スーツ・シャツ

オープンカラーのリラックス感がちょうどいい、コットンリネンのオーダーシャツ [SOLVE]

靴磨きセットまとめ記事
スーツ・シャツ

 

コットンリネンのオーダーシャツのご紹介です。
これからの季節にぴったりですよね。

 

 

 

オープンカラーのリラックス感と、少しゆったりめのシルエット。

 

 

タックアウトを想定したストレートな裾。

 

 

 

届いたシャツを広げて見たときは「え、ゆったりすぎない?」って思ってました。でも実際着てみると全然そんなことはなくて、むしろ「楽そうでいいんじゃない?」という印象。
あ、そうか…僕が太ったのか。

 

前回同様、SOLVE のご提供でシャツをオーダーをさせていただきましたので、レビューをさせていただきます。

 

SLOVE 公式通販サイト

 

※本記事のリンクはアフィリエイトリンクとなっております。
楠美のことを応援してやってもいいかなという方は、上記からサイトをご覧いただけたら嬉しいですし、別に応援したくないという方はご自身で検索していただけたら、簡単に見つかりますので是非ご覧ください。

 

 

 

大事なのは3つだけ

 

オーダーとはいえ、このシャツのオーダー方法は結構シンプルでして、XS〜XXLの計6サイズからベースとなるサイズを選び、「着丈」と「裄丈」の3つを決めるだけ。

 

なので、首まわり、胸まわり、胴まわりなど、オーダーシャツならではの細かい指定はできません。
今回のシャツはもともとゆったりめで着ることを想定されているみたいですので、合理的なのかもしれません。
細かく指定したい人と、楽でいいじゃんという人と意見が分かれそうなところですね。

 

前回 SOLVE でオーダーさせていただいた時は結構入力項目が多かったので、今回は「あら、もう終わり?」という印象でした。
ちなみに前回のシャツはこちらです。ピンクのストライプかわいいでしょ?

 

 

オンラインでオーダーしたキレイめカジュアルなシャツ、シルエットも色味も完全にキマる [SOLVE]
...

 

 

今回のシャツはこんな仕様になってます。

  • カラー:ホワイト
  • サイズ:XS(ベースサイズ)
  • 裄丈:78(XS標準より-5cm)
  • 着丈:68(XS標準より-3cm)

 

XS〜XXLからサイズを選ぶと、裄丈と着丈【以外】の寸法は自動で決まります。
申し上げたとおり、裄丈と着丈を指定するだけです。
だから、ベースサイズ、裄丈、着丈の3つがシャツのサイズを決める要素となります。

 

 

それ以外のディテールも選べますが、僕はシンプルにしました。

  • ポケット:なし
  • 後ろ身頃:なし
  • カフス:スクエアカフス
  • ボタン:白蝶貝

 

アイロンのかけやすさを考えて、ポケットも後ろ見頃もなし。
ボタンは白で、カフスはスクエア。

 

刺繍の名入れもできますが、僕は過去に一度試していらないなと思ったのでなし。
数種類のフォント、糸の色も選べます。
今回のオープンカラーのシャツは ¥13,637(税込)となります。

 

 

XSでもちょっとゆったりめ

 

ちょっとゆったりしたサイズ感なのは間違いありませんが、着てみるとすごくゆったりが強調されているかというと、決してそうではありません。

 

僕はどちらかといえば細身体型なので、量販店のXSやSサイズのシャツだとゆったりしすぎていたり、丈が長すぎたりと、体型には合わないと感じることが多々ありました。
タックインだと胸まわりがもったりするし、タックアウトだと丈が長すぎるしと、とにかくサイズが微妙だなぁという感じてました。

 

でも今回のシャツをこうやって写真で客観的に見てみると、そんなにおかしなサイズ感ではないし、むしろゆったりしたシルエットはリラックス感があってよい。
そんな印象です。

 

 

ローファーと短パンに合わせることが多いので、ネイビーのコットンパンツか、同じような素材の短パンかというところでしょうか。

 

 

ちょっと短パンのシワがみっともないですね。

 

 

もうひとつ細かいところですが、僕の場合、XSでも少し肩が落ちるので、そのあたりも含めてやはりちょっとゆったりめなサイズ感であることを実感しています。
パリッと着るタイプのシャツじゃないので、それほど気になってはいませんが、念の為レビューということで。

 

 

タックアウトはかなり嬉しい

 

今回のシャツは、裾がストレートなのがポイント。

 

スクエアカット、スクエアボトム、ボックスカット…いろんな呼び方があるとのことですが、基本的にはタックアウトを想定したもの、つまりパンツインしないスタイルのシャツです。
なので、タックアウトでもちょうどよい丈で着られるということですね。

 

パンツによっては股上の長さが微妙なものがあったりするので、そんな腰回りを隠したいパンツの場合、タックアウトを想定した仕様なのはかなり嬉しいところ。

 

 

オープンカラーのリラックス感

 

去年、海外の激安通販サイトで奥さんに買ってもらったこちらのシャツ。
襟が開いている「オープンカラー」という仕様のもの。アロハシャツに代表されるカジュアルなシャツのような、暖かい地域でよく見られる襟の形状です。

 

「休日してます感」があるかなと思ってまして、そんなリラックス感が結構気に入っています。

 

今回のシャツの襟もこの形でして、襟の立ったシャツよりもリラックス感や夏っぽさがありますよね。

 

 

僕の感覚としては、「Tシャツだとちょっとカジュアルすぎるけど、綺麗めなシャツじゃないよなぁ…」みたいな、ちょうどその中間のポジションを担ってくれるシャツかなと思います。

 

 

僕は白一択でした

 

白って定番な色ではあるけど、逆にシルエットがもったりしてるとすごく微妙に見えることってあると思います。
色のあるシャツは多少色でごまかせるのと、洋服との組み合わせでなんとかなる気がしますが、白であればやはり上質なものを選びたい。

 

過去に量販店で白のリネンシャツを3回購入し、一度も着ることなく処分したことがありました。
サイズが気に入らなかったためです。

 

なので、少々味気ない選択で恐縮ですが、僕の場合は白以外の選択肢はありませんでした。
季節性のあるオープンカラーのリネンだからこそ、ちょっと冒険した色味を着てみたいかも!みたいな気持ちも芽生えそうなもんですが、僕は白一択。

 

 

リラックス感という意味では、ゆったりめの素材感のあるパンツとも相性がいい気がしています。

 

 

 

このパンツ、上に合わせる洋服がイマイチわからなかったのと、ちょっと主張強めのパンツだから、上に合わせるのは白一択かなと思ってたところだったので、今回の仕様でオーダーさせていただきました。

 

ついでにいうと、上が白なら下はある程度どんな色でもいける気がしてますので、気分に合わせてボトムスを選べるのが、白のトップスのいいところ。

 

 

生地

 

さらに、リネンは多少のシワなら許容してくれる懐の広さがあります。
パリッと綺麗なシャツはしっかりアイロンをかけて気分的にもシャキっといきたいところですが、その点リネンは楽でいい。

 

ただ、ひとつ注意が必要なのは、白だとパンツが透けて見えますし、肌も透けます。
生地は割と薄めな印象でした。もう少し厚めの生地だったら透けないのか、白ならいずれにしても透けるのか、どうなのか。

 

なので、目立たない肌着を着る必要がありそうです。面倒なのでシャツ一枚で着たかったというのが正直なところではあります。
ただ、いくらリラックス感があると言っても、だらしない感じにはならないよう気をつけたいところですね。

 

 

そんな感じで、ある程度歳を重ねて、なんだかすっかり「楽なもの」や「機能的なもの」を選ぶようになってしまいました。
靴もそうですが、顕著なのは洋服です。

 

若い頃に買ったものを無理して着ることはなくなりましたし、特に夏は動きにくいものや疲れるものを選ぶことが本当に減りました。
とはいえ、家族で出かけるときにあまりにもボサッとした格好で行くわけにはいかず、うちは妻がいつもシンプルで綺麗なワンピースを着てまして、その隣に立っていても恥ずかしくない格好を心がけたいと常々思っています。
なので、これからの季節はこういった楽なシャツは重宝しそう。

 

気になった方はご覧ください。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

SLOVE 公式通販サイト

 

※本記事のリンクはアフィリエイトリンクとなっております。
楠美のことを応援してやってもいいかなという方は、上記からサイトをご覧いただけたら嬉しいですし、別に応援したくないという方はご自身で検索していただけたら、簡単に見つかりますので是非ご覧ください。

 

COMMENTS コメントを投稿する

タイトルとURLをコピーしました