自分の足に合った革靴の選び方をご紹介します

 

足にあった革靴の選び方をご紹介します。

 

革靴は足が疲れるとか靴擦れで痛いという方や、普段革靴を履かないからあまり選んだことがないという方に是非読んでいただきたいです!

 

よければお付き合いください。

 

 

①足の形を知る

足の形には3つの種類があります。
主につま先の指の形によって分けられます。

 

 

エジプト型 親指が一番前に出ている
日本人に多い
ギリシャ型 人差し指が一番前に出ている
ヨーロッパの人気ブランドが合いやすい
スクエア型
(ローマ型)
親指、人差し指、中指あたりまでが同じくらいの長さ

 

エジプト型には、オブリークトゥ。
ギリシャ型には、アーモンドトゥ、ラウンドトゥ。
スクエア型には、スクエアトゥ。

が合うつま先のデザインと言われています。

 

 

ちなみに、国産の靴はオーソドックスなラウンドトゥでありながらエジプト型にも合いやすいように工夫されています。

 

 

②海外と日本のウィズ違い

ウィズとは、足囲といって『足の指の付け根の周囲』を指す言葉です。

 

ウィズについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
●ネットで靴を買う時の海外のサイズ表記と足囲(ワイズ)の測り方

 

 

 

日本人の平均的なウィズは『EE』なのに対し、欧米人は『D』が平均です。

 

そのため、海外ブランドは日本人の足に合っていないことが多いのです。
さらに、すべてのサイズを輸入しているわけではないので、自分の足に合った靴に巡り会える確率は低くなります。

 

それに対して国産ブランドの革靴は、日本人の足に合わせてつくられているため、特に足幅の広い人は足に合うサイズは選びやすいはずです。

 

 

③靴が足にフィットした状態

靴が足にフィットすべき場所は『ボールガース』『ヒールカップ』の2箇所です。
この周辺のホールド感があれば足に合った靴と考えて良いと思われます。

 

 

 

また、つま先の空間を『捨て寸』と呼びます。
この捨て寸は1〜1.5cmほどが理想と考えられます。

 

 

④とにかく試着

 

①〜③をご理解いただいた上で、気に入った靴を試着しまくるのが一番わかりやすいです。

 

これから長く履く靴です。
ちょっと大きかったかなぁとか小さかったとか、そんな風に思いながら靴を履くのはもったいないことです。
それならば、買う前に10足でも20足でも試着をさせてもらって足に馴染むものを履き比べる方がよいです。

 

店員さんには面倒をかけるかもしれませんが、惜しまず試着してください。

 

 

 

ただし、試着しても靴の甲の部分に絶対にシワがつかないようにしましょう!
試着したとはいえ、まだ買うかわからない商品なので、ジェントルメンの皆さまはどうか気をつけてくださいね。

 

 

種類や金額で迷ったら

種類や金額で迷った時、是非次の3つを参考にしてみてください。

 

①本革のスムースレザーの靴
②定番のデザインの靴
③3万円以上の靴

 

長く付き合うためには、合成皮革ではなく本革のスムースレザーの定番のデザインの靴が良いでしょう。
値段と革の質は比例するので、3万円以上は出した方が長く付き合える靴に出会えるはずです。

 

 

定番のデザインというのは、内羽根式のキャップトゥの靴です。
こちらの靴は最もフォーマルで、ビジネスでも問題なく履ける靴です。また、冠婚葬祭すべてのシーンでご利用いただけます。

 

 

 

代表的な日本の革靴ブランドのひとつ、リーガルの革靴をまとめた記事もございます。
種類も豊富なので、是非ご覧ください。

●リーガルでおすすめのビジネスシューズを集めたらこうなった

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

元旦からセールやってます ↓

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です