靴磨きクリームを塗布するペネトレイトブラシを使い方

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7

ブラシを買ったときについてきたペネトレイトブラシを使ってみました。

いつも靴のクリームを指で塗っている身としては、ちょっと思うところがあったのでペネトレイトブラシについてご紹介したいと思います。

ペネトレイトブラシとは

ペネトレイトブラシとは、靴磨き用のクリームを塗布するためのブラシです。クリームは指で直接塗ると体温でクリームの成分が溶けて革に浸透しやすくなるという特徴がありますが、やはり手が汚れるというデメリットがあります。
それを解決してくれる、手が汚れないためのブラシがこのペネトレイトブラシです。

ブラシの毛は豚(ブタ)の毛が使われている場合が多く、その弾力で革にクリームを塗り込んでいくようなイメージです。

また、ペネトレイト [penetrate] という言葉には突き刺さる、や、染み込む、といった意味があります。
『クリームをムラなく塗って染み込ませる』そんなニュアンスのブラシということで、ペネトレイトブラシなのでしょうか。
ちなみに、このブラシは M.MOWBRAY というブランドから販売されているものですが、SAPHIR というブランドから販売されている同じ用途のブラシはアプライブラシ [apply brush] というネーミングですね。
ちょっと違ったデザインですね。

ペネトレイトブラシの使い方

ペネトレイトブラシの使い方です。

  1. クリームを少量取る
  2. 靴に塗り込む

たったこれだけです!簡単ですね。
足りない場合は塗り足せばよいので、まずは少量のクリームを取って

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7_%e7%b1%b3%e7%b2%922%e3%80%9c3

靴に直接塗り込んでいきます。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7_%e5%a1%97%e3%82%8b

通常指だと届かないようなところも、このペネトレイトブラシだと塗りやすいのが特徴です。
コバの隙間など細かいところにも注意して塗り込んでいきましょう。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7_%e4%b8%b8%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%84%e3%81%a6

ペネトレイトブラシのメリット

ペネトレイトブラシのメリットはこの2つです。

  1. 手が汚れにくい
  2. 細かいところにクリームを塗ることができる

まずはこれ。手が汚れないということです。個人的にはこれが一番のメリットだと思いました。
油分の多いクリームをお使いの方はご存知かと思いますが、クリームで汚れた手は石鹸では簡単には綺麗になりませんからね。

もうひとつ、細かいところにクリームが届きます。コバの隙間や革の継ぎ目に、ちゃんとクリームが届いてる感は十分感じられます。
また、今回クリームを塗った靴はプレーントゥのシンプルなデザインですが、これは穴飾りの多い靴(ブローグシューズ)で真価を発揮します。
穴飾りの隙間にもブラシが入り込んでクリームを満遍なく塗ることができます。
※革靴の種類についてはこちらをご覧ください。

ペネトレイトブラシのデメリット

塗っているクリームが適正な量かわかりづらいです。

今までは手でクリームを塗っていたので自分の手がクリームの適正な量を覚えていました。でもペネトレイトブラシだと、いまいちそのあたりの感覚が鈍る気がします。
多分慣れの問題だと思うので、ペネトレイトブラシが原因というわけではありません。クリームが足りなければ塗り足せばいいし、もし塗りすぎてしまっても拭き取ることができるのでそんなに大きな問題ではありませんね。
あと、なんとなく手で塗った方がクリームを伸ばしやすい気がしました。

使用後の保管方法

使用後はクリームを落とした方が良さそうです。

靴のクリームの成分にはワックス(ろう)が含まれているため、放っておくとブラシの毛先が固まってしまいます。ぬるま湯で洗い流して水気を取って保管しておくのがよいでしょう。

%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%8d%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b7_%e6%b4%97%e3%81%84%e6%96%b9%e4%bf%9d%e7%ae%a1%e6%96%b9%e6%b3%95

40℃のぬるま湯ではあんまりきれいになりませんでした!笑
あと、つよく洗うとブラシの毛が抜け落ちるので注意が必要です。ブラシのお手入れや保管はちょっと面倒ですね。

まとめ

使ってみた結果、ペネトレイトブラシのメリットは、指だと届かないとことにクリームが塗れて、手が汚れないという2点だと感じました。
特に手が汚れないというのは個人的には嬉しいです。

すごい安価に購入できます。
ゆくゆくはクリームの色ごとにペネトレイトブラシを揃えるなんていうのも贅沢ですよね。

靴磨きに使うブラシの種類や使い分けについては、こちらの記事でもご紹介しています。
また、靴の磨き方もご紹介していますので、是非トライしてみてください。靴が綺麗になる瞬間はとても気持ちがいいですよ。

はじめまして、くすみ(kusumincom)と申します。 こちらの記事では、革靴を綺麗な状態で履いてもらえるよう、簡単な靴...

related Entries

関連記事

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。