まとめ

ブローグシューズについてブログで紹介します【クォーター・セミ・フルブローグの違い】

靴磨きセットまとめ記事
まとめ

僕はシンプルな靴が好きだったこともありブローグの靴に手を出しづらかったんですが、『ブローグの種類』を知ることでちょっとブローグに対する感じ方が変わりました。
なので、今回はそのブローグの種類についてご紹介したいと思います!

 

どうもはじめまして、くすみ(instagram)と申します。
ブログでブローグを紹介します、みたいなおもしろいことをどんどん言っていこうと思ってます

 

 

ブローグとは?

ブローグ [brogue] とは、穴飾りのある短靴という意味の言葉です。

 

「穴飾り」自体を指す場合もありますね。靴屋さんでこんな穴の装飾が施された靴、ご覧になったことありますでしょうか?

 

 

この穴飾りがあることによって、より華やかで派手な印象になっていきます。

 

 

ブローグの3つの種類

ブローグには種類があると言いましたが、こちらの3つの種類です。

 

①クォーターブローグ
②セミブローグ
③フルブローグ

 

なんとなく名前からもおわかりいただいてると思いますが、クォーター → セミ → フルという順に「ブローグの要素」が多くなります。

 

 

ブローグの装飾の要素

3つの種類をご紹介する前に、ブローグに見られる「飾りの要素」を簡単に知っておいていただけたらと思います。

 

  • パンチドキャップトゥ
  • パーフォレーション
  • ピンキング
  • メダリオン

 

パンチドキャップトゥ

 

キャップトゥとは、つま先部分にキャップのように縫い目や線があるデザインです。
それに穴の空いた [punched] 装飾を加えたものがパンチドキャップトゥ。

 

単純なキャップトウだけだと比較的フォーマルな扱いになりますが、この穴飾りが加わることによって、少し華やかな印象になります。
カジュアル感が少し増す、という感じでしょうか。

 

パーフォレーション

 

パーフォレーション [perforations] とは、フィルムなどにみられる一定感覚の穴のことです。
このように靴の甲の部分や側面に、穴の空いた装飾を施したもののことですね。

 

装飾が少ない方がシンプルでフォーマルなシーンには合わせやすくなる一方、こういった穴飾りはやはり目立つので多少華やかなで派手な印象になりますね。
飾りが多ければ多いほど、そうなります。

 

ピンキング

 

ピンキング [pinking] とは、革の断面を波形に切った装飾のことです。

 

ブローグシューズには多く見られる装飾ですが、ピンキングがないブローグシューズも存在します。
こちらも靴の印象が派手な印象になりますね。

 

メダリオン

 

メダリオン [medallion] とは、つま先の部分に施された穴飾りのことです。
また、メダリオンにはいろんな模様が施されます。ビスポークの靴には、所有者さんのイニシャルをいれることもあるようです。

 

これらの装飾の組み合わせによって、先ほどの3つのブローグができあがっているというわけです。

 

 

クォーターブローグ

クオーターブローグには、主に次の3つの要素があり、つま先にメダリオンがないこととが大きな特徴となります。

  • パンチドキャップトゥ
  • パーフォレーション
  • ピンキング(無い場合もあり)

 

クオーターと表記されたり、クォーターと表記される場合ががあります。
ブローグシューズの中ではかなり装飾の要素が控えめな位置付けなので、当然派手さや華やかさも控えめという印象になります。

 

 

YANKO – ¥57,240 

 

 

上から見るとこんな感じです。

 

この靴をamazonで見る

 

 

ブローグもほどほどですよね。
それほど装飾が多いという印象もありません。

 

 

他にはこんな靴もありますね。

 

Cheaney – ¥63,720 

 

この靴をamazonで見る

 

 


JALAN SRIWIJAYA – ¥32,400

 

amazonでこの靴を見る

 

 

セミブローグ

セミブローグにはこちらの4つの要素があります。

  • パンチドキャップトゥ
  • パーフォレーション
  • ピンキング
  • メダリオン

 

クオーターブローグにメダリオンの要素が追加されたデザインです。

 

Church’s – ¥89,640 

 

この靴をamazonで見る

 

 

 


Scotch Grain – ¥38,880 

 

この靴をamazonで見る

 

 

Berwick – ¥22,800 

 

この靴をamazonで見る

 

 

フルブローグ

フルブローグにはこちらの要素があります。

  • パーフォレーション
  • ピンキング
  • メダリオン
  • ウイングチップ

 

ウイングチップ(wing tip)とは、つま先の装飾が「W」の文字や羽根 [wing] のようになっているデザインです。
こちらは言うまでもなく、ブローグの完全体。

 

靴全体を通してデコラティブになり、当然華やかで派手な印象になります。
装飾の少ない靴よりは、カジュアルな扱いとなるので少し注意が必要ですね。

 

 

 

Cheaney – ¥63,720 

 

この靴をamazonで見る

 

 

 

 


Enzo Bonafe – ¥106,920 

 

この靴をamazonで見る

 

 

 


Church’s – ¥68,040

 

この靴をamazonで見る

 

 

最後に

靴に目覚めた当初は今よりずっと知識も浅く、ブローグにこんなにも種類があるなんて知りませんでした。

 

最初にお伝えした通り、個人的にはシンプルなデザインな靴が好きだったこともあり、ブローグの革靴に手を出しづらかったんですが、ブローグの種類を知ってその考えが変わりました!
それを思い出してこんな記事を書かせていただきました!

 

 

もし同じようにちょっとブローグの見た目は苦手…とか、冒険してみたいという方の参考になれば幸いです。こちらの動画で、ブローグも含めいろんな革靴の種類をご紹介しています。

 

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

メンズ革靴の種類、つま先のデザイン、靴底やヒールの仕上げまとめ!
...

COMMENTS コメントを投稿する

  1. たいち より:

    いつも勉強させてもらってます。
    カルミナ茶色革靴、パンチドキャップトゥ、とてもカッコいいですね。
    型番やサイズなど、教えていただければ嬉しいです。

    • くすみ より:

      たいちさま、コメントありがとうございます!
      こちらは型番などは特にないのですが、ジョレットという木型のものになります。
      こちらの記事でご紹介していますので、よろしければご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました