目につきにくい革靴の内側もたまにはお手入れしてあげてください

 

 

革靴のお手入れは、汚れを落としたりクリームで栄養を与えたりと、このブログでもご紹介しています。

 

 

しかし、案外見落としがちなのが内側のお手入れです!

 

 

僕もついつい疎かにしてしまうのですが、内側って何気に靴下の繊維が溜まっていることが多いです。
特につま先の方ですね。

 

 

靴下の繊維のようなホコリがたまると汗の水分を含み、ひどい時にはカビが発生してしてしまう可能性もあります。
なので定期的に靴の内側も綺麗に掃除してあげてください。

 

スポンサード リンク


 

靴の内側をお手入れ方法

革靴の内側のお手入れ方法をご紹介していきます。

 

 

まず、靴のつま先の内側に指が届くようなら問題ありません。

 

 

指にクロスを巻きつけて、つま先の内側を拭きます。
その時消毒用のアルコールなどがあればいいのですが、なかなかあるものでもないと思います。なので、水でもいいと思います。

 

 

 

ちなみに、消毒用アルコールは、薬局にも売っています。

 

 

 

靴のつま先を綺麗にしようと思っても、指先がつま先に届かない場合があります。ちなみに上の写真は全然届いてません!

そんな時は『ま○い棒』を用意します!(今年いろいろあったので一応伏せとく)

 

 

・割り箸
・クロス(汚れ落とし用)

 

輪ゴムがあれば尚よしですが、最低限このふたつがあれば大丈夫です。

 

 

 

こんな感じで割り箸でクロスを挟み…

 

 

 

割り箸にクロスを巻きつけたら完成です!

 

 

 

アルコールか水をつけて、つま先のホコリを拭き取ります。

 

 

お手入れ実践

 

 

アルコールをつけて、つま先を拭いてみます。

 

 

 

 

わっ!こんなに!

 

 

 

気分を悪くされた方!すみません!

 

でもあなたの靴もきっとこうなってますよ!笑

 

 

内側の修理

お手入れだけではどうしようもない場合が多いところは修理が必要です。

 

普段目につきにくいけど、実は結構傷んできているところもあるのです。

 

 

小指が当たる部分

内側のホコリだけでなく、小指が当たる部分などは何年も履いていると磨耗して革が薄くなってしまいます。

 

 

よく見えない場合は、光を当てて見てみてください。

 

 

長く靴を履こうと思ったらこういった磨耗した部分も定期的に修理してあげる必要があります。
目につきにくいところなので、時々気にしてみてください。

 

 

かかとの内側

さらに、かかとの内側です。

 

シューキーパーを入れていると余計に気づかないのですが、この部分。

 

 

 

かかとと擦れて削れやすい部分です。

ここも削れてしまってはどうしようもないので、定期的に修理してもらってください。

 

 

個人的には脱ぎ履きのしやすい紐のない靴で起こりやすいです。
僕のローファーも磨耗しているものが多かったです。
また時期を見て修理に持って行こうと思います。

 

スポンサード リンク


 

まとめ:目につきにくいところに注意

外側の目に見えるところだけでなく、目につきにくい内側も気にかけてみてください。

 

きっと気付かないうちに汚れが溜まっているかもしれません。
もしくは、案外傷んでいるところがあるかもしれません。

 

 

 

 

要するに、外見ではなく内面も愛してほしいということです。
男はハートだろと

 

 

一応、外面の磨き方もご紹介していますので、よければ試してみてください!笑
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

はじめてでも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴を磨くことって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにも繋がるんです。さらに、靴を磨くことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています。

記事を読む

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です