100均のワックスで革靴を鏡面磨きしてみた!(ダイソー靴磨き)

近所のダイソーに日曜品を買いに行った時、そう言えばはじめて買ったシューキーパーもダイソーの150円のものだったなぁなんて昔を懐かしんだりしていました。

 

 

ダイソーで見つけた靴磨き用のワックスとクリーム。

 

 

どちらも税込108円。

安い!!

 

 

昔、祖父に靴磨きを教えてもらったときは、今みたいな知識もなく靴磨き道具もなく、こういう靴墨とワックスを使っていました。

両方買っても216円だし、ちょっと使ってみようかなぁということで試してみることにしました!

 

 

商品紹介

クリームでお手入れをしてワックスで鏡面磨き、という順番で靴磨きをしていこうと思います。

 

クリーム

まずはクリームです。

 

 

使い方は、汚れやホコリを落としてクリームを布につけ、ムラなくうすく伸ばし、乾いたらクロスで磨けばOKのようです!

 

 

皮靴の表記ゆれが100均ぽくていいですね!

 

 

成分は、ろう、油脂、有機溶剤と、他のクリームと表記がほとんど同じです。
あと、一応乳化性クリームの部類なんですね。

 

 

汚れを落としたのがこちら。

 

 

早速塗っていきましょう!

 

 

くさいです。
すんごいくさい。笑

 

石油のみたいな溶剤のにおいがします。
革にいいんですかね、これ。笑

一応、革に栄養を与えてくれるて書いてありますけど。

 

いや、おそらくツヤは出るけど塗りすぎるのは良くないですね。

 

 

 

とりあえず、塗ってクロスで乾拭きしたものがこちらです。
右に塗ってみました。左はそのままです。

 

左:未使用、 右:クリーム塗布後

 

綺麗にはなりますね。
補色もできてるみたいなので、黒の靴はパリッとします。

 

 

 

ただ、指は染料で染まります。笑
もちろん石鹸で洗いました。

 

 

他のクリームでここまで色が染み込んだことはありません。おそらく染料が強い?濃い?んじゃないかと思います。

 

スーツを着て出かける前にこのクリームは使わない方がいいですね。白いシャツについちゃったりしたら、もうおしまいですよ!

 

 

ワックスで鏡面磨き

次は、鏡面磨きをしてみます。

 

 

> 鏡面磨きの方法はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

 

ワックスは割と柔らかいので、少し指でこするとぬるっと溶けますね。
こんな感じです。

 

 

 

ベースを作ったので、コットンのクロスで水研ぎをしていきます。

 

 

 

あ、全然イケる。笑

 

 

 

鏡面にはなりますね。
市販されている普通のワックスと使い勝手はそれほど変わりません。

 

ただ、やっぱりスーパーくさいです。
くっさい。

 

 

こちらもクリームのような溶剤のにおいがぷんぷんします。
密室で作業するのは辛いです。

 

 

所感

普通に使えましたけど、個人的にはあの溶剤のきついにおいの成分が革に浸透すると思うとちょっと心配です。

 

今回は黒の革靴で試したからそれほど問題ありませんが、もし茶色とか他の色の靴だったら色が変わっちゃったりシミになちゃうのが何より一番怖いですね。

 

 

黒の革靴が色褪せてきたから、ちょっとパリッと綺麗にみせたいなって思われた方にとっては、便利なクリームかもしれません。

 

 

まとめ

108円で手に入って簡単にお手入れができるというのはすごくありがたいと思います!

 

ただ、やはりにおいがキツいのと、においのキツい溶剤が革に浸透していくのを想像すると、あまり使いたくないなぁというのが正直なところです。

 

まぁ綺麗にはなるので、雨の日専用の靴やもう履き潰してしまう予定の靴であれば、使ってもいいかなぁという感じですね。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

革靴の磨き方もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。

 

はじめてでも簡単!革靴の磨き方(クリーム・ブラシなどお手入れ方法)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴を磨くことって、靴を美しく保つだけじゃなくて靴を長持ちさせることにも繋がるんです。さらに、靴を磨くことで物や人を大切にする心を養うことにもつながると僕は信じています。

記事を読む

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です