相手に物事を伝えるときに必要な2つのこと

よく新入社員が読むべき自己啓発書籍なんかにあるのは、
上司に報告するときは、結論から言え!だとか
報告書を出すときは、受け取る側の立場になって考えろ!だとか。
そう言った類いの話は必ず書いてある内容のはず。

 

未だにそういった所謂当たり前のことができていないことを
最近よく感じて、この歳で…と嘆かわしい思いをする。

 

 

1, 如何に人の時間を使わないか考える

2, 人が何を知りたがっているか考える

 

これが僕に足りていないこと。

 

 

相手に伝わりやすく説明をするためにはどういう順序で話したら良いか。
相手は何を知りたがっているか(知った先に何が待っているか)。
それを考えることで、自分が人として成長できるのかと思うと嬉しい気持ちになる。
始めるのは遅かったけど、成し遂げるには遅くなかったと
前向きに、そして緊張感を持ってもう一度仕事に取り組んでいきたい。

 

 

ANTICO CAFE AL AVIS さんのビニエ

そんなに甘くなくて食べやすかったけど、も少しシューがサクッとしててほしい。
どうか叱ってください。

ANTICO CAFE AL AVIS

 

雨だって悪気があって降ってるわけじゃない…

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
甘いものと音楽も好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高27.5万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ