NINJA AKASAKAで修行!ドリンクやメニューをご紹介

赤坂近辺で大学時代の友人と久々に飲むことに。
1軒目は普通の居酒屋にお邪魔したので、2軒目は何かしらのアトラクションがあるところがいいねと。
この時点で夜21時。

 

 

どうしようどうしようってスマホで調べてると友人がすごいの見つけてくる。

> NINJA AKASAKA(食べログ)

 

名前からすでにアトラクションの匂いがプンプンしてる。笑
メニューに載ってるのは、忍術にちなんだ料理名に違いない。笑

 

 

男三人が健全に楽しむにはちょうどいいかもしれない。

 

 

要予約!

スマホサイト見ると、コースメニューしかなさそうなので早速電話する。

 

どうやら予約制らしく、一旦考えるのでまた電話しますと伝え作戦会議。
どうやら、ひとり ¥4,000 以上は必ず食べてくださいっていう忍者ルールがあるらしく、それでもいいかと。食べなくてもひとり ¥4,000 取られるんだろね。

 

金額的なところを考えると、何かしらのアトラクションがあるだろうと期待して、もう一度電話。

 

「田淵龍太郎です。」と…
友人、何の躊躇もなく偽名で予約。

 

「はい、090-xxxx-xxxxです。」と…
電話番号は実際の番号を伝えている。

 

「忍びのものに、本名伝えたらキケンだろ?」
ごもっともである。

 

電話番号は実際のものだったが

 

 

 

移動。

 

きっと回転扉があるんだよ!と赤坂ではしゃぐ30の男たち。(僕は29)

スポンサード リンク


 

入店

少々場所がわかりにくい。
そりゃそうだ。忍びの者たちが暮らす里。そんなわかりやすいところにあってはならない。

 

NINJA_AKASAKA

 

あ、あれ?
案内が親切だ…

 

入り口はこんな感じ。

忍者赤坂入り口

 

入店して「予約お願いしてた田淵です」と偽名を伝えると、元気で笑顔の素敵なくノ一のおねえさんが親切に案内してくれる。
あ、あれ?忍者って顔出しOK?笑

 

 

どうやら、我々も忍術の修行をするみたい。それなら忍法「定時どろんの術」を会得したいもの。
でも、いつの間にか我々を殿扱い。修行っていうか、丁重にもてなされてるー

 

開運の滝。

忍者赤坂開運の滝

 

宝くじが当たりますようにと何もおもしろみのないお願いをする僕。
笑ってくれるくノ一のおねえさん。

 

 

結構入り口から忍者の里までそこそこ歩く。
途中、道がないところがあったりするんだけど、くノ一のおねえさんが忍術で橋をかけてくれる!

 

アトラクションだ!!こういうのだよこういうの!

 

 

他のお部屋には外人さんも多い。やっぱり外人さんにも人気なんだ。

 

 

お部屋はこんな感じ。

忍者赤坂風間部屋

広い。

 

 

忍びのドリンクやメニュー

別のくノ一のおねえさんが我々を担当してくださる。
メニューにかかれた、おすすめのドリンクを注文。
忍者 -兵-」、マンゴーシャーベットなんちゃらかんちゃらって書いてある。ぴょーって読むらしい。かわいい。

忍者-兵-

 

 

友人はこちら。
「楊貴妃」

楊貴妃

 

 

お酒に金箔が入ってる。奥のスプーンはコラーゲンたっぷりの燕の巣。
巻物に書かれたメニューを持ってきてくれる。名物のメニューをいくつか注文。

 

 

手裏剣グリッシーニ フォアグラテリーヌ添え

ネーミングのインパクトだけで注文。笑

手裏剣グリッシーニ

 

フォアグラテリーヌ

 

 

黒いクラッカーとフォアグラテリーヌ。

 

 

忍びの衆(シュー) 暗黒サーモンタルタル冷菜

黒い。

忍びの衆(シュー) 暗黒サーモンタルタル冷菜

なんとなくね。わかってきた。笑

 

 

サザエ爆弾焼き エスカルゴもどき

サザエ爆弾焼き エスカルゴもどき

 

忍者バーガー ビッグ真っ黒

何かを意識したネーミンング。笑
黒いバンズ。

忍者バーガー ビッグ真っ黒

そう。全体的に黒い。笑

 

 

上級忍者ZIGEN

超男前の忍者が忍術(マジック)を披露してくれるサービス。

 

ここは撮影NGと事前に言われていたのでマジックを楽しむことに集中する。
はじめて間近で見たけど、こんなにわからんもんかね。もうだまされっぱなし、魅せられっぱなし。

 

いやぁお見事でした。

ぜひお店でごらんください。

 

 

ZIGENさんのツイート。

 

デザート

ひとり¥4,000 取られるから、もう少し食べないともったいないということで、デザートを追加注文。

もぐら

もぐら

 

かわいい。

闇 - 鬼弁慶

闇-鬼弁慶

 

 

メープルムースト黒豆の蜜煮。
うまし。

 

忍びまくってる。笑
でもなんかかわいい。

 

雪蛙

雪蛙

 

忍者がパルメザンチーズを削ってくれる。
チーズの濃厚な味と香りが大人美味しい。甘さは控えめ。

 

 

忍者「拙者、その蛙を朝4時に起きて捕まえてまいりました。」

忍者「その蛙の身は、あまいチーズケーキとなっております。」

忍者「あまいだけにアマガエル…」

我々「はははっ…(雪蛙ちゃうんかい)」

 

 

最後に

飲み物は薄くてイマイチだったけど、料理は基本全部美味しかった。
他にも気になるネーミングの料理がたくさんあったので、食べてみたい。
ネットに書いてあったけど、鬼才のパティシエさんがいらっしゃるのだとか。
スイーツ系はすごい美味しかったから納得。

 

 

僕らは階段をのぼった上にある部屋だったので、他のところから見えにくい席だったみたい。
途中外人さんが間違って階段のぼってきたし、僕らの様子が見えないから話が盛り上がってる最中でも忍者が食事を運んでくるし、という少し残念なところもありましたが。

 

 

でも、そんなのはどうだっていい。

 

忍者の皆さんのホスピタリティがとっても素敵だった。
無事修行を終え、人里に戻ってきたのでした。
会社のそばだから、また来たいね!

 

> NINJA AKASAKA(食べログ)

 

YouTubeはじめました

靴磨きの動画 汚れ落としから鏡面磨きまで

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。