スコッチグレインの限定モデルはベルト付きの4ウィズ展開 [Scotch Grain・KUROBAKO2020]

緑多めのシャレオツ・モテ部屋アピール

 

スコッチグレインの2020年限定企画モデル・KUROBAKO2020。6/24、本日販売開始です。
今回もお借りすることができました。記念モデル特有の仕様やセットのベルトについても触れていきますので、是非ご覧になってみてください。

 

サイズ、ウィズ共に展開が豊富なシリーズです。
はたして僕のサイズはあるのか!?ご期待ください!

スコッチグレインの靴をamazonで探す

 

 

2020年限定企画の経緯

 

2014年、ヒロカワ製靴さんの創業50周年。2018年、スコッチグレインブランド立ち上げ40周年。
今までヒロカワさんの記念年には記念モデルを販売されてきています。
そのタイミングで、以前から問い合わせの多かった『同色同素材のベルトをセットで販売する』という方法でスコッチグレインファンの方々の期待に応えてきました。

 

2014年はダークブラウンの靴とベルトのセット。2018年はライトブランの靴とベルトのセット。
どちらも非常に喜ばれ、ほぼ完売に近い状態だったようです。
そして2020年は、ブラックの靴とベルトのセットです。

 

2020年はもともとオリンピックイヤーだったこともあり、それに向けて企画を進められていましたが、残念ながらオリンピックは延期。ちょうど2020年に第2工場が完成したので、記念モデル販売の理由としては十分かと思いますが、スコッチグレインユーザーからしてみれば記念モデルはいつだってウエルカムです。
ま、ファン心理ってそういうもんですよね。

 

価格 E ¥50,000
EEE ¥50,000
EEEE ¥50,000
キングサイズEEE ¥55,000
※価格は全て税別
カラー ブラック
サイズ ・23.5~27.0㎝
・キングサイズ 27.5~28.5㎝
ウィズ 3ウィズとキングサイズ
デザイン セミブローグ
製法 グッドイヤー
アッパー ヨーロピアンボックスカーフ
中底 牛革
本底 アンバーソール
付属品 ・木製シューキーパー
・シューズバッグ
・ベルト
販売店 直営店
(銀座本店、大阪店、
 ecute上野店、ソラマチ店)

 

 

50,000円(税別)なので、既存のインペリアルⅢと価格は同じです。
しかし、インペリアルⅢとの違いはこの4つ。

  1. ベルトが付いてくること
  2. 底材が違うこと
  3. ウィズ展開が豊富なこと(インペリアルⅢはEEEのみ)
  4. キングサイズ展開があること

 

ベルトが付いてるのでお得なのはもちろんですが、ウィズ展開が広いのとキングサイズがあることも大きなメリットになりそうです。もしインペリアルⅢ ではウィズが広く感じた方でも、シングルEなら履けるかも!ということです。
ちなみに今回僕はシングルEをお借りしました。

 

 

黒のセミブローグ

 

ご覧の通り、デザインは黒のセミブローグです。革のツヤも相まってとっても華やかな印象です。

 

 

でもちょっと不思議です。
要素としては結構カジュアルに寄ってもおかしくない仕様なはずですが…。

  • 派手めなブローグ
  • ピンキングと革の継ぎ目の厚さ
  • 編み紐

 

これだけあってもカジュアルな感じは無く、装飾が多い分とても華やかです。むしろエレガントです。
そこを掘り下げてお伝えしたい!もう少しお付き合いください。

 

 

この靴にはパーフォレーションと呼ばれるこちらの大小ペアの穴飾りが、量的にも大きさ的にも割としっかり施されています。

 

 

そしてピンキングと呼ばれる革の断面のギザギザと、その断面の厚さ。
革が厚めにカットされているのでピンキングの存在感も増すし、光に当たり具合によって派手な印象になります。

 

 

さらに、編み紐。
こういった編み紐はカジュアル寄りになりやすい気がしますが、全然そんなことない。太すぎず細すぎずな紐を使われているせいか、すごくマッチしています。

 

 

細かく見ると割と派手で華やかな要素も多い中、上質なカーフのツヤとこのシルエット(木型)がそれをいい具合に調和している感じです。

 

 

こちらはシングルEの木型ってのも関係ありそうです。
EEE だと僕にはちょっと広そうだなぁと思ってたのが、Eだとぱっと見すごくエレガントな印象になりますね。
通常のインペリアルⅢは EEEウィズのみの展開なので、僕の知っているインペリアルの印象とは少し違いました。

 

 

先日もご紹介させてもらったモデナDウィズモデルなど、最近細身の木型の展開も多くなってきた印象ですが、ドレス好きな僕としてはもっと早く出会いたかったくらいエレガントな木型です。木型の話は長くなりそうなので、また後ほど。

 

とにかくウィズ展開が広いので、多くの方に履いてもらいたいというヒロカワさんの想いを感じる記念モデルです。

 

 

ワインハイマー・ボックスカーフ

 

アッパーは想像以上に柔らかく、上質な革が使われています。触ったらすぐわかります。
ワインハイマー社 [Weinheimer] のボックスカーフで、インペリアルIII(NO.960)のブラックと同じ革です。

 

記念モデルはベルト付き

ベルトも同じ革です。
こちらは、おそらく仕上げが違うせいかツヤの具合は違って見えますが、革表面の毛穴の質感は同じです。

 

ベルトの写真下手クソか

 

長さ調整もできるし、バックルもごちゃごちゃしてないし、やっぱり黒のベルトはシンプルなのがいい。レザーローションか何かを塗って馴染ませて使いたくなる、しっかりとしたベルトです。
何度も申し上げますが、通常のインペリアルⅢだと同じ50,000円(税別)でベルトはついてきません。

 

キングサイズの靴をお求めの方もご安心ください。
ベルトも長めのものもあるらしいです!

 

 

木型・サイズ展開

 

サイズ展開とウィズ展開はこんな感じです。

  • 23.5㎝~27.0㎝(E、EEE、EEEEの3展開)
  • キングサイズ27.5㎝~28.5㎝(EEEのみ)

 

Eは、モデナやインペリアルブラックIIと同じ木型です。何度も申し上げますがシュッとしてエレガントです。
EEEは、既存の インペリアルⅢと同じ木型。
EEEEは、他の4Eシリーズと同じ木型で、甲高、幅広の方向けの設計になっています。
キングサイズは専用のEEEウィズのみで、キングサイズのみ価格が5,000円アップします。

 

 

ちなみに、僕は23.5cmのEで試着させていただきましたが…

 

部屋着ですんません

 

見事に合いました。
というか履く前から「あ、合いそうだなぁ」というのがなんとなくわかっていました。笑

 

一応先にお伝えしておくと、僕はかなりキツめが好きなのでこのサイズだと結構キツめです。

 

かかとも小さめで、ちゃんと付いてくる感じがあります。紐をきつく締めると履き口のまわりも隙間ができませんし、指の上やつま先付近もそんなに隙間がありません。
ただ、ちょっと羽根の開き具合が狭いかなぁという心配はあります。グッドイヤーウェルテッド製法なので、しばらく履いていると靴底が沈みます。なので本当はもう少し開いていてほしいところ。

 

紐キツめ状態

 

細かいことをお伝えすると、つま先はシュッとした木型なので少し小指の先に圧迫感を感じます。キツめで購入されたいという方は小指の先にご注意ください。
以前試着させてもらった24cmのDウィズはもう少し足長があったので、小指の圧迫感はなかったと記憶してますが、見た目のサイズ的にはこちらの方が体型には合ってると思うので、そのまま買い取りさせていただきたいほどです。

 

履くとさらにわかりますが、アッパーの二の甲あたりがとっても柔らかい。どんなシワが入っていくのか楽しみな革です。

 

 

アンバーソール

 

アンバー [amber] は琥珀という意味です。
女性のファーストネームにもなることがありますが、ブロンドのハリウッドセレブを思い浮かべる光沢のあるゴージャスな仕様です。
イタリアのCMC社製のソールで、2014年、2018年の記念モデルにも使われています。

 

とはいえフィルムによるプリントの模様らしいので、しばらく履いていると削れて見えなくなってしまうと思いますが、質の高い底材の傷や革の模様などを隠すことができるのがメリットです。
底の仕上げも靴の美しさを象徴するひとつの要素ですが、実用面を考えるとそこまで綺麗な仕上げでなくてもいいかなと僕は思います。なので、こういった仕上げであっても耐久性の高い素材を使ってくださるのであれば合理的な選択かと。
ただし、これはこれでフィルム代が必要で技術も伴う仕上げの革らしいですね。

 

細かい部分ですが、記念モデルという特別感を演出するための工夫を惜しまないヒロカワさんの心意気には毎度脱帽です。

 

 

もうひとつの記念モデル

 

御殿場プレミアムアウトレットも20周年記念ということで、20年前の素材と製法で再現したモデルも販売されるようです。
価格は12,000(税別)と、価格的メリットがすごい!当時の価格を再現されているようです。

 

 

こちらはアウトレットモデルなので、品番が FG2000 となっています。販売開始は7/10(金)とのこと。

 

価格 ¥12,000
※価格は税別
カラー ブラック
サイズ 23.5~27.0㎝
ウィズ EEE
デザイン ストレートチップ
製法 グッドイヤー
アッパー 国産カーフ
中底 牛革
本底 テクノソール
木型 アシュランスなど
販売店 アウトレット店
(御殿場店、りんくう店、
 佐野店、土岐店)

 

テクノソールは革っぽい表面をしていますが、ゴム系の素材でできていますね。

 

 

20年前かぁ…中学生だったなぁ。

 

 

最後に

 

2014年も2018年も記念モデルは好評だったみたいですので、サイズによっては早く完売してしまうものがあるかもしれませんね。
ダークブラウンもブラウンもいいですが、やはり黒は特別ですからね。

 

公式の特設ページもご覧になってみてください。

KUROBAKO2020 特設ページ

 

 

 

余談ですが、足入れして気に入って、一晩おいてもう一度冷静になって足入れをして、買い取らせてください!とヒロカワさんにメールをしました。
今まで使っていた黒のベルトもヘタってきてたので、ちょうどよかったです!恐らくそれほど数が多くないであろう23.5Eを僕が一足先にいただきました。(すんません

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スコッチグレインの靴をamazonで探す

 

 

スコッチグレイン初のDウィズ!【Scotch Grain – 三越伊勢丹オンリーMIシリーズ】

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント
  1. 吉井隆太 より:

    はじめまして!YouTubeでくすみさんを存じあげ、動画を沢山拝見しました。こちらの記事のYouTube動画で、スコッチグレインの記念モデルの存在を知り、銀座本店で購入しました。丁度ベルトも新調したいと思っていたところでもあったので、いい買い物ができました。仕事柄スーツに合わせて、長く大事に履きたいと思います。 
    質問なのですが、くすみさんは新しい革靴を下ろす前にトゥスチールは付けますでしょうか?付ける、付けないの理由と共に、教えていただければ幸いです。

    • くすみ より:

      吉井隆太さま、コメントありがとうございます。
      つま先の磨耗がイヤなのでショートノーズであろうが何だろうが僕はほとんどつけます。

  2. 吉井隆太 より:

    ご回答ありがとうございます。さっそく今日付けに行って来ます。これからもブログ、動画と楽しみにしてますので、宜しくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
instagram 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。
前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高41万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ