ペッレモルビダの長財布と小銭入れ 買ってみた [PELLE MORBIDA]

 

革製品が好き。
洋服はジーパンTシャツでいいのですが、それ以外に身にまとう革製品にはこだわりたい。理由はわからないが、そうしたい。でも買って、実際に使ってみないとわからないというジレンマもある。それなら逆に気になったものをひとつずつ使ってそして検証をしたい。そんな無駄で遠回りで、何より贅沢な人生を楽しみたいと思っています。

 

ただただ僕が自分の使い勝手の良さを追求していくだけなので、人様のお役に立つとは思っておりませんが、いろいろ使っていろいろ考える中で最終的に自分にとって最高に気に入ったものばかりが身の回りに集まったらいいなぁということです。100%オレ得記事でございます。
今回は長財布と小銭入れを分けるというチャレンジを試みました。

 

というわけでQOLをあげる財布の話です。

 

 

PELLE MORBIDA とは

 

結構前に買ってみた長財布と小銭入れ。ペッレモルビダ [PELLE MORBIDA] というブランドのものです。型落ちなのか何らかの理由でブランド品を安く売ってる GILT というサービスで購入しました。
いかにもイタリアっぽい名前ですが日本のブランドです。クリエイティブディレクターは干場義雅氏(2012年〜)

 

快適で優雅な船旅を楽しむような大人たち、つまり”クオリティ オブ ライフ”を求める成熟した大人たちをターゲットに展開しているPELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)。

 

 

財布にも Made in Japan と小さく書かれています。

 

 

 

財布以外にも、パスケース、バッグ、ベルトなどなど。メンズがメインですがレディースもいくつかという感じです。
こんなブリーフケース素敵やん。

 

amazon.co.jp

 

 

4way バッグもスッキリしててかっこいい。

 

amazon.co.jp

 

 

L字ジップのクラッチバッグ。

 

amazon.co.jp

 

 

ラウンドジップの財布。

 

amazon.co.jp

 

こういうシンプルで割とかっちりした革小物が多いブランドみたいです。そうでないものもありますが、型押しの革(エンボスレザー)を使っているものが多そうです。
この質感のものっておとなっぽさありますよね。

 

 

財布のデザイン

この構図にハマってる

 

まずは長財布。ご紹介したような型押しレザーではありませんが、デザインはご覧の通り至ってシンプルです。
シンプルだってのも個人的にはすんごい大事ですが、今回はこの色に惹かれて選びました。とにかくこの色。長財布は触る頻度が高いのでちょっと色が濃くなってしまいましたが、最初は小銭入れくらいのベージュ(グレージュ?)でした。結構濃くなってしまったのはこういう淡い色の革の宿命ですかね。新品の状態で写真撮っとけよって話。

 

あと、革はとっても柔らかいです。レディースの靴に使われるような柔らか〜い革です。

 

 

 

内側はシボ革。

 

 

今までのマチのある厚い財布にはスペースがあったので入れていた美容院のカードとかいつ使うかわからないQOUカードとか、そういうのも全部財布に入れてましたけど、もう必要最低限だけにしました。
当然ですが財布の薄さもキープできていい感じです。薄さを求めてるのは、冬にジャケットの内側のポケットに財布を入れたいからというのも大きな理由だったりします。長財布はお尻のポケットには入らないですからね。薄すぎて耐久性がないのはダメだけど、できれば極限まで薄くしたいと思ってます。オカモトかってやかましわ。

 

 

ただこの財布、ペラペラに見せないようにするためか、薄いスポンジ素材みたいな素材が内側に入れられてるみたいなんです。個人的にはそれはいらなかったかなぁ。
表面の革が薄いので耐久性のために仕方ないのかなと思います。

 

スポンジでふわっとするの図

 

 

革が柔らかいせいか、角が摩耗して少し剥げてきてます。他の厚い革では全く気にならなかったちょっとした引っ掻きキズもつきやすいです。柔らかい革もなかなか難しいですね。
ここまで薄い革を扱ったのははじめてだったので、いい経験になりました。正直に申し上げると薄いのはいいが、やはり耐久性はそんなに高くないだろうなと思うと長く使える財布ではなさそうです。

 

 

 

そして小銭入れ。

 

 

ボタンのメッキ感がちょっと気に入らないのですが、それ以外は構造的にも仕様的にも文句無しです。フタを開けたら口が大きく開くので使い勝手も良いです。

 

 

小銭入れは薄くしすぎると耐久性も落ちるし何より小銭が入らなくなるので多少の厚さがでるのは仕方ないと思います。そんなにデカいものでもないので気になることはありませんが、本当はもう少し薄いものでもいいかなと思ってます。

 

 

長財布と小銭入れ別にしてみて

そもそも、長財布と小銭入れを分けてみようと思った理由は2つありました。

  1. 財布に薄さを求めたかったから
  2. 小銭を出す行為自体をやめたいと思ったから

 

財布って大事なものですが、僕の普段の生活圏内なら小銭を使うことはありません。ほぼほぼ電子マネーかクレジットカードで済みます。なのに、常に幅のあるラウンドジップの長財布を持ち歩くとバッグの中を圧迫します。なので、できるだけ薄さを重視したかったというわけです。
あと、お札を折って収納するタイプの財布はなんとなく嫌だったので、一応長財布に。

 

 

結論を申し上げると、長財布と小銭入れを分けても使い勝手は全く悪くないです。
まず省スペースなのが嬉しいところ。
小銭入れはカバンの底に埋もれてしまいますが、そんなに使わないのでまぁよし。むしろ小銭は極力使いたくないので全然よしです。
逆にデカいカバンで出歩くときは、内側のポケットに小銭入れだけいれておくこともできます。これはマチの厚みがある財布だとできないワザです。2つを管理しなきゃいけないという面倒さはあるけど、それぞれが小さくなったことで収納の仕方も変わりました。

 

 

 

結果小銭を使うのは、ヤマトの集荷に来てもらったときかコンビニで資料を印刷するとき、あとは電子マネー使えない自販機くらいです。(ヤマトはSuica使えるので、ほんとは必要ないです。笑
なので、長財布と小銭入れを別にしてみて困ることはありませんでした。

 

ただ、カバンを使い分けるときが面倒です。
平気で財布を忘れます。長財布と小銭入れが2つあるから入れ替えが面倒とかじゃなくて、単純に持ち歩くカバンを変えると財布を入れ替えなければいけません。
とにかくそれが面倒で厄介なんですが、それは財布の形状は関係ないので自分ガンバレ。

 

 

財布探しはまだまだこれからも続きそうです。ワクワクすっぞ。
全然余談ですが、革のベルトは好きなんだけど分厚いじゃないですか。だからもっと薄いベルトがあったらいいなぁって思ってます。いいのないかしら。

 

 

GILTお世話になってます

簡単ですが、そんな感じです。

PELLE MORBIDA の公式サイトでもご覧いただけますし、 amazon でも購入できますので、気になった方はご覧になってみてください。僕は GILT でかなりお安く購入しました。(GILT にいつもこのブランドが出品してるわけではないので、ご留意ください)

 

ギルトは下の記事でもご紹介してますので、よければご覧になってみてください。
サイズにシビアな靴類を購入するのはおすすめしませんが、だいぶ安くなってるものがありますので是非ご覧になってみてください。いろんなブランドが出品してますよ。見てておもしろいです。

 

あと、ここから登録すると2,000円のクーポンもらえます。よろしければ。

GILTの公式webサイト

 

 

ギルトで一番売れるのはメンズの靴だってご存知でしたか?【GILT・クーポン】

 

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Instagram 革靴コレクション
instagram 僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。
前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高41万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ