キングヤードのツインチューブシューキーパー、フィッティングが物足りなかったので…

先日レイマーのストレートチップを購入し、レイマーの大石さんにお会いした際、キングヤードのシューキーパーが合うと教えていただきました。

 

僕の靴は5.5(23.5cm)
38のサイズが合うということで購入してみました!

 

 

大石さんとmaezawaさんと

 

 

キングヤード[KINGYARD]とは

荒川産業さんで販売されているシューツリーです。
中国で生産されていて、荒川産業オンラインストア以外にも楽天やamazonでも購入することができます。

 

シングルチューブやプレステージも

 

今回購入したツインチューブ(ダブルチューブ)のタイプ以外にも、いくつか種類があります。

 

シングルチューブのものや、プレステージラインのシューキーパーもあり、それぞれネジ式になっていたり、木材が違ったり、ツリー自体の仕上げが違ったりします。

 

 

キングヤードのツインチューブシューツリー

 

今回は、こちらのツインチューブタイプのツリーを購入しました!

 

 

 

 

全然関係ないんですけど、ネットで物を買って届くまでのワクワク感を、いくつになっても楽しめる大人でありたいと思っています。

 

 

パーチ(樺)材でできていて、薄くニスで仕上げられているので、見た目はとっても綺麗です!
仕上げに関して僕は特段こだわりはありませんが、ニス仕上げはニス無しより汚れにくいと言われていますね。

 

 

 

ツインチューブのネジ穴はグルーで埋められています。
仕事が細かい。

 

 

 

パッと見、キングヤードはかなり細めなシューキーパーなのかもしれませんね。
後ほど他のシューキーパーと比べてみましょう!

 

キングヤードのサイズ

 

今回購入したのは、38なので23〜23.5cm用のツリーです。
ちなみに、サイズ展開はこんな感じです。

 

38 23〜23.5cm
39 24〜24.5cm
40 25〜25.5cm
41 26〜26.5cm
42 27〜27.5cm
43 28〜28.5cm
44 29〜29.5cm

 

SMLとかじゃなくて、1cm刻みでのサイズ展開。
いいですね!

 

レイマーに入れてみると

 

前後のテンションは全然問題ナシです!
でもちょっとサイドの幅が足りてない感じがしました。

 

 

あと、甲の部分はかんぬき(シャコ留め)のあたりのフィット感はいい感じですが、甲のシワは伸びきってない感がありますね。

 

指で押さえてる部分はフィッティング良し!

 

 

 

あと一番気になるのは、ボールガースの部分です。
①の小指の位置は内側からツリーがしっかり支えてくれてる感じ。
②の小指の付け根の骨部分は、ツリーの幅がちょっと物足りない感じです…。

 

 

とにかく、甲の部分のシワが伸びきっていないのが、個人的にはイヤなんですよねぇ。

 

 

おすすめのシューキーパー と比較

このサイトでおすすめさせてもらってるスレイプニルのシューキーパーと比較をしてみましょう。

 

写真右:スレイプニル

 

 

サイズ豊富なおすすめのシューキーパーブランドはコレ!【値段・使い方】

 

 

同じサイズ感のシューキーパーですが、若干スレイプニルの方が幅が広めな気がしますね。

 

 

あと、ボールガースの部分は一番幅をもたせている位置も少し違うみたいです。

 

 

 

かかと側から見ると、その左はかなり顕著です。
キングヤードはかなり細めなシューキーパーのようですね!

 

かかと周りのサイズの違い

 

スレイプニルは足の内側のフィット感はかなり良さげ。

 

 

 

そして足の外側もぴったりです。
テンションがかかってるというよりは、ぴったりという感じ。

 

 

正直、後ろの方は芯材が入っているし靴が屈曲するわけではないので、フィット感を求めなくてもいい気はしてます。
ただ、これだけフィットしてると超気持ちがいい!

 

 

 

ただ、それだけです!
そうです、自己満です。笑

 

通気性を重視されたい方は多少隙間があってもいいかもしれません。僕はそれよりシワを伸ばしたいので、ピッタリ重視で選びたいと思います!

 

甲やボールガースのフィッティング

 

甲の部分は多少余裕はありますが、シワがよく伸びています。

 

 

ボールガースはだいぶいい感じです。
ちょうど骨が当たる部分を内側から支えてくれてる感じ。

 

 

だいぶ気持ちいい

 

 

シューキーパーの幅が物足りないと思ったら

 

ツリーの前方の割れている部分。
ここってネジとバネで固定されているんですね。

 

 

なので…

 

 

こうやって…

 

 

こう。

 

 

さっきより幅が広くなってるの、おわかりいただけますか?

 

ビフォー!

 

ほら!

 

 

かかと周りの幅を広くすることはできませんが、足の甲の部分であればこれで多少幅の調整はできます。
甲のシワ、もう少し伸ばしたいなぁって思ったらコレはなかなか便利です。

 

ただ、広げすぎるとボールガースだけでなくつま先も広がってしまうことになります。
靴のつま先のデザインに注意しながら調整してみてください!

 

 

 

最後に

個人的には足の甲のシワをしっかり伸ばすためにシューキーパー入ってないとイヤなんです。

 

シューキーパーのサイズが小さすぎてシワになったり、そのシワが原因でひび割れ起こしたりと、何度も失敗してきたので、割とシューキーパーにうるさいタイプかもしれません。笑

 

 

 

でも、ピッタリ収まるとやっぱり気持ちがいい!
そこにこだわって靴をいたわっていこうと思います!笑

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
シューキーパーの種類と選びかたはこちらの記事でもくわしくご紹介しています。

 

シューキーパーの素材・種類の違いと選び方!

革靴の磨き方もご紹介しています!

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

レザーシューメディア・くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
音楽と甘いものも好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高41万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ