革靴のヒビ割れの原因はクリームの塗りすぎ?お手入れ方法を見直しませんか?

靴にヒビが入りはじめたのです。

 

 

 

こんな感じ。

 

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%81%b2%e3%81%b2%e3%82%99%e5%89%b2%e3%82%8c_2

 

まだそれほど目立たないけど…これはね、ショックです…

 

相当ショック…

 

 

 

だって気に入って買った革靴だから何年も履きたいじゃないですよね。ひび割れの原因についてちょっと考えてみたいと思います。

 

 

ひび割れの原因は

革靴のひび割れの原因となるのは主にこの3つ。

 

 

①お手入れ不足による革の乾燥
②酷使による劣化
③靴クリームの塗りすぎ

 

 

ひとつ目ふたつ目はわかりますよね。お手入れしないで履き続けた靴は傷んで乾燥もするし、いずれひび割れや型崩れが発生します。

 

でもここで気になるのが3つ目です。
靴クリームの塗りすぎのパターン。

 

 

思い当たる節ありませんか?
自分の靴への愛おしさのあまり、ついついクリームを塗りすぎてしまった経験などありませんか??

 

 

 

思い返せば僕はまさにこのパターンでした。靴磨きをはじめた最初の頃は、どれくらいクリームを塗っていいもんかよくわからず、ついつい塗りすぎてしまうこともありました。

 

塗りすぎは革に幕をつくることになるし、それによって通気性も損ねることになります。
さらに、クリームはいずれ酸化します。それを放っておくと革に負担がかかってしまい、その負担によってひび割れを引き起こしてしまう、というわけなのです。

 

 

スポンサード リンク



 

 

参考にさせていただいた記事

いろいろ調べてると、こちらの記事をみつけました!大変参考になりました。

[1202-201603] ネットで革靴のお手入れ方法を調べていて陥りがちなパターンについて考えてみます。ブラシだけで充分です。

 

 

革本来のツヤというものがあって、それを引き出すために必要最低限の油分があればいい。あとは丁寧にブラッシングすることで、ホコリや革の奥に溜まった油分を表面に浮かび上がらせ、革を生き生きとした状態に保つことができるんです。
参照://lifestyleimage.office-kabu.jp/?p=13814

 

 

なるほど。

 

クリームを塗りすぎるのはやめて、とにかくブラッシングを徹底してみましょうと。
ブラシの役割はホコリを落とすことと、クリームを馴染ませること、という認識だったので、ブラッシングだけで革をお手入れするという認識は正直なかったわけです。

 

 

 

そこで、やっぱりよく言われてるのは、馬毛のブラシでホコリを落とし、豚毛のブラシでクリームを馴染ませるっていう使い分けです。
僕も一応ちゃんとそれに倣うかたちで使っています。

 

 

 

こちらは馬毛ブラシと豚毛ブラシがセットになった商品です。

 

 

[アールアンドデー] プロブラシセット(プロ・ホワイトブラシ+プロ・ブラックブラシ+プロ・ホースブラシ)
価格:3,555円(税込、送料別)

amazonへリンク!

 

楽天とamazonとそれぞれセットがあったけど、ちっちゃいブラシもついてるので楽天で買いました!
amazonのセットは馬毛ブラシがひとつと、豚毛相当のコシのブラシが2つついてるので、黒い靴と茶色の靴とか色ごとにブラシを使い分けていただくのが良いと思います。

 

 

クリームは落とすことも大事

クリームの塗りすぎも良くないのですが、それ以上に良くないのは古いクリームを落とせていないことです。

 

例え少量であってもクリームにはロウが含まれているので、ちゃんと落とせていないと蓄積していきます。革の表面にロウが積み重なることで、革の柔軟性を損ね、さらに古いクリームの成分が酸化していくため、革を傷める原因になりかねません。

 

お手入れの際は、ステインリムーバーなどで古いクリームを十分落としてあげることも大切です。
ただし、決して強くこすらず優しく丁寧に拭き取ってあげてください。

 

“thumbnail”

M.MOWBRAY モゥブレィ モウブレイ ステインリムーバー 300ml
価格:2,160円(税込、送料別)

楽天へリンク!amazonへリンク!

※M.MOWBRAYのステインリムーバーは、革靴の汚れ落としの定番です。水性なので革へのダメージが少なく防カビ効果もあるので間違いナシです!

 

> こちらの記事でステインリムーバーについて詳しくご紹介しています。

 

 

ブラシのご紹介!

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%81%b2%e3%81%b2%e3%82%99%e5%89%b2%e3%82%8c_%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88

 

ちっちゃい汚れ落としとペネトレイトブラシもふたつ同梱されています。

 

 

 

馬毛のブラシ。これでホコリを落とすわけですね!

 

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%81%b2%e3%81%b2%e3%82%99%e5%89%b2%e3%82%8c_%e9%a6%ac%e6%af%9b%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7

 

 

豚毛相当のコシのナイロンブラシ。これで靴を磨きあげます!!

 

%e9%9d%a9%e9%9d%b4%e3%81%b2%e3%81%b2%e3%82%99%e5%89%b2%e3%82%8c_%e8%b1%9a%e6%af%9b%e7%9b%b8%e5%bd%93%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7

 

 

ペネトレイトブラシでコバの隙間も今後ケアしていこうと思います。決してクリームを塗りすぎることのないように。笑

 

> 後日、ペネトレイトブラシを使ってみました

 

 

 

クリームでのケアは月に一度くらいにしようと思います。正しい知識を身につけたいものですね。
ブラシだけでも案外ツヤっとするもんです!クリーム塗らないからさっぱりしてるし時短になるし良かったです!

 

 

スポンサード リンク

 

 

まだブラシをお持ちでない方は是非試してみてください!

 

 

[アールアンドデー] プロブラシセット(プロ・ホワイトブラシ+プロ・ブラックブラシ+プロ・ホースブラシ)
価格:3,555円(税込、送料別)

amazonへリンク!

 

祖父にもらったブラシも大切なブラシなのでもちろんこれからも使いますよ!

 

 

月に一度はしっかりお手入れを

靴のひび割れの原因となる、履きジワのケアも大切です。
履きジワを予防するために是非シューキーパーもご利用ください。

 

> 革靴のシワのお手入れには是非シューキーパーを

 

 

 

また、日常的な革靴のお手入れの方法もご紹介していますので、是非ご覧ください。
クリームの塗りすぎにはご注意くださいね!

 

はじめてでも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴を磨くことって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにも繋がるんです。さらに、靴を磨くことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています。

記事を読む

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です