

 

革靴のお手入れ方法もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

はじめてでも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴を磨くことって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにも繋がるんです。さらに、靴を磨くことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています。

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です