イギリス製(BRITISH MADE)という憧れがギンザシックスにはある

GINZA SIXに行ってきました。

 

 

 

 

ほら、このゴージャスな空間の使い方ですよ。

 

 

 

 

建物の中央から草間彌生さんに見守られながら、ショッピングを楽しむことができます。

 

シンプルだけど存在感のあるエクステリア(外観の意)ディティールラクシュリー(ラグジュアリーの口語表現)な装飾を伴ったインテリア(内観の意)や、アーバンかつスタイリッシュでありながらヒューマンスケールな空間。

 

 

 

ギンザシックスだけでなく、表参道ヒルズもKITTEも、建物の真ん中をすごく贅沢に使うなぁと。
近代建築に感心していた矢先。

 

スポンサード リンク



 

イギリス製という憧れ

そんなギンザシックスで藪からスティックしたお店がこちらです。

 

 

 

 

BRITISH MADE というお店。
イギリス発祥のブランドをトゥゲザーしてるお店です。

 

 

というのも、映画『キングスマン』を見てからというものロンドンのシティーボーイに憧れ、何においてもイギリス贔屓(びいき)なチョイスをしてきた我々夫婦。
とにかく、イギリスやらロンドンやらという言葉に弱いわけです。

 

 

 

 

吸い込まれるようにして店内にお邪魔し目をキラッキラさせて商品を眺めていたら、シャレオツな丸メガネの爽やかお兄さんに話しかけられます。

 

「期間限定で靴磨きをやってます」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それも無料で。

 

 

シューケアだけならタダでやってくれます。
鏡面磨きは ¥1,000 とのことでしたが、鏡面磨きをしたくない靴でお出かけしたのでシューケアだけをお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

だって何と言っても

無料ですからね

 

 

シンガポール初の靴磨き・修理専門店からシューシャイナーをお招きしてるとのことでした。日本語もお上手で礼儀正しくて清潔感があって素敵なシューシャイナーさんでした。
閉店間際だったからか、他のお客さんも少なかったのでじっくり丁寧に磨いていただきました!

 

 

 

僕も身なりを整えて行けばよかった…
褪せた靴下を履いて行ったことを心底後悔してます。

 

 

詳細

詳しい情報はこちらです。
11月の毎週日曜日ですので、お早めに!

 

場所 ギンザシックス5F
BRITISH MADE
期間 7月〜11月の毎週日曜日
受付時間 11:00 ~ 20:00
サービス シューケアサービス:無料(約10分程度)
鏡面磨き:¥1,080(税込)(20〜30分程度)

 

*混雑時につきましては、後日お渡しとさせていただく場合もございます。ご了承ください。
*両サービスともに、お預かり可能。約1週間後のお渡しとなります。
*予定が変更となる場合もございます。あらかじめご了承ください。

 

だそうです。

 

 

イギリス製の良さ

 

世の中のファッションには流行り廃りがありますよね。
今はトラッドなんて便利な言葉がありますが、それでも人によってはイギリスのブランドに対して『古くさい』とか『クラシック』というイメージを持ってるんじゃないかと思うんです。

 

 

 

でも、その定番で普遍的なスタイルが醸す知性とエレガンスが、イギリスの伝統的なブランドの良いところだと思うんです。

 

トラッドなツイードのジャケット。
プレッピーなチェックのシャツ。
ヒューモラス(ユーモラスの口語表現)な柄のタイやチーフ。
遊び心のある模様のストールなど。

 

 

 

例えば、革靴だと Church’s とか CHEANEY とか。

 

あとは、Drake’s という紳士服のブランドや

 

 

GLENROYAL というレザーグッズのブランドや

 

 

LAVENHAM というキルティングジャケットのブランドなど…

 

 

※写真は BRITISH MADE のウェブサイトから転載

 

 

 

そんな素敵なブランドが BRITISH MADE にはありました。
我々の憧れが、ありました。

 

ご存知ですか?
僕は靴のことしかわかりませんが、ロンドンのシティーボーイの方は是非チェックしてみてください。

 

 

 

そんなクールなブリティッシュアイテムズに囲まれて、指をくわえつつ。
店員さんも商品もとにかくシャレオツで、ファッションに疎い僕でも欲しくなるようなものばかり。

 

 

ジャケットもストールも、タイもバッグも傘も。

 

全てがファビュラス

 

 

 

 

 

 

 

ただ、トゥーエクスペンシブ(too expensive)

 

 

素敵なストールだなって思ったら、¥34,000 とか平気でするわけです。

ジャケットなんて¥210,000 ですよ。
桁が違う。無理です、無理。

 

 

親切な店員さんには正直にお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

「僕にはトゥーアーリーと。(too early)

 

 

落ち込んだりもしたけれど
私は元気です。

 

頑張って稼ぎます。

 

 

コレクターズマーケット

 

そんな BRITISH MADE が主催のイベント “BRITISH COLLECTORS MARKET” が 10/22(日)に青山で開催されるみたいです。

 

イギリスにまつわる服飾雑貨やインテリア雑貨、お菓子、デリ、飲み物の専門店が集結。さらに今回は「スコットランド」をテーマに掲げ、スコットランドにまつわる特別なお菓子や洋服をお届けします。
また同じくスコットランドにファクトリーを構えるレザーグッズブランド「GLENROYAL」とニットウェアブランド「Macalastair」のワークショップも開催します。(初心者の方でもお気軽にご参加いただけます)
皆さまのご来場をお待ちしております。

 

 

服飾雑貨やインテリア雑貨、お菓子など。
ロンドンのシティーボーイには当たり前のものばかりかもしれませんが、僕みたいな田舎もんはきっと楽しめると思うんです!

 

日程 2017年10月22日(日)
時間 11:00〜18:00
場所 BRITISH MADE 青山本店および隣接会場
(東京都港区南青山5-14-2 Kizunaビル1,2F)

 

 

ワークショップもあるみたいです。
予約が必要なものもあるみたいなので、こちらからご確認ください。

 

 

 

なんだかワクワクしたり落胆したりビジーな1日でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です